あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

味覚障害一覧

塩味を感じないなど、ストレスから来る味覚障害にははじめの一手。経験者のアドバイスをうかがいました

目次
塩味を感じないなど、ストレスから来る味覚障害にははじめの一手。経験者のアドバイスをうかがいました

味覚障害の症状を教えて下さい


作ったご飯の味がしないので塩をかけていたら、主人が味覚が変だと言った。確かにいくら塩をかけてもしょっぱく感じなかった。友達にも辛くない!?と言われたことがあってそこから味覚障害の可能性があるのかもしれないと心配するようになった

女性 40代後半 フリーター


食事で何を食べても味が分からず胃の調子を悪くしたので。漢方の治療法で舌に水分が多く溜まっており体内の水分代謝が悪い状況で有る事を知った。これ以上の事について何を書けば良いのだ?どれだけ書いても同じ事で分からない!

男性 40代前半 自営業


他の病気で入院していた時、1週間程絶食しなければならなくなりました。1週間の絶食後、初めて食事をした時、何を食べても、砂を噛んでいる感覚で、味がないどころか、ひどい不快感を感じて食事するのが嫌だった。

男性 50代後半 その他


抗生物質や抗ヒスタミン剤の副作用で味覚を感じ取りにくくなった。その結果、唾液のでが悪くなり、食欲の減退へとつながった。また、胃なども胃酸のでが悪いのか消化吸収への悪影響も見られた。ストレスの増加にもつながった。

男性 30代前半 会社員


味覚障害になって初めて知った困り事やアドバイスをお願いします


ストレスを溜めない


うつ病で苦しんでるときに味覚障害はかなり落ち込みました。食事も喉を通らず体重もかなり落ちました。ストレスを軽減することで味覚は戻ってきますから病院へ受診したほうがいいと思いますよ。一人で悩まず病院へ行ってください。

女性 40代後半 無職


ストレスからくるものであり、根本解決すればいずれは治るものなので 無理をせず、希望を持って治療をしてほしいと思います。 薬を服用してもどうにもなるものではないので、ぜひ根本解決してほしいと思います。

女性 30代後半 主婦・主夫


今回は抗生剤による激しい下痢が原因と思われますが、前回はそれまで食べられたものが突然拒絶反応が出てしまい原因は良く分かりません。当時の仕事がハードだったのと身内の死別などででおそらくストレスが原因になっているものと思われ、1年以上改善が見られなくて体調が悪化の一途をたどったので仕事を退職したところ1か月後には味覚障害も改善しました。食べ物がおいしく食べられないこと体力がなくて思うように仕事ができないことなどストレスにストレスが重なって悪化したのだと思います。味覚が戻ったときは食べ物がおいしいと感じられることに改めて幸せを感じました。

女性 50代後半 フリーター


病院を受診する


普段より体の調子がお菓子と思ったときは早いめに病院で見てもらい長引かないように普段から薄味で辛いものは控え食べ過ぎ、飲みすぎに気をつけ血圧も調べストレスをためない無理をしない、健康診断を毎年1回受けるなど健康に関心を持つことと思います

女性 60代前半 主婦・主夫


何を食べても美味しいと思えずに気持ちも沈んだ生活をしていて、改善策もわからないままだったので入り口はどこからでも、やはり病院で受診して、自分の現状やなぜそのような症状が出るのかなど詳しく診て頂いた方が改善の近道なのかなという風に感じました。

女性 20代前半 無職


高齢になったので今まで経験したことに頼らず、異常を感じたら人のせいにするのではなく、何ごともまずは自分を疑い、同居している家族や周りの人に聞いて現実をよく理解したうえで病院で診察を受けるべきであると思います。

男性 60代後半 無職


サプリなどで栄養不足を補う


ある程度の年齢がくると特に女性はミネラル不足になるし、さらに私は手術もしたので 腸内環境が悪くなり、お腹も毎日ゆるゆるでひどかった。腸内とサプリの摂取で今のところ元気になってきたかと思います。このまま続けていこうと思います。

女性 40代後半 フリーター


味覚障害は自分で気がつくことがあまりなく、家族から「味付けが濃くなった」と指摘されてからわかることが多い。100円ショップで売っている亜鉛サプリでも十分に効果があったので、亜鉛サプリを常備することをおすすめする。

女性 50代前半 自営業


日々の食生活の改善


私の場合は薬の副作用であったが、原因は亜鉛の不足や生活の不摂生、ストレスなど様々にある。味覚を取り戻すには、亜鉛の摂取や日常を規則正しくし体内を綺麗な状態へと導くこと。そうすることでストレス改善にもつながる。

男性 30代前半 会社員


自分の食べたいものを食べたいだけ食べるという生活が良くないことがわかった。バランスのとれた食事、質のいい睡眠など、自分でしっかり管理をして生活をして行く事を心がけている。後はストレスは適度に発散するということ。

女性 30代後半 会社員


味覚の大切さを知った


食べ物の味が正しく感じられるという事はすごい事なんだという事。味覚と嗅覚などの五感のどれか一つ欠けてしまうと本当に辛いなと身をもって体験した。抗がん剤は時間が経てば体から抜けるので、味覚障害もそのうち治るわけだが、それでも1年位はかかった。

女性 50代前半 無職


味覚障害というのは、自分には関係のない、他人事と思ってましたが、いざ自分に降り掛かって来た時は非常につらかったです。一生このままではないかと言う不安でいっぱいになりました。そして普通に食べる事ができるようになったとき、とても嬉しく、食べられる事のありがたさがわかりました。

男性 50代後半 その他


その他


耳鼻科に行っても改善しない。味が薄くなった時は亜鉛が効果があるが、強くなった時は今は対処方法はないということで手立てはない。ゆえに我慢するしかない。歯磨きしたり、うがいをしたり、マスクをしたり外敵に防御するしかない。

女性 30代後半 主婦・主夫


何を食べても味が一緒。ツバや水を飲んでいるよう。

男性 40代後半 フリーター


味覚障害になって感じたことは脳の要求は聞かないことだなと思いました。ミネラルウォーターをたくさん飲むことで体も脳もニュートラルになるのではないかと思います。食事も調理は素材を生かした味というのがあるのでそれを楽しむことだと脳に言い聞かせることだと思っています。

女性 50代後半 無職


この記事を見ている方がよく見ている経験談



味覚障害でお困りの方に

味覚障害に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「味覚障害になって初めて知った困り事やアドバイスをお願いします」のような質問に対して、「食べ物の味が正しく感じられるという事はすごい事なんだという事。味覚と嗅覚などの五感のどれか一つ欠けてしまうと本当に辛いなと身をもって体験した。抗がん剤は時間が経てば体から抜けるので、味覚障害もそのうち治るわけだが、それでも1年位はかかった。 (女性 50代前半 無職)」

「味覚障害になって感じたことは脳の要求は聞かないことだなと思いました。ミネラルウォーターをたくさん飲むことで体も脳もニュートラルになるのではないかと思います。食事も調理は素材を生かした味というのがあるのでそれを楽しむことだと脳に言い聞かせることだと思っています。 (女性 50代後半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

味覚障害の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する