あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アナフィラキシー一覧

「アナフィラキシー」お薬手帳を持ち歩く、早寝早起き、激しい運動をしないなど。日常での予防・改善策を経験者に伺いました。

掲載日:2017年09月22日

目次
「アナフィラキシー」お薬手帳を持ち歩く、早寝早起き、激しい運動をしないなど。日常での予防・改善策を経験者に伺いました。

日常生活での改善・予防策は?


規則正しい生活


とにかく睡眠不足にならない様に、生活習慣を見直しました。 疲れると、すぐに蕁麻疹が発症してしまうので、これ以上アナフィラキシー症状で、ショック状態に陥らない為に気をつけました。

女性 40代後半 主婦・主夫


よく寝て、よく食べて、とにかく免疫力を上げようとした。

女性 20代後半 会社員


早寝早起きや、胃に優しい食事は心がけた気がする。ただ、特に意識した事はなかったと思います

女性 30代後半 主婦・主夫


運動をする、運動に気をつける


体質の改善のために、毎日ジョギングをするようにしました。 また免疫力のアップのためにヨーグルトを欠かさず食べるようにしています。 そのせいか、アレルギー症状はでても軽微なものになりました。

男性 50代後半 その他


食後は、激しい運動をしないで、アナフィラキシーショック症状が出ないようにしています。

女性 30代前半 フリーター


運動と食事の順番を変更した生活を継続しました。

男性 60代後半 無職


食生活に気をつける


夜8時以降はものを食べない。規則正しい時間に食事をする。野菜を多く食べる。揚げ物など控えめにする。バランスのとれた食事をする。 体重は減ってはいないのですが、とりあえず現状維持はできています。

女性 40代後半 主婦・主夫

水をたくさん飲み、安静にしました。 良い睡眠、食生活を心がけています。

女性 20代後半 整体師/セラピスト


一年に一度の会社の健康診断を行い、定期的に通院し食生活の改善などのアドバイスをいただいています。

男性 30代後半 その他


その他(お薬手帳を持ち歩く、動物に触れないようにするなど)


動物がいる家には遊びに行かないことや、外出先で動物とすれ違う時は、息をしないようにしています。

女性 30代後半 会社員


薬剤性のアナフィラキシーを起こしたので「お薬手帳」を必ず持ち歩いていて必要なときに提示する以外に特に行っていることはない。強いて言えば不摂生を避けて規則正しい生活をして色々な食材を満遍なく摂ることを心がけている。

女性 50代後半 無職


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アナフィラキシーでお困りの方に

アナフィラキシーに関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「日常生活での改善・予防策は?」のような質問に対して、「薬剤性のアナフィラキシーを起こしたので「お薬手帳」を必ず持ち歩いていて必要なときに提示する以外に特に行っていることはない。強いて言えば不摂生を避けて規則正しい生活をして色々な食材を満遍なく摂ることを心がけている。 (女性 50代後半 無職)」

「とにかく睡眠不足にならない様に、生活習慣を見直しました。 疲れると、すぐに蕁麻疹が発症してしまうので、これ以上アナフィラキシー症状で、ショック状態に陥らない為に気をつけました。(女性 40代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

アナフィラキシーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する