あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

脳梗塞一覧

脳梗塞(脳溢血、脳出血)のサインは感じましたか?実際に経験した方に気になるサインを聞いてみました

掲載日:2017年09月21日

目次
脳梗塞(脳溢血、脳出血)のサインは感じましたか?実際に経験した方に気になるサインを聞いてみました

脳梗塞と診断された時の予兆や、その症状を聞いてみました


特に予兆はなくて、突然手に力が入らず、だらんとした感じになった。頭痛やめまい等の症状はなく血圧も通常だったので以外でした。MRI検査で右手の部分のみに影響が出ていると診断されました。歩行等には問題はりませんが、いまでも右手には影響があり、箸はうまく使えない、文字もゆっくりでないと困難です。

男性 40代前半 会社員


頭痛が朝起きた時からあったのがひとつ。また平衡感覚が失われまっすぐに歩行できずに自然と体が右の方にそれる感じだった。目も片方が開けずらくなり、吐いた。物も二重に見えるようになる。しゃっくりもとまらなくなる。食べるときに物が飲みこみずらくなる。

男性 40代前半 会社員


片方の手がしびれて文字がかけなくなった。足が動きづらくなって、まっすぐ歩けなくなった。頭痛や吐き気などの症状は一切なく、ただ体の半分がうまく動かせないなあとぼんやり思った。検査をいろいろしたが、直接的な原因は結局判明しなかった。ただ、家族に脳疾患障害で亡くなった者がいるので、遺伝的に血管に障害が発生しやすいのかもということだった。

女性 30代前半 会社員


予知はなし。 電車を降りようと座席を立った時に何をしようとしたのかわからなくなり、また右手が効かなくなった。 電話をしようとしたが電話帳で文字が打てず、 さらに電話を持っていることも忘れてしまう。 帰宅後、緊急外来で診察受けた結果、脳梗塞が見つかり即時入院。 原因は未だ不明。

男性 40代後半 会社員


脳梗塞が発症した時、どのような対処をされましたか?


発症時に病院が休みだったので翌日病院に行きMRI検査を受けると血管が画像に映っておらず脳梗塞という診断が下った

男性 40代前半 会社員


営業移動中で身体は動いたので日中はそのまま仕事をしていた。 ただし、夕方になっても記憶障害があったので早退。 帰宅後も症状変わらなかったため、タクシーで緊急外来に行った。

男性 40代後半 会社員


近くにいたひとが、救急車を呼んでくれた。自分は特になにもできなかったと思う。何かしていたとしたらただじっとしていたことだと思う。

男性 30代後半 無職


脳梗塞の治療のために行った事を聞いてみました


倒れてから即入院。リハビリ期間含め、8か月の入院を要した。再発防止の為、細い血管の除去。バイパス手術を行った。

男性 40代前半 自営業


11日間の入院(入院中は点滴治療のみ) 退院後、食事の大幅な見直し。2か月間で12キロ減量 降圧剤による血圧の管理。

女性 40代前半 会社員


手術、点滴、薬の置換、入院し、約10日ほど加療したのちに若干症状が緩和してきたので退院して自宅療養することとなった。

男性 50代後半 自営業


脳梗塞の治療の中で一番大変だった事を聞いてみました


仕事人間だった人間から仕事を奪われた辛さの方が大きい。健常者から障害者となり、それを認める現実の辛さ。当たり前に出来る事が出来なくなる辛さ。

男性 40代前半 自営業


ベッドから出ることを許されず、室外へ出ることやたばこは厳禁され、イライラから精神が不安定になり、喫煙の結果強制退院となった。

男性 50代後半 自営業


一番ストレスだったのは動くことができず、動ける範囲が発病前に比べて大いに狭まったことです。一日の大半をベッドの上で過ごすことになり、なかなか情けない気持ちでした 

男性 40代前半 会社員


脳梗塞の「予防」のために普段から気を配っていることを聞いてみました


塩分控えるように気を付けたり、喫煙も入院と同時に止めた。運動不足も解消すべく散歩もするようになった。血圧計も常にチェック。

男性 40代前半 自営業


バイアスピリンを毎日服用して血栓が起きにくくなるようにすること。 禁煙すること。 かかりつけ医に定期的に通院すること。 気になることがあれば直ぐに病院に行くこと。

男性 40代後半 会社員


薬を忘れずに飲むこと、定期的に通院すること、定期的なMRI検査を受けること 食生活の見直し、軽い運動をすること

女性 40代後半 会社員


サウナに入らない、暴飲暴食をしない、脱水に気をつけるため、水分を沢山とること。 適度に運動すること。

女性 30代後半 主婦・主夫


血圧の管理(処方されている降圧剤の服用・減塩) 運動の習慣を持続すること 食事の管理(カロリー・間食・野菜の積極的な摂取)

女性 40代前半 会社員


私の病状は難病認定されている特殊なものでしたので、原因がわからないこともあり、特に予防はおこなっていません。

女性 20代後半 主婦・主夫


脳梗塞になってはじめてわかった困りごとや、知っておきたかったことをを聞いてみました


自分で小さな異変に気付きもしかしたらと心の準備が多少は出来ていたが CT検査画像を見た医師の判断が甘く結局MRIを後回しにしたことで脳梗塞が発見されず 発症してしまったが、自分の判断で予約前に受診したことで重い障害や後遺症は残らなかったことは奇跡的だったと思う  

女性 40代後半 会社員


脳梗塞が軽かったのでわたしはよかったのですが、日常の生活の見直すきっかけになりました。また、喫煙も20数年前からしてましたが喫煙習慣を見直す結果となりおこずかいも煙草に向いてたぶんが他に使えるようになりました。

男性 50代後半 会社員


脳梗塞を起こすと、後遺症が少なからずあるようで、仕事の継続が難しい場合あるいはできなくなる状況にあった場合障害の補助を受けることができる。障害年金の申請も場合によって可能なので、役所に相談することをおすすめしたい。

男性 50代前半 無職


身体の片側がしびれて動きにくくなるだけで、他人からは見た目で病人だとわからないこと。復帰してすぐに元通りと思われてしまい、困りました。見た目は通常通りでも、具合の悪い人がいることは忘れられがちだと思います。

女性 30代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



脳梗塞でお困りの方に

脳梗塞に関しての経験を持つ方々に、予兆や前兆や障害やしびれや症状について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「脳梗塞になってはじめてわかった困りごとや、知っておきたかったことをを聞いてみました」のような質問に対して、「脳梗塞が軽かったのでわたしはよかったのですが、日常の生活の見直すきっかけになりました。また、喫煙も20数年前からしてましたが喫煙習慣を見直す結果となりおこずかいも煙草に向いてたぶんが他に使えるようになりました。(男性 50代後半 会社員)」

「脳梗塞を起こすと、後遺症が少なからずあるようで、仕事の継続が難しい場合あるいはできなくなる状況にあった場合障害の補助を受けることができる。障害年金の申請も場合によって可能なので、役所に相談することをおすすめしたい。(男性 50代前半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

脳梗塞の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する