あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腎盂腎炎一覧

女性がなりやすい?!発熱、排尿時の痛み、腰痛など...腎盂腎炎の症状とは?経験者に伺いました。

掲載日:2017年12月04日

目次
女性がなりやすい?!発熱、排尿時の痛み、腰痛など...腎盂腎炎の症状とは?経験者に伺いました。

腎盂腎炎、どんな症状でしたか?


発熱


急に熱が出て、解熱剤でしばらく様子を見ていたが、一向に熱が下がらず、他に下腹部の痛みやダルさも出てきたので自宅で安静にしていました。最初は我慢出来るほどでしたが、だんだん痛みも増し、医者に行くことを考えました。生理痛にも似ていたのですが排尿した時に特に痛みがあったので、恥ずかしいと思いながら家族にも協力してもらい受診しました。原因は細菌ではないかと言うことでしたが、自分では何が悪いのか全く心当たりがありませんでした。

女性 20代後半 会社員


発熱と脇腹に違和感を覚えたので病院で検査をしてもらったところ腎盂腎炎と診断された。疲労による免疫力の低下と衛生管理の怠りが感染を招いたようだ。治療薬として抗生物質を貰い慢性化しないようにアドバイスを受けた。

男性 30代前半 会社員


頻尿


最初は膀胱炎のような頻尿やムズムズした感じから始まりました。しかし、仕事が忙しくなかなか病院に行けないで様子を見ていました。しかし、良くなるよりも次第に下腹部の強い痛みに変わってきました。しばらくすると発熱もみられ、やっと病院に行くと腎盂腎炎の診断を受けました。

女性 20代後半 看護師/准看護師


排尿時の痛み


下腹部に排尿時の痛みがあったため病院で受診。尿道炎と診断され尿路消炎剤を処方された。その後38℃台の高熱や、腰と背中の痛み、残尿感などの症状などが出たため総合病院を受診したところ、腎結石が排出される際に尿路が傷つき炎症を起こし、その後腎盂腎炎を起こしたものであろうと診断された。

男性 60代前半 会社員


腰痛


理由は思いつかないが、仕事の都合で、不規則な生活を3週間続けた時期に罹った。その時期には、栄養に偏りがあり、アルコール摂取も多かった。歩く程度の運動すらしなかったと記憶している。水分摂取はかなり少なかったと思う。腰痛もあって、ロキソニンなどの鎮痛剤も服用してあた。

男性 50代前半 医師


困り事、わかったこと、アドバイスや教訓をお願いします


この病気は誰でもなる可能性がある病気で、特に女性がなりやすいと聞きました。ついトイレを我慢したり、清潔にしてなかったりすると細菌が繁殖して行きます。痛む所が子宮と似ているので婦人病と間違うかもしれませんが、何かいつもと違う場所が痛いならこの病気や膀胱炎も疑った方が良いかもしれません。様子を見て判断するのも必要かもしれませんが、病気によっては早めの受診が病気を悪化させない方法かもしれません。

女性 20代後半 会社員


原因ははっきりとは分からないが、細菌の感染によるものだと聞いたが、他人に感染することはないのか。市販の薬で治すことはできないのか。慢性化することはないのか。疲労や食生活の乱れが細菌への抵抗力を低下させた結果なので規則正しい生活習慣が何よりも大事だということを学んだ。

男性 30代前半 会社員


入院となるとやはり費用や仕事を休まなくてはいけないことなどがあり、家族だけでなく、職場など様々な人達に迷惑がかかってしまう。日頃からの体調管理や医療保険の備えなど準備しておくことが最も大切なことであるのだと改めて感じました。

女性 20代後半 看護師/准看護師


最初の受診では軽い尿道炎程度と考えていた。男性であることから、膀胱炎、ましてや腎盂腎炎の可能性を指摘されたにもかかわらず、比較的大きな医療機関の受診をためらったことが悔やまれる。また、腎結石は体質的なものとはえい、日ごろから水分摂取に心がける事の知識があれば良かったと思う。

男性 60代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



腎盂腎炎でお困りの方に

腎盂腎炎に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「困り事、わかったこと、アドバイスや教訓をお願いします」のような質問に対して、「原因ははっきりとは分からないが、細菌の感染によるものだと聞いたが、他人に感染することはないのか。市販の薬で治すことはできないのか。慢性化することはないのか。疲労や食生活の乱れが細菌への抵抗力を低下させた結果なので規則正しい生活習慣が何よりも大事だということを学んだ。 (男性 30代前半 会社員)」

「この病気は誰でもなる可能性がある病気で、特に女性がなりやすいと聞きました。ついトイレを我慢したり、清潔にしてなかったりすると細菌が繁殖して行きます。痛む所が子宮と似ているので婦人病と間違うかもしれませんが、何かいつもと違う場所が痛いならこの病気や膀胱炎も疑った方が良いかもしれません。様子を見て判断するのも必要かもしれませんが、病気によっては早めの受診が病気を悪化させない方法かもしれません。 (女性 20代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

腎盂腎炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する