あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

気管支炎一覧

民間療法をとりいれた喘息の改善法。効果を感じた方法を経験者にきいてみました

掲載日:2017年05月01日

目次

喘息の症状を聞いてみました


季節の変わり目や気候の変化、体調を崩した延長時などに症状が出やすいです。 胸(肺の辺り)がゼーゼーと息苦しく、独特な咳が出ます。また、咳が止まりません。 夜、眠る時が一番苦しく、仰向けの状態では圧迫感を感じて苦しいため、よく眠れません。 枕を高くしてみると少し楽です。また、イスに座りながら眠る方がよく眠れます。

女性 30代後半 主婦・主夫


症状のでる時間は不規則。 条件は、風邪をひいた時に必ず咳が止まらない状態になる。 発作の程度は、軽く気管支喘息と診断されている。 遺伝性はないが、体重増加して、起こるようになった。 普段の生活には支障がないが、肺炎、インフルエンザにかかったら注意が必要といわれている。

女性 40代前半 会社員


高校生の時まで喘息発作が年に一度は出ていた。咳は出ずヒューヒュー言って息苦しい感じで食べたものを吐いた。発作が出る時間帯は特にない。1週間は苦しんでた。タンが出ず、奥深く出てこないため、水分補給をして出していた。

女性 50代後半 主婦・主夫


喘息を改善する為に、民間療法等でどのようなことをしたのか聞いてみました


まず体調を崩すと症状が出るため、体調管理に気をつけるようにしました。 早寝早起きなど、リズムのよい毎日を送ることが大切です。 そして、体質改善を兼ねてしばらく漢方薬を処方してみました。

女性 30代後半 主婦・主夫


乾布摩擦や痰がでず積もりに積もったら発作が出たので、なるだけ日頃から水分摂取して、何とか痰を務めて出すようにした。

女性 50代後半 主婦・主夫


酒や辛いもの、嗜好品はなるべく控えるようにする。吸入薬は忘れずに吸う。逆流性食道炎は増悪因子なので、胃が荒れないように気をつける

男性 40代後半 会社員


喘息を改善する為に、民間療法等で効果があったことを聞いてみました


私の場合、漢方薬がとても効果的でした。 即効性はありませんが、3ヶ月以上じっくり時間をかけて服用する内に、体調がよくなり始めました。

女性 30代後半 主婦・主夫


身体が乾燥しないように、少しずつ何回も水分補給をし、潤いを保つ。気管支拡張テープをはり、せき止めを飲んでいるとほとんど咳き込みがなくなる。

女性 30代後半 主婦・主夫


アロマ入浴 喘息に効くアロマをお風呂の中に入れてそれをかぎながら、半身浴するとだいぶ楽になる 部屋の空気の入れ替え

女性 20代後半 主婦・主夫


喘息を改善する為に、民間療法等で効果がなかったことを聞いてみました



イソジンでうがいしても咳き込みはおさまらない。体質改善のために漢方薬を飲んでみたが、胃の調子がすぐれなかったため継続できなかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


やはり、少し体調がよくなるとマスクを着用を止めてしまったり、自宅の掃除をおろそかにして、ハウスダストにやられたりもしたと思います。予防を最大限大切にすることが大事だと思います。それと生活リズムが崩れてしまうと体調を崩しやすいので、仕事を無理し過ぎたりストレスをためるのも良くないと思います。

男性 50代前半 その他医療従事者


くすりに頼りすぎるのはよくないことだと思う。まずは身体の内面を鍛え、特に精神面が充実しないといくらくすりを使っても治らない。

男性 30代前半 会社員


喘息にならないよう、日々実践している予防法を聞いてみました


適度な運動。規則正しい生活。十分な睡眠。ストレスをためない事と。ストレスが過度になると、適当に精神安定剤を飲む事。これも依存性があるので、それには気を付ける必要はあると思いますが、それでもストレスをため過ぎるよりはいいと思います。

男性 50代前半 その他医療従事者


外出時は、マスクをつけて、風邪や花粉からまもる。 ストレスを与えそうな人間とは、できるだけ、関わらないようにする。 体力がある方が良いので、元気なときは、できるだけ歩く。 腹筋運動をする。

女性 50代前半 主婦・主夫


一度風邪をひいたら、それが引金とならないよう完璧に治す、外出するときは必ずマスクをする。ゆっくりと過ごす。空気が良くないところへは行かない。

女性 50代後半 主婦・主夫


喘息でお困りの方にアドバイスを聞いてみました


ハウスダストの怖さ。また外でもアレルギーになる原因がたくさんあること。ただそれを特定するのは難しい事。気管支拡張剤にも種類があって、あうあわないがある事。体調とストレスが密接な関係がある事。たくさん分からない事がありましたし、分かった事でその後の生活の充実に繋がったと思います。

男性 50代前半 その他医療従事者


疲れが溜まっていたりストレスなど、体調を崩す時は何らかの理由があります。 そして体調を崩すと必ずと言っていい程、喘息の症状が出ますので、普段から健康を第一に考えて体調管理に気をつけていくことの大切さを痛感いたします。 私は女性で出産後に喘息の症状が出始めました。 年齢を重ねたり女性は特にホルモンの関係など、体質が変わりやすいと思いますので、普段から体に優しいことを自分なりに心掛けることが大切だと思います。

女性 30代後半 主婦・主夫


寝るのに楽な姿勢が良く分からず寝るのに四苦八苦してたことや、ひどい発作が起きる前に、小噴火で抑える上手な方法や日常生活を送るうえで気を付けるべきしょくじや生活習慣、注意事項などをうまく把握していなかったし、特に調べもしなかったが、今の時代ならばインターネットで容易に検索して、簡単にたくさんの情報を一度で集められるし知っておきたかったです。

女性 50代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



気管支炎でお困りの方に

気管支炎に関しての経験を持つ方々に、運動や咳や薬について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「喘息でお困りの方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「疲れが溜まっていたりストレスなど、体調を崩す時は何らかの理由があります。 そして体調を崩すと必ずと言っていい程、喘息の症状が出ますので、普段から健康を第一に考えて体調管理に気をつけていくことの大切さを痛感いたします。 私は女性で出産後に喘息の症状が出始めました。 年齢を重ねたり女性は特にホルモンの関係など、体質が変わりやすいと思いますので、普段から体に優しいことを自分なりに心掛けることが大切だと思います。 (女性 30代後半 主婦・主夫)」

「ハウスダストの怖さ。また外でもアレルギーになる原因がたくさんあること。ただそれを特定するのは難しい事。気管支拡張剤にも種類があって、あうあわないがある事。体調とストレスが密接な関係がある事。たくさん分からない事がありましたし、分かった事でその後の生活の充実に繋がったと思います。 (男性 50代前半 その他医療従事者)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

気管支炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する