あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ストレートネック一覧

激痛...!頭痛や肩こり、手のしびれなど様々な症状を引き起こすストレートネック。その症状や経験者が気づいたこと、アドバイスまとめ。

掲載日:2017年09月19日

目次
激痛...!頭痛や肩こり、手のしびれなど様々な症状を引き起こすストレートネック。その症状や経験者が気づいたこと、アドバイスまとめ。

ストレートネックと診断された経緯や症状などお聞きしました


2年前交通事故の被害にあいました。その時、むち打ちの症状が出ていた為、万が一を考えてレントゲンの検査を受けます。その検査結果でストレートネックの症状が出ていた事により、診断されました。今までも肩こりや首の痛みを抱えていましたが、その原因がストレートネックと言う事を医師から告げられました。

女性 30代前半 フリーター


仕事が立て込み連日夜遅くまで残業が続いたあと、右肩の違和感が鈍痛、それから激痛に変わり、階段の上り下りの衝撃でひどく痛むようになり、普通に歩いてもその衝撃で痛むようになりました。仕事が忙しく休めなかったので騙し騙しやっていましたが、限界で病院に行くとストレートネックと診断されました。痛みのほかに手首や指先のしびれもありました。

男性 40代後半 会社員


13年くらい前にアメリカに住んでいた頃、それ以前から、時々あった首のだるさがヒドくなり、カイロプラクティックを受診したところ、ストレートネックであると診断された。 それから数ヵ月の間、毎週のように、治療に通ったが、いっこうによくならず、ドクターからもさじを投げられた。

女性 50代前半 主婦・主夫


突然の激痛で、首を横や下に向ける事ができなくなり、歩く振動すら辛い症状になった為、病院を受診してレントゲンを撮ったところ、ストレートネックと診断された。 原因は、仕事で1日中少し前かがみの同じ姿勢でPC作業をしている為と判明した。

女性 50代前半 会社員


ひどい肩こり、首コリ、手のしびれなどが長年あり、いろんな整形外科でレントゲンを撮ったりしたが指摘されたことはなかった。 整形では治らないのでカイロプラクティックに通うようになり、そこの先生が再度レントゲンを撮ってもらい持ってくるよう言われた。 そこで初めてストレートネックを指摘された。

女性 50代後半 介護職/ヘルパー


朝起きた時、首を寝違えたような痛みがあったので整形外科を受診すると、レントゲンをとられ、そこでストレートネックだと診断された。 パソコンやスマートフォンの使い過ぎ、姿勢の悪さなどによるものが原因だと思われる。

女性 30代後半 主婦・主夫


肩がよく凝る、首が痛くなる、頭が痛くなるなどの 症状が治らなくて、整形外科に行ったら診断された。 ストレートネックの原因は携帯の見すぎ、姿勢の悪さだと思う。 下を向いている時間が長すぎるらしい。

女性 20代前半 会社員


しばらく頭痛がとれなくて、かかりつけの内科に行くと、神経内科を進められましたたので 近所の神経内科を受診しにいきました、そこでCTを撮影してもらいましたらストレートネックになりかけていると言われました

女性 20代後半 その他医療従事者


寝違えの酷い症状が続きどこの病院へ行っても原因不明と言われました。1番酷い時は顔も洗えないほどで、毎日痛み止めを飲みました。救急車を呼ぼうとしても電話に手が届きませんでとても大変でした。レントゲンで結局ストレートネックと診断されました。

女性 40代後半 主婦・主夫


交通事故でレントゲンを取られたときに上半身の骨に異常がないか調べたときに判明した。結果的に事故による影響はないがとにかく姿勢が悪いことなどで医師から指摘され、通常の骨の形状など画像を比較して確認した。

男性 30代前半 フリーター

肩から首にかけて引っ張られるような痛みが強くなり、動きに支障が出るようになった。市販のパップ剤を試してみたが、いっこうに良くならず、母親が通っていたクリニックを紹介され、検査したところ、骨格に異常はなく、ストレートネックが起因しているものであるとの診断があった。

男性 50代前半 公務員


仕事中にじわじわとした首の痛みが続き、何日か経ってもおさまらず、PCに向かうのが苦痛だったり、仕事にも支障がでてきてしまいましたが、原因がわからなかったため病院に行きました。医師からはもともとの骨格がストレートネック気味だとの診断を受けました。

女性 40代前半 会社員


肩こりが酷くなり、何をするにも痛くて、しまいに後ろを向けなくなり、首を回すこともできず、手は痺れ、整形外科でレントゲンを撮ったところ、人よりふた関節出てる上に完全なストレートネックで、生まれつきとの事でした。

女性 40代前半 主婦・主夫


頻繁に肩こりがあったので、整形外科でそのことを話したら、X線を撮ってもらってストレートネックのせいもあると言われました。韓国でも同じように診察・結果を言われました。 原因は具体的には聞いてないのでわからないか、忘れてしまいました。

女性 50代前半 その他


頭痛がつづくので病気かと思いしんだんしてもらったところ「ストレートネックだとわかりましたがとくに治療もなく原因もわからないからそのままにしてあります。頭痛はおさまらないけれど、様子を見てしばらくお待ちください。とのことでした

