あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

気管支炎一覧

気管支炎の対策に「運動」「スポーツ」は有効か?経験者が語る、適度な運動のススメ

掲載日:2017年05月01日

目次

運動による気管支炎の症状を聞いてみました


14年前に運動時に咳き込むことが多くなり、半年位した頃に突然息苦しさに教われ翌日通院すると気管支喘息と診断された。投薬と点滴で症状が治まったが、その5年後の秋に再度発作が起き入院。さらに4年後に黄砂がひどい日に発作をおこし入院。その後は吸入ステロイドを毎日使用し、現在は大きな発作を起こしていない。

女性 30代後半 主婦・主夫


気温の変化により気管支が狭くなり呼吸が苦しくなる。特に激しい運動をした後、夜間から朝方にかけて気温が下がった後にこのような症状が現れ睡眠が阻害される。また仕事で汗をかいた後急激に体温がさがるような後は同じような症状がでることがある。

男性 40代前半 介護職/ヘルパー


•喉(のど)が痛い •咳(せき)が出る •徐々に咳(せき)がひどくなっている •痰(たん)が出る •熱がある •咳(せき)こむと胸の奥が痛む •運動すると激しく咳(せき)こむ •冷たい空気を吸う、乾燥した場所に行くと咳(せき)が出る

男性 30代後半 会社員


気管支炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


楽な時は運動をして抵抗力を高める。発作時はメプチンやボスミンで気管支を広げる。アレルゲン抗体を打って抵抗力を高める。

男性 40代後半 会社員


冷たい風にあたらないように外出を控えたり、飲み薬を飲む、吸入をしたり、疲れないよう体を休めたり、風邪を引かないよう外出先や寝る時にもマスクをする。

女性 50代後半 主婦・主夫


まず市販の風邪薬を飲んだが、なかなか治らず病院を受診した。 そのときに抗生剤と咳止めの薬をもらって、かつ、毎日何度かうがいを行なっていれば治った。

男性 30代前半 理学療法士


部屋の掃除の徹底 布団の掃除 スイミングに通う 処方箋 吸入器の活用 風邪を引かないよう日頃から気をつける 他に集中できるものをもつ

女性 40代前半 主婦・主夫


気管支炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


あまり激しい運動をしないこと、適度に水分を取ること、規則正しい生活を心がけることなどを1年間つづけた。

男性 20代後半 教職員


オノンカプセル、プランルカスト錠を飲む以外に、これを食べたから、運動したから、グッズや市販の薬を使用しても、効果はありません。

男性 30代後半 無職


食事等は、普段通りに心がげていました。ただし、激しい運動(例えば、マラソン)とかは控えるよう主治医から指示されていました。

男性 20代前半 無職


気管支炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


いきなり、体力をつけようと無理なスケジュールで運動はしない方が良い。かかりつけ医に 確認をとって、気楽に散歩から始めた方が良い。無理をすると疲れが溜まり、また悪化する 可能性が高い。自分自身それが失敗で治療期間が延びたというのもなるので、無理は禁物。

男性 30代後半 フリーター


特には大きな失敗はないが、やはり疲れがたまったり、すこし過ぎた飲酒はよくたない。ほこりが多いところへ行くと、たまにせきがでることかあった。

男性 60代前半 会社員


気管支炎にならないようにする、運動などの予防法を聞いてみました


適度な運動とこまめな掃除。カビの除去。疲れをためないように適度な休息を必ず取る。こまめな水分補給でのどを潤す。

女性 40代後半 主婦・主夫


毎日の適度な運動とか食生活、帰ってからうがいとか手洗いはまいにちきをつけるようにははしています。喉に悪いようなことはしないようにしています。

男性 30代後半 フリーター


発作が出やすい時期は特に早寝を意識したり、食生活に気を使うなどして体力をつけておくようにしている。 また、風邪から併発することも多いためうがい手洗いもしっかりするようにしている。

女性 30代前半 主婦・主夫


気管支炎でお困りの方にアドバイス(運動など)を聞いてみました


1回なるとまた気管支炎に近い状態になるような気がするので、風邪を引いたら悪化しないように市販の薬を早めに飲み、外出を控える。咳が出始めたらすぐに医者に診てもらい、ゆっくり休む。無理をしない、疲れないように気を付ける、体に無理な運動は避ける。

女性 50代後半 主婦・主夫


月に一回病院はしっかりと行ってください。普段通りに生活はしてもいいですが、極力、激しい運動(マラソン等)は控えた方がいいと思います。軽く、ウォーキングや簡単な軽い体操するなど体に負担がかからない運動がベストだと思います。

男性 20代前半 無職


酷寒の外出時など冬の間は特に気をつけること。体力が落ちている時にかぜなどから肺炎を引かないように十分栄養・睡眠をとること。刺激物の食事は過度になりすぎないよう気をつけること。陰陽の体を温める食事をとること(食材選びで十分改善すると思います。)適度な運動をし免疫効果を高めるように気をつけること。

女性 50代前半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



気管支炎でお困りの方に

気管支炎に関しての経験を持つ方々に、咳やスポーツや運動について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「気管支炎でお困りの方にアドバイス(運動など)を聞いてみました」のような質問に対して、「酷寒の外出時など冬の間は特に気をつけること。体力が落ちている時にかぜなどから肺炎を引かないように十分栄養・睡眠をとること。刺激物の食事は過度になりすぎないよう気をつけること。陰陽の体を温める食事をとること(食材選びで十分改善すると思います。)適度な運動をし免疫効果を高めるように気をつけること。(女性 50代前半 主婦・主夫)」

「1回なるとまた気管支炎に近い状態になるような気がするので、風邪を引いたら悪化しないように市販の薬を早めに飲み、外出を控える。咳が出始めたらすぐに医者に診てもらい、ゆっくり休む。無理をしない、疲れないように気を付ける、体に無理な運動は避ける。(女性 50代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

気管支炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する