あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喘息一覧

喘息の改善法。「吸入器」を使用している方に、改善策やアドバイスなどを聞いてみました

掲載日:2017年11月28日

目次
喘息の改善法。「吸入器」を使用している方に、改善策やアドバイスなどを聞いてみました

喘息の症状を聞いてみました


就寝前と起床後の咳き込み 風邪をひいたときに酸素吸入をしないといけない 埃や動物の毛などでも発作がおきる 外の空気が悪かったりするとヒューヒューなる 発作が起きたらすぐに発作止めを吸引する 風邪を引いたら吸入器を使ってひどくなったら酸素吸入する

女性 20代後半 主婦・主夫


息苦しくなる時がある(特に冬)、咳はあまり出ない。ひどいときは喘鳴がする。よく気管支炎に掛かる。吸入薬を吸っているので症状は常に抑えられているが、ひどいときは追加で気管支を広げる吸入薬を吸う。3年ほど前に喘息と診断されたが、以前からなのであったのだろうと思います

男性 40代後半 会社員


急な気温の変化、特に急に気温が下がったときに喘息の症状が出やすい。息を吸ったときにヒューと音がなり、呼吸が苦しくなる。今は吸入剤を使っているので、発作はほとんどなく、安定した状態が続いている。日常生活に支障はない。

女性 40代後半 主婦・主夫


喘息を改善する為に、どのようなことをしたのか聞いてみました(吸入器など)


医者へ行き、レントゲンを撮り、吸入、薬を飲むなど何か月も治るまで通い続けました。外出する時は必ずマスクをして、治った今でも風邪を引いたときには気をつけています。

女性 50代後半 主婦・主夫


病院に通院して吸入してもらったり予防薬と発作止めを貰ってる アロマスプレーでも喘息予防 それ以外には試していない

女性 20代後半 主婦・主夫


体を冷やさないように気を付けたり、体を温める根菜などを積極的に食べたりしている。シムビコート吸入剤を処方してもらっているので、症状は安定している。

女性 40代後半 主婦・主夫


調子が悪くなる時期(秋)が近づいてきたら、病院へ行き吸入剤を処方してもらう。(アドエア125)寒い時期には身体を冷やさないようにする。

女性 50代前半 無職


喘息を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました(吸入器など)


気管支拡張剤を飲む事しか効かなかったと思います。薬の種類は名前までは忘れましたがいくつか種類を変えたり、増やしたりもしました。吸入は自己吸入が基本でしたが、それでも無理な時は医者に行って病院で吸入をしてもらいました。

男性 50代前半 その他医療従事者


治りきるまで、時間ごとの吸入はやめてはいけないこと。せき止めに、胸にシールタイプの薬を張り付ける。完璧に治さないと、本格的に喘息になると治らなくなってしまうと言われましたので、生活はゆっくりし、寝る時もマスクをして、徹底的に治そうと努めました。

女性 50代後半 主婦・主夫


吸入剤を使用するようになってから、症状を抑えることが出来ている。多少息が苦しい感じがしても、吸入剤を使用することでとても楽になる。寝るときに長袖の下着やスパッツを身につけるようにしたら、身体の冷えがかなり改善された。

女性 50代前半 無職


喘息を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


今の吸入剤を使用する前は、寒くなる季節には必ず発作が起きていたので、薬が合っていなかったように思う。

女性 40代後半 主婦・主夫


その他のことは特に試していないので、効果がなかったと思うことはない。今行っていること(吸入剤・身体が冷えないようにする)が、自分にはとても効果があると思う。

女性 50代前半 無職


吸入器で薬を注入して効き目があまり感じられなかったし、頑張って腹式呼吸を務めて意識してするようにしてみたが、特に結果が出なかったため、特別失敗したと思うほどではなかった。

女性 50代後半 主婦・主夫


喘息にならないよう、日々実践している予防法を聞いてみました


適度な運動。規則正しい生活。十分な睡眠。ストレスをためない事と。ストレスが過度になると、適当に精神安定剤を飲む事。これも依存性があるので、それには気を付ける必要はあると思いますが、それでもストレスをため過ぎるよりはいいと思います。

男性 50代前半 その他医療従事者


自分は子どもの頃はぜんそくの症状が重かったが、成人してからはほとんど発作もなく、吸入剤での予防がとても効果が出ているので、普段の生活では特に気をつけていたり、やっていることはない。

女性 50代前半 無職


吸入薬は忘れないようにする、具合が悪くなったらすぐに医者に見てもらい、早めに症状を抑えるようにする。酒は週に何日かは休肝日を作る

男性 40代後半 会社員


喘息でお困りの方にアドバイスを聞いてみました(吸入薬等おすすめの治療法)


自分の子どもの頃は、発作を予防する吸入剤を使用していなく、発作が起きてから気管支拡張剤などの飲み薬で対応していたので、ずいぶん苦しい思いをした。子どもの頃から吸入剤を使用していれば、発作を予防できて楽に過ごせていただろうと思う。

女性 50代前半 無職


多分世の中には喘息になっていても喘息だと思っておらず病院にもいかずに咳や息苦しさを我慢してる方が大勢いると思うが]自分はたまたま他の治療の際に診断されたのでラッキーだったが今は吸入薬で抑えられるので早めに診察を受けたほうがよい

男性 40代後半 会社員


寝るのに楽な姿勢が良く分からず寝るのに四苦八苦してたことや、ひどい発作が起きる前に、小噴火で抑える上手な方法や日常生活を送るうえで気を付けるべきしょくじや生活習慣、注意事項などをうまく把握していなかったし、特に調べもしなかったが、今の時代ならばインターネットで容易に検索して、簡単にたくさんの情報を一度で集められるし知っておきたかったです。

女性 50代後半 主婦・主夫


気道の炎症を防ぐ予防が大切なので、普段からお薬をきちんど医師の指示に従って使用するようにして下さい。最近では吸入薬もたくさん新しいものがでており、いろいろな治療方法も確率されているので、ぜんそくになった場合はきちんと定期的に通院するようにしてください。

女性 40代前半 薬剤師


この記事を見ている方がよく見ている経験談



喘息でお困りの方に

喘息に関しての経験を持つ方々に、気管拡張や吸入器や改善について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「喘息でお困りの方にアドバイスを聞いてみました(吸入薬等おすすめの治療法)」のような質問に対して、「多分世の中には喘息になっていても喘息だと思っておらず病院にもいかずに咳や息苦しさを我慢してる方が大勢いると思うが]自分はたまたま他の治療の際に診断されたのでラッキーだったが今は吸入薬で抑えられるので早めに診察を受けたほうがよい (男性 40代後半 会社員)」

「気道の炎症を防ぐ予防が大切なので、普段からお薬をきちんど医師の指示に従って使用するようにして下さい。最近では吸入薬もたくさん新しいものがでており、いろいろな治療方法も確率されているので、ぜんそくになった場合はきちんと定期的に通院するようにしてください。 (女性 40代前半 薬剤師)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

喘息の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する