女性 50代前半 自営業


気づいたことやアドバイスをお願いします



早期受診が大切


無理をして仕事を続けずに早く受診すればよかったです。カイロやタイマッサージなど保険が利かない治療に大金を使うことになり、もったいないと感じています。体を壊してまで会社のために働くものじゃないと思い、できるだけサービス残業をしないようになりました。枕はとても大事で、自分の体に合うものを見つかるのにいくつか買うことになりましたが、それだけ投資してよかったと思います。枕が違うと体がかなり楽になります。

男性 40代後半 会社員


ストレートネックは多分ふせぎようがないのだと思うので、対症療法しかない。 ヒドくなって吐き気などが起きないうちに、早めに受診し、適切な治療をしてもらうとともに。自分で自宅でも出来るマッサージ方なども知っておいた方が良い。

女性 50代前半 主婦・主夫


ストレートネックは無意識のうちに起こっている事がほとんどです 特に若い人には多いと思います、だから首がだるいときはちゃんと休む 頭痛がしたら病院にいくなどを意識するのが一番大切だと思います 無理すると余計に悪化しますので

女性 20代後半 その他医療従事者


何が原因なのかが分からないので、症状に気づいたときに、早めに医療機関を受診し、検査してもらった方が良い。そこで医師から適切な対処方法を指導してもらえるし、リハビリや投薬で症状の改善も見込まれる。パソコンやスマホのやり過ぎにも注意が必要である。

男性 50代前半 公務員


普通の肩こりとしか思えないので、肩こりが酷いと感じた時点で見てもらうことでしょうか。 後は首をぐるぐる回したらダメと言われ回すのが癖だったので、意識し直しました。 車運転するので、後ろを向けないとバックミラーサイドミラーだけが頼りなので困りました。

女性 40代前半 主婦・主夫


ストレートネックの症状が起こると、首が痛くなるだけではなく、様々な症状が出る事に気づきました。特に頭痛や眼精疲労は酷かったです。スマートフォンやパソコンを良く使用する現代人の多くが抱えているのにも気づきました。少しでも違和感を感じた場合、整形外科などを受診する事で、正しい判断と専門的な治療を受ける事が出来ます。長引いてしまうと、睡眠にも影響が出てしまうので、注意が必要です。

女性 30代前半 フリーター


姿勢に気をつける


視力の問題もあり、ついモニターに集中して前かがみの姿勢になってしまう事も原因の一つなので、まずはメガネやコンタクトなどのハード面のケアも必要だという事を感じました。ストレッチなど日頃から少しでもコリを溜めないよう気を付ける事も大切です。

女性 50代前半 会社員


首から繋がっている背骨一体に関して、日ごろからの姿勢の悪さ、猫背を自覚しており、姿勢を矯正をするために猫背矯正具などを使って姿勢正すように努力した。 座るときも姿勢を矯正できるグッツを使うようにした。

女性 30代後半 主婦・主夫


姿勢をもっと気をつけていたら良かったなと思う。 くすぐったがりなので、あまり病院に行かないので、 よほど悪くならない限りは行かなかったり、マッサージに行くこともしなかった。 それでも行ったら良かったなと思った。

女性 20代前半 会社員


セカンドオピニオンの検討も


よく診てくれない医者がなんと多いことか!話を聞いてくれない医者が多いことか! リハビリと称して低周波治療器やマッサージ器、首伸ばしの機械などをかけるだけ。そんな整形外科ばかりでした。 ドクターショッピングといわれても、改善しないと思ったら違う病院や方法を探したほうがいいと思います。

女性 50代後半 介護職/ヘルパー


運動が大事


何気ないことができなくなるのでとても困ります。痛くて眠れず毎日泣きました。私は病院には通わず普段から運動が大事だと感じストレートネックと上手くお付き合いしています。ひどくなってしまわないように適度な運動、冷やさないようにも気をつけています。

女性 40代後半 主婦・主夫


症状・病名の認知の必要性


とにかく首が痛くて、仕事にも支障がでるし、寝るときもつらかったりして苦痛でした。当時はいまほどストレートネックという言葉じたいが知られていなかったので、何かヘルニアなど脊椎関連の病気ではと心配になったことを覚えています。病名が一般的に知られることも大切だと思いました。

女性 40代前半 会社員


その他


自分でもレントゲンなどパッと見たところストレートネックだとはまったく気がつかなかったので自分以外の誰かに指摘されないとなかなか気づきにくいことだと思った。日常的に意識をしておかないと症状が治ってもまた同じことになるともう

男性 30代前半 フリーター


この記事を見ている方がよく見ている経験談



ストレートネックでお困りの方に

ストレートネックに関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「気づいたことやアドバイスをお願いします」のような質問に対して、「ストレートネックは無意識のうちに起こっている事がほとんどです 特に若い人には多いと思います、だから首がだるいときはちゃんと休む 頭痛がしたら病院にいくなどを意識するのが一番大切だと思います 無理すると余計に悪化しますので (女性 20代後半 その他医療従事者)」

「何気ないことができなくなるのでとても困ります。痛くて眠れず毎日泣きました。私は病院には通わず普段から運動が大事だと感じストレートネックと上手くお付き合いしています。ひどくなってしまわないように適度な運動、冷やさないようにも気をつけています。(女性 40代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

ストレートネックの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する