あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

肋間神経痛一覧

肋間神経痛に車の運転は危険!突然の痛みに襲われないために。経験者の教訓と対処法をうかがいました

掲載日:2017年11月20日

目次
肋間神経痛に車の運転は危険!突然の痛みに襲われないために。経験者の教訓と対処法をうかがいました

肋間神経痛の症状を教えてください


風邪気味で寝ていたところ、息苦しくなり痛くて呼吸が浅くなり、ハアハアと短くしか息が吸えなくなりました。救急車で、病院に行ったところ、肋間神経痛と、診断されたその日は入院し薬を飲んだところ、次の日には痛みが弱まった

男性 30代後半 会社員


急に息ができないのではと思うほどの痛みがでたが、ある程度時間が経つと痛みがなくなる。 といううのが何回か続き病院に行ったら肋間神経痛ではないかと言われた。 原因はよくわかりませんが、その時の体調や気温などで症状がでます

女性 20代前半 その他医療従事者


鬱病の身体症状の一つとして精神科にて診断される。 うつが酷いときに痛くなったのではなく、それとは異なるリズムで痛みが出たので関連があるとは知らなかった。 当初は原因が分からず椎間板ヘルニアも患っているため、当初はそのせいかとも。

男性 30代後半 自営業


急に脇腹が痛み、ひと月以上続いていた為病院受診したところ、内臓に異常はなく、肋間神経痛と診断される。 湿布貼用でしばらく様子見していたらいつの間にか痛みも消える。当時は神経痛と言うのが分からなく、骨が痛い感じがしていた。

女性 30代前半 主婦・主夫



肋間神経痛になってはじめて分かった困りごとやアドバイスをお願いします


早めの受診が大事


肋骨あたりが痛くなったら、取りあえず病院に行くことを薦めます。初めての経験でしたが、最初のころは大した症状ではなく、そのうち治るだろうという安易な気持ちでしたが、一向に改善しないため、不安を感じたのを覚えています。

男性 60代前半 会社員


ずっと痛いわけでは無く、急な痛みを繰り返していたので気になりつつもずっと病院には行っていませんでしたが、もっと早くに病院に行けば良かったと思っています。 生活習慣を見直してから規則的な生活も大切だと実感しました。

女性 20代前半 その他医療従事者


様々な原因があることを知っておきたかった。 医者に行きべき病気だという事も知らず、長期間原因が分からないまま我慢してきたので馬鹿馬鹿しくなった。 体に異変を感じたら、我慢などしないで、医者を頼るべきだと思う。

男性 30代後半 自営業


異変がおきたときは我慢せずに、病院受診をし医師の診断を煽る事が大事だと思う。我慢していたらそのストレスが余計に痛みを強くさせている気がします。神経の問題なら普段からの食生活、なるべくストレスを溜めない生活を心掛けると良いと思う。

女性 30代前半 主婦・主夫


我慢せずに診断を受けるのと、発症した時はなるべく安静にすることです。 特に車の運転や荷物を運んでる時に発症すると動けなくなるので注意が必要です。 温めたりたりして治療していたので、なるべく体を芯から冷やさないというのも大切かもしれません。

男性 40代前半 会社員


我慢せず早めに受診することをオススメします。 ただの筋肉痛だと思っていると、段々痛みが増してくるように思います。 その病気について的確な対応をすることで、自分の生活のレベルがあがりストレスを無くなるので前向きに行動できるようになりました。

女性 20代前半 その他


身体に異常があるときは我慢せず、早めに医療機関を受診し、診断をしてもらうことが大切なことだと思いました。 病名が分かれば安心するし、適切に処置してもらえるので、悪化しにくくなると思う。手遅れにならないように気を付けようと感じました。

男性 60代前半 その他医療従事者


不調に気がついたら早めに病院に行き受診をした方が良いかと思いました。あまり食べることも出来なかったので、アクエリアスやゼリーなどを食べていましたが、食生活の見直しなども大切なことなんだととても実感しました。

