あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎一覧

大好きなのに食べられない...!カレーやキムチ、わさびなど。「咽頭炎」経験者が症状改善のために控えた食べ物は?

掲載日:2017年09月19日

目次

咽頭炎の症状改善のために控えた食べ物はありますか?


辛いもの


キムチ、タバスコなどのピリ辛の刺激物は痛みがあり食べなかった。炭酸飲料も喉が爆発するほど痛かったので飲まなかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


スパイスの効いた料理(カレー、マーボ豆腐、韓国料理、エスニック料理など)

男性 50代前半 その他


香辛料などの辛い食べ物は摂らないようにしている。きつめのお酒も控えているし、塩辛い物もあまり食べないようにしている。

男性 60代後半 自営業


刺激物の食物、唐辛子、辛子、強いお酒、コーヒーもよくないといわれたので、これらの物の摂取は極力控えた。

男性 60代後半 無職


キムチなど、喉に刺激があるものですが、そこまで神経質に制限は、かけていなかったと思います。

女性 40代後半 主婦・主夫


特に食生活は関係ないとは思うが、あまり辛いものを食べると、後から喉が痛くなることがあるので、唐辛子など辛いものは食べないようにしている。

男性 60代後半 無職


医者からアドバイスを受け、喉に痛みがある間は、刺激物を控えました。 具体的には、辛子、唐辛子、わさび、アルコール、タバコなどです。

男性 50代後半 会社員


辛い物は通過する際に、かなりの痛みを伴うため、全面的に停止し、他、熱いものも避けるようにした。

男性 50代前半 フリーター


喉の痛みが増すので、香辛料のきついカレーやキムチは避けました。また、唐辛子やラー油、胡椒なとも料理から遠ざけました。同じ意味で炭酸飲料も飲みませんでした。味付けの濃いものも喉を刺すような感じがあったので避けていました。

女性 50代後半 フリーター


唐辛子、わさび、からし、レモン、みかん、固形物全般。飲み込みにくいので

女性 30代前半 主婦・主夫


刺激物が好きなのだが、摂取するとのどが腫れることが多いため、極力摂取を控えていた。

男性 60代後半 無職


刺激物、たとえば、キムチ、塩辛等をひかえるようにした。

男性 60代前半 自営業


痛みが、ひどかったので、刺激のあるようなものや固い物はを控えた。

女性 40代後半 無職


固形物・消化の悪いもの


喉の痛みがひどかったので、飲み物つばなどを飲み込んでも痛かったので、固形物はもっと痛いので、症状が良くなるまでは、固形物は避けて、パウチの栄養補給食品などでしのいだ。

女性 50代後半 会社役員


熱もあったし、のども痛かったので、消化の悪い脂っぽいものやカレーなどは控えました。

女性 60代前半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



咽頭炎でお困りの方に

咽頭炎に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「咽頭炎の症状改善のために控えた食べ物はありますか?」のような質問に対して、「医者からアドバイスを受け、喉に痛みがある間は、刺激物を控えました。 具体的には、辛子、唐辛子、わさび、アルコール、タバコなどです。 (男性 50代後半 会社員)」

「辛い物は通過する際に、かなりの痛みを伴うため、全面的に停止し、他、熱いものも避けるようにした。 (男性 50代前半 フリーター)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

咽頭炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する