あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

うつ一覧

40代でうつに悩む方に聞いた気分を和らげるために実践していること

掲載日:2017年05月01日

目次

うつの症状を聞いてみました


朝起きるのがしんどい。気持ちがふさがる。しんどくていつも眠たい。

女性 40代前半 無職

これまでで最もひどかった時は、ベッドから起き上がることもなかなかできず、トイレに行くときぐらいしか起床できなかった。気力がわかず、考え事をしてもまとまらなかった。たまにテレビを見ても、活躍している人を見ると自分の情けなさばかり感じて落ち込んでしまった。

男性 40代前半 会社員


何もする気がおきず、生活の基本的なこと(食事や身体を清潔に保つ等)ができない。喜怒哀楽がなく、何をしてもつまらない。消えてなくなりたくなり、常に死について考えている。集中力がなくなり、趣味だった読書、映画鑑賞、パズル等ができない。

女性 40代後半 自営業


睡眠不足の時や忙しく作業をして疲れた時などに調子が悪くなり、抑うつ気味になります。理由もなく落ち込みが続き、外は快晴なのに自分だけ土砂降りの中にいるような気持ちになります。作業をしていても集中できず、家に帰っても気が晴れません。

男性 40代前半 会社員

うつを改善するために試したことを聞いてみました


精神科の受診。薬を飲む。生活習慣を改める。

女性 40代前半 無職


精神科に通院して治療を受けた。抗不安薬と抗うつ薬の処方を受け、並行して臨床心理士による面談治療も受けた。

男性 40代前半 会社員


病院に行き、処方薬を飲む。遮光カーテンを閉めずに生活し、日光、特に朝日を浴びるようにする。今は何もしなくてよいと言い聞かせ、十分な休養を取るよう心掛ける。

女性 40代後半 自営業


病気については私は専門家ではないので医師の指導を受けています。病院に通い、処方された薬を用法、用量を守って飲んでいます。人混みを避けるなど、あえて調子が悪くなることを最初から避けるようになりました。

男性 40代前半 会社員


うつを改善するために試したことの中で効果があったことを聞いてみました


臨床心理士による面談治療では、これまでの人生を振り返ってできてきたことなどプラスの面を再認識することができて治療の効果が上がったと感じている。

男性 40代前半 会社員


特に効果を感じない。何年経っても身の回りのことができず、消えてなくなりたい感情も消えず、積極的に楽しめることがない。自分が元々怠け者だったのではないかという感じずにはいられない。

女性 40代後半 自営業


私は対人恐怖があるので、ヒトに会わないようにしたり、ヒトと話をしないようにしています。誰とも目を合わさずに過ごすといくらか調子を保てます。

男性 40代前半 会社員


うつを改善するために試したことの中で効果がなかったことを聞いてみました


気晴らしに旅行に出かけたが、そのことを「仕事をさぼっている」と友人から叱責されて余計に気持ちが落ち込んでしまった。

男性 40代前半 会社員


処方薬を飲み続けても、改善がみられない。その割に離脱症状がひどく、飲み忘れると体の震えがとまらず、憂鬱な気分に拍車がかかる。

女性 40代後半 自営業


完治を目指すことは、ますます苦しくなるだけでした。何をしたら良くなるのか、定まった法則のようなものは無いと感じました。

男性 40代前半 会社員


うつを改善するために普段から気をつけていることを聞いてみました


少しでも心の不調を感じたら、無理せずに休養をとるよう心がけている。また、職場の人間関係に注意し、日ごろから上司や同僚と話をするなど気をつけている。

男性 40代前半 会社員


元々神経質だったが、部屋が汚くて掃除をしなくても死なない、歯磨き・洗顔をしなくても、入浴しなくても死なないと言い聞かせる。

女性 40代後半 自営業


これまでの真面目な生き方を捨てて、適当に雑に気楽に生きるようにしました。無理して人付き合いをしなくなりました。

男性 40代前半 会社員


これからうつの治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました


誰も理解してくれない。職場での理解が得られなくて、転職を繰り返す。自分でも気分障害の前触れなどが分からないため、対応ができない。そのため、周りの人に迷惑をかけてしまい、余計に自己嫌悪に陥る。

女性 40代前半 無職


復職を焦ると、かえって治りが遅くなることに気をつけたほうがよいと思う。社会から切り離され、取り残されたと感じて社会復帰を急ぎたいが、主治医や職場の関係者、家族などが連携して環境整備を行わなければ、復職はおろか治療の妨げにもなりかねないと身をもって知った。

男性 40代前半 会社員


よく筋トレが良いと言われるが、体を動かす気にすらならない。同居家族も最初は気を遣ってくれるが、何年にも及ぶと、だんだんイライラを募らせるようになり、負の連鎖を感じる。周囲の理解が必要だと思うが、「うつなんだから許してよ」というのもおこがましい話で、身の置き所がない。

女性 40代後半 自営業


うつは心の風邪なんていうイメージ戦略はまったくのウソで本当に迷惑しています。誤解を助長するだけで当事者からみれば迷惑以外の何ものでもなかったです。真面目すぎて苦難を背負い込みすぎた。適当かつ雑な生き方を事前に知っておけば良かった。

男性 40代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



うつでお困りの方に

うつに関しての経験を持つ方々に、復職や職場や休養について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「これからうつの治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「よく筋トレが良いと言われるが、体を動かす気にすらならない。同居家族も最初は気を遣ってくれるが、何年にも及ぶと、だんだんイライラを募らせるようになり、負の連鎖を感じる。周囲の理解が必要だと思うが、「うつなんだから許してよ」というのもおこがましい話で、身の置き所がない。(女性 40代後半 自営業)」

「誰も理解してくれない。職場での理解が得られなくて、転職を繰り返す。自分でも気分障害の前触れなどが分からないため、対応ができない。そのため、周りの人に迷惑をかけてしまい、余計に自己嫌悪に陥る。(女性 40代前半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

うつの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する