あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

不妊治療一覧

子宮内膜症や早期閉経を罹患された方に聞いた不妊治療中に行ったこと

目次

不妊症で行った検査の内容を聞いてみました

子宮内膜症とチョコレート嚢胞を患っていたので、きちんと排卵ができているのかが気になったので、毎月排卵のチェックをクリニックで行っていました。主に内診ばかりでした。それと体外受精の際は、ホルモンとエストロゲンの数値をはかるために血液検査も行っていました

女性 30代前半 主婦・主夫

生理がなかったので、病院に行った。血液検査、内診で黄体機能不全、早発閉経と診断される。 卵巣は機能していなかったが、子宮には問題がないということで、ルトラールとプレマリンのホルモン補充で生理を起こしていた。

女性 30代前半 主婦・主夫


以前から生理痛は重かったが、突然動けないほどの腹痛に襲われ後日出血する。気になり婦人科を受診すると、子宮内膜症を発症していると発覚した。検査はエコー?と触診。その後、妊娠を勧められるが結婚式など予定のタイミングが合わなかったため、ピルを飲んで生理を抑えて経過観察していた。

女性 20代後半 主婦・主夫


不妊症を改善するために試したことを聞いてみました


クリニック以外の民間療法としては、鍼灸を行っていました。食事療法としては、子宮内膜環境を良くしてくれるルイボスティーを積極的に飲んでいました。他には冷え性を改善できるように妊活ヨガを行っていました。

女性 30代前半 主婦・主夫


半年ほど、不妊に効くという鍼灸に通い、自宅でもお灸をするが、とくに効果はなかった。 卵子が作れないので、不妊治療はできなかった。

女性 30代前半 主婦・主夫


卵管造影、タイミング療法、人工授精、体外受精を行う。バス停を一駅分多く歩いたり、葉酸サプリの種類を変える、ルイボスティーを飲む、野菜を多めに摂るよう心掛けていた。

女性 20代後半 主婦・主夫


不妊症を改善するために試したことの中で効果があったことを聞いてみました


鍼灸をしていたおかげで、子宮と卵巣の環境が良くなり、体外受精で良い結果を出すことができ、一度で妊娠できました。

女性 30代前半 主婦・主夫


とくに体調がよくなったとか、自然に生理が来たとか、そういう実感は何をしてもえられていない。 とくになしとくになし

女性 30代前半 主婦・主夫


ルイボスティーを飲むと利尿作用もあり良かったと思う。体外受精を行う前に葉酸サプリをベルタに変えたら、その効果があったのかはわからないが幸運な事に一度で授かることができた。

女性 20代後半 主婦・主夫



不妊症を改善するために試したことの中で効果がなかったことを聞いてみました


私はしていないですが、妊活のカウンセリングは無駄だと思います。自問自答しても治療に専念するしかないと思います

女性 30代前半 主婦・主夫


薬以外では生理を起こすことができなかったので、無駄ではなかったとは思うが、効果を感じられたことはない。

女性 30代前半 主婦・主夫


薬局で安い葉酸サプリを服用していたこと。成分は見ていたが、吸収率の良さや成分の質が違うことがわかったので、身体に入るものなのでもっと早くから気をつけておけば良かったと思った。

女性 20代後半 主婦・主夫


不妊症を改善するために普段から気をつけていることを聞いてみました


少しでも異変を感じたらクリニックで内診をしてもらうのが一番です。異常がわかってからでは遅い場合はあります。

女性 30代前半 主婦・主夫


薬以外では、生理を起こすことができず、金銭的にも辛いので、とくに何もしていない。とくに何もしていないとくに何もしていない

女性 30代前半 主婦・主夫


身体を動かす。ストレッチやお風呂では湯船に浸かり身体を冷やさない、温めるようにしていく。特に下半身は冷えやすいので筋肉を鍛えれるようウォーキングをしたり、股関節が硬くならないよう入念にストレッチをしていく。

女性 20代後半 主婦・主夫


これから不妊症の治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました


体外受精でどれだけコストがかかるのか、精神的な負担がかかるのかを教えてくれた方がチャレンジしやすいと思いました。お金に余裕がある場合は、すぐ体外受精にチャレンジしておいたほうが絶対に後悔しません。歳を重ねて後悔するほうがよくありません。

女性 30代前半 主婦・主夫


生理が来ないのを楽だと思い、何年も放置していたら、取り返しのつかないことになるので、少しでもおかしいと思ったら、病院を受診することをお勧めします。卵子の数は生まれた時から決まっているということ。卵子の数は生まれた時から決まっているということ

女性 30代前半 主婦・主夫


不妊治療にはお金がかかることが多いので、生命保険で不妊治療を保証してくれる保険があることをもっと早い段階で知りたかった。不妊治療を始めると保険に入りにくくなるので、検討するなら治療を始める前にする。病院の治療成果がホームページとかでもわかり比較しやすくなれば病院選びがよりしやすくなると思う。

女性 20代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



不妊治療でお困りの方に

不妊治療に関しての経験を持つ方々に、運動やルイボスティーや不妊や体外受精について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「これから不妊症の治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「体外受精でどれだけコストがかかるのか、精神的な負担がかかるのかを教えてくれた方がチャレンジしやすいと思いました。お金に余裕がある場合は、すぐ体外受精にチャレンジしておいたほうが絶対に後悔しません。歳を重ねて後悔するほうがよくありません。(女性 30代前半 主婦・主夫)」

「不妊治療にはお金がかかることが多いので、生命保険で不妊治療を保証してくれる保険があることをもっと早い段階で知りたかった。不妊治療を始めると保険に入りにくくなるので、検討するなら治療を始める前にする。病院の治療成果がホームページとかでもわかり比較しやすくなれば病院選びがよりしやすくなると思う。(女性 20代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

不妊治療の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する