あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

顔面神経麻痺一覧

顔面神経麻痺。突然の顔の筋肉のフリーズ、何科が正解?経験者の症状とアドバイス

目次
顔面神経麻痺。突然の顔の筋肉のフリーズ、何科が正解?経験者の症状とアドバイス

顔面神経麻痺、どんな症状が現れましたか?


口の周辺に違和感


口に中に違和感があり、歯磨きや飲水に支障があったので、すぐに行きつけの病院に受診。 症状を見てベル麻痺のようだが詳細に検査をするべく大学病院へ回されMRIなどの検査を受けた。 結果他に異常はないためベル麻痺と診断された。

男性 50代前半 会社員


職場で後輩に「左の口が動いてないですよ」と言われ病院を受診、その後痛み等はないものの、飲んだ水・お茶が左の口から流れ出るなどの症状があった。原因については不明でが、恐らく寒い時期に公園等でジョギングなどを行った際左顔面に冷たい風などう受けすぎたのではないだろうかとの診断

男性 60代前半 無職


ハミガキをして、うがいをした時に口から水がこぼれて、鏡を見ると顔の半分に力が入らなかったのでおかしいと思い、病院に行き、顔面神経麻痺だと診断されました。ストレスが主な原因だと言われ、私生活がうまくいってなくて、自分ではあまり気付いてなかったけど、ストレスが溜まっていたんだとおもいました。

女性 30代前半 主婦・主夫


食事中に飲み物が口からこぼれて異常を感じたので、鏡をみたら、顔の半分が動かなくなっていた。総合病院に行ってみてもらったら、顔面神経麻痺だと診断された。原因はよくわからないが、車を運転中に側頭部を風で冷やしたからではないかと言われた。

男性 60代前半 無職


原因は分からないが、話をすると、口の周りが、震えて、そのうち、目の下が震えるようになって、話はまともにできなくなって、年中、マスクをしていた。病院は、ビタミン剤を処方したが、その後、ビタミン剤の処方がなくなって、自分で購入せる様になった。

女性 50代後半 フリーター


顔半分の異常


友人の家に遊びに行き、夜遅くまでゲームをしたあとこたつで寝て朝目が覚めたら顔の左が動かなくて、何日かしても改善する兆しないので病院に行ったら、そう診断された。特に前兆と思うような症状は無く、直前まで体調におかしな点は無かった。

男性 30代後半 会社員


仕事でクレーム対応をしたが、周囲が誰も助けてくれず、ストレスで顔半分が動かなくなった。歯医者で麻酔をかけられたような感覚が数日間続いた。食事のときは、口半分が動かなくて食べ物を口に入れるのが大変だった。

女性 50代前半 会社員


勤務中に顔の半分が動かなくなってしまい、さらにお茶などを飲むときに動かない側のほうからこぼれたりしたため、同僚に病院に行った方がいいと言われ病院に行きました。最初に行った病院では判断がつかず、紹介状を書くからといって別の病院に行ったところ、即入院との診断がでました。原因はストレスの部分が大きいと言われました。

女性 40代前半 会社員


ある日目か覚めると突然、顔の左半分がうごかなくなった。 通いの病院で診察をうけたところ、かぜをひいたのではないかとのことであった。普通の生活で静養していたところ、やく2週間程度で回復した。特別な薬品を使用した覚えはない。

男性 60代前半 会社員


前兆が無かったように感じるが、後で考えると前日回転すしに行きエビを食べたときに口中が粘つきがあり鮮度が良くないなぁと思っていた。夕方いつもより疲れた感じがあり、早めに就寝した。 翌朝に右側が締まりがなく、右目は瞬きが出来ず、口を大きく開けることが辛かった。痛みなどは一切なかった。大学病院耳鼻科で顔面麻痺との診断を受けた。

女性 60代後半 無職


その他(瞼の異常・顔面に激痛)


まぶたが閉じなくなり、眼科を受診したが、ここではないといわれ、主治医に相談した。脳外科を紹介され、検査の結果「顔面神経麻痺」と診断された。ほかの症状としては、音が異様に大きく聞こえる、味が分からなくなるなどがあった。原因ははっきりしたものはなかった。

男性 50代後半 教職員


朝起きて朝食のときに顔が突っ張った感じがして味噌汁やコップの水を飲んだらこぼれてきたため病院に行った。病院の診断で顔面神経麻痺としんだんされた。原因んは、はっきりしないが、冬だったので急に寒いところに出た影響や、疲れからかもしれないと思われるとの診断だった

男性 50代後半 会社員


風が吹いただけでも顔面に激痛が走るようになり、しまいには寝てる時に掛ふとんがパサっとかかっただけも飛び起きるほどになった。 その為受診。原因わからずたらい回し。最終脳外科に行ったが原因わからず、結局ストレスとなった。

女性 30代前半 主婦・主夫


冬の厳しい時期に東北へ出張へ行った際、風邪をひき、病院にも行けないままホテルで市販薬を飲みながら養生していた挙句にだんだんと顔がこわばって来て痙攣が起こるようになってきた。熱が引いて東京に帰ってから内科に受診、結果風邪原因となる三叉神経痛と診断された。

男性 50代後半 会社員


顔面神経麻痺麻痺になってはじめて気づいたことやアドバイスをお願いします


今まで経験したことのなかった症状で、たった顔面左の筋肉が動かないだけで、食べること、飲むこと、普通にやってきたことができなくなるの辛さを経験させてもらいました、自分の場合は前兆がなく急に来たのでアドバイスは少し難しいですが、冬はあまり冷たい風に当たらないようにしたほうがいいですよ。

男性 60代前半 無職


顔が動かないのはとてもつらい。動かないので表情が薄気味悪く、笑顔が作れないことや、飲み物をのんでも片方の口のしまりがないため、こぼれます。また、人との会話が醜い感じになるので、いつもマスクを着用していました。

男性 60代前半 会社員


顔面のいろいろな部位が、脳とつながっていることを改めて実感した。まぶたが動かなくなったときに、眼科を受診したのがロスだったと今思う。しかし、そのときは目は眼科としか考えなかったが、命にかかわるかもしれない脳を先に疑うべきだということを知った。

男性 50代後半 教職員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



顔面神経麻痺でお困りの方に

顔面神経麻痺に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「顔面神経麻痺、どんな症状が現れましたか?」のような質問に対して、「ハミガキをして、うがいをした時に口から水がこぼれて、鏡を見ると顔の半分に力が入らなかったのでおかしいと思い、病院に行き、顔面神経麻痺だと診断されました。ストレスが主な原因だと言われ、私生活がうまくいってなくて、自分ではあまり気付いてなかったけど、ストレスが溜まっていたんだとおもいました。(女性 30代前半 主婦・主夫)」

「前兆が無かったように感じるが、後で考えると前日回転すしに行きエビを食べたときに口中が粘つきがあり鮮度が良くないなぁと思っていた。夕方いつもより疲れた感じがあり、早めに就寝した。 翌朝に右側が締まりがなく、右目は瞬きが出来ず、口を大きく開けることが辛かった。痛みなどは一切なかった。大学病院耳鼻科で顔面麻痺との診断を受けた。(女性 60代後半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

顔面神経麻痺の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する