あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

頻尿一覧

頻尿対策、やってますか?水分控えめ、括約筋を鍛えるなど、先回りの対策を経験者に伺いました

掲載日:2017年09月13日

目次
頻尿対策、やってますか?水分控えめ、括約筋を鍛えるなど、先回りの対策を経験者に伺いました

頻尿になって、日々気をつけている事やあなたの対策などを教えてください


水分を控える


出来るだけ水分の摂取を控えるようにした。また、好きなビールも量を減らした。

男性 50代後半 会社員


外出を控える、水分摂取の少量化、膀胱筋のトレーニング等を実施したが、いずれも無効果。

男性 60代後半 無職


尿自体の回数を減らすために、外出中は飲み物を控えました。寝る前もあまり飲まないようにしました。

男性 40代前半 会社員


括約筋を鍛える


膀胱が固くなってきているので、肛門を開いたり閉じたりする運動が、膀胱を柔らかくするのにいいそうで、時間がある時に実施しています。

男性 60代後半 無職


骨盤体操する。肛門を閉める体操。気がついたら何度もする。寝る前に水分を控えるといい。

女性 30代後半 主婦・主夫


改善法があるならおしえてほしい。薬をやめて肛門体操とかで治す方が完治が近いかも。

男性 50代前半 会社員


こまめにトイレに行く


水分を控えたいがそれは無理なのでトイレに行く回数はあまり制限せずに、我慢しないぐらいで行動する。運動もしたほうがいいかもしれない。尿だけでなく、汗として水分を出していきたい。

男性 30代前半 会社員


気にせずトイレに行く位です。脳脊髄液漏出症の症状緩和のため水分を多くとっています。

女性 30代前半 自営業


長距離で移動する電車や飛行機では事前にトイレに行く回数を増やした。 夜も寝る前にトイレに行きたくない時でも無理にトイレに行っておねしょを防いでいる。

男性 40代後半 会社員


食生活の改善


寝る前や出掛ける前などカフェインをなるべく摂らない。利尿作用のある飲み物より、水などちゃんと水分補給できる物を飲む。身体を温める。ストレッチをして、なるべく柔軟性を持たせる。

女性 40代後半 会社員


オニオンサラダを食べると、血糖値が下がる傾向がわかって、なるべく毎日食べるようにしています。ただ、1週間くらい食べると食べたくなくなり、別の野菜系統惣菜を食べています。

男性 40代後半 無職


まず、食事療法しました。ビールも出来るだけ、減らして、ストレスを溜めない様に出来るだけ、きそくただしい生活をこころがけています。

男性 50代前半 その他


運動をする


規則的な生活と朝一時間程の柔軟体操・ジョギングを継続しております。

男性 60代前半 その他


夕食後のウォーキング。 20時頃に食事を済ませ、風呂に入り就寝前のウォーキング。 就寝中に起きる回数が減った。

男性 40代後半 教職員


特に改善・予防策をしたことはなく,ジョギングで体調を整えている。

男性 50代後半 公務員


ストレスを溜めない


こまめにトイレに行く。今まで以上に清潔感を保つ。ストレスを発散する。

女性 20代後半 主婦・主夫


ただただストレスを貯めない、お酒を飲まない、体を冷やさない、早寝早起き

男性 40代後半 会社員


ノコギリヤシのサプリを摂取


ノコギリヤシ系のサプリメントの宣伝があったので、物珍しさも手伝い服用してみました。

男性 50代後半 自営業


特になし。ノコギリヤシの効果があらわれるのを、じっくり待った幹事だ。

男性 60代前半 自営業


その他


30代の頃、なるべく水分を取らないようにしていたら、尿管結石になってしまいました。今は頻尿ですが、水分はしっかりとっています。病院以外での対策は、出るものは仕方がないので、尿瓶や洗面器におしっこをしています。

男性 50代前半 無職


座りっぱなしにならずに1時間に1回程度は立ち上がって歩いたりするようにした。

男性 30代前半 無職


この記事を見ている方がよく見ている経験談



頻尿でお困りの方に

頻尿に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「頻尿になって、日々気をつけた事やあなたの対策などを教えてください」のような質問に対して、「気にせずトイレに行く位です。脳脊髄液漏出症の症状緩和のため水分を多くとっています。 (女性 30代前半 自営業)」

「まず、食事療法しました。ビールも出来るだけ、減らして、ストレスを溜めない様に出来るだけ、きそくただしい生活をこころがけています。 (男性 50代前半 その他)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

頻尿の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する