女性 20代前半 無職


痛みのもとを間違いやすいので注意


痛い場所が胸なので、重大な病気に感じていたが、心臓や胃などの臓器を検査してもらい、特に異常がなかったので、一安心した。ストレスは上手く解消できていると思ったが、運動を合わせて更なるストレス発散を考えようと思った。

男性 40代前半 会社員


息もできないような痛みがあることや、心臓の病気と勘違いする人がいる事を知りました。低気圧が体調に影響する事を実感しました。日頃から、体を冷やさないようにする事が、大事だと思います。シップも効果があります。

女性 40代後半 会社員


単なる筋肉痛や打ち身だと勘違いせず、 痛んでいる場所をしっかりと特定することが大事だと感じた。 神経痛は冷えから生じることが多いので、普段から体を冷やさないように工夫して生活する必要がある。

男性 30代後半 自営業


心臓や肺の病気なのではないかと、必要以上に不安になってしまいました。当時夜勤続きで睡眠も食生活もガタガタだったので、きちんとした生活を送ることの大切さんを痛感しました。不安だと色々と考え込んでしまい、そのストレスから痛みが頻繁に出てしまうようになったので、早めの受診で精神的な安心も必要たとわかりました。

女性 50代後半 フリーター


ストレスが原因で痛みが起きやすい


肋間神経痛の原因はストレスもあるとのことで、ちょうど激務続きだったため、一日半仕事を休んで正解だったかもしれない。ストレスを溜めない生活というのは、現代では難しいかもしれないが、心身ともにリフレッシュする機会を設けたほうが良いと思う。

女性 40代後半 その他


ストレスが体にきていたことに気付かず、少しの痛みでも痛みが続くようならすぐにでも医者に診療してもらうべきでした。規則正しい生活をするとともに、仕事においてもプライベートにおいてもストレスをためないことが重要だと思った。

男性 20代後半 公務員


痛みの理由がわからず困惑する


原因がわかりませんので、どのような対処をしたらよいのかわかりません、苦しくて息ができなかったことだけ覚えています。予防方法もぜんぜんわからない。起きたらすぐにお医者さんに、かかったほうが良い。薬は良く効きました

男性 30代後半 会社員


肋間神経痛の症状や原因を知りたいと思った。 次回、症状が出たら早めに病院へ行こうと思っている。 失神だけだったので良かったが、もしかしたら死んでいたかも?と思うと怖い。 あの時の症状が本当に肋間神経痛だったかもわからないので、診断してもらうことが大切かと思う。

女性 60代後半 会社員


肋間神経痛の原因はストレスによるものと聞いたことがあるが、その他にもどんな原因があるのか、を、知りたい。原因が特定できないので予防のしようがないところもあるが、痛みだしたら無理をせず安静にしておくのが良いと思う。

女性 30代後半 主婦・主夫


その他


帯状疱疹の後遺症に神経痛を起こすことが、分かった。 肋間神経痛は、我慢していると、ますます動きが悪くなるので、筋肉を緩めってもらって、動かしている方が、早く、良くなると思う。 冷えるとますます悪くなるので、できるだけ、暖かくして、運動後は、ケアをしっかりした法がいい。

女性 50代前半 自営業


特にない。もうかれこれ30年以上この病気と付き合っている。もうこの道のプロと言いたいが対処の使仕様がなく大変困っている。グーグル先生に聞いても埒が明かない。受診しても無駄だと思いここ何十年かは医師にも相談しない

女性 50代前半 会社員


痛み止めは痛みが軽いうちに飲み、痛みを感じることを少なくしてストレスを溜めない決めらた量を一定量しっかり飲む。飲みすぎると肝臓へダメージがあるので胃薬もしっかり飲む。飲む前には副作用を自分でもしっかりとリサーチする。他にも病気の可能性がないかきちんと検査してもらう。

女性 30代後半 主婦・主夫


私の場合は、肋間神経痛が重度ではないため、特に薬や気を付けている事はありませんが、年齢を重ねる度に他の病気も怖いたいめ、規則正しい生活を送りながら運動も取り入れて生活しています。特に私は太りやすい体質なので、カロリーにも気を付けています。

男性 40代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



肋間神経痛でお困りの方に

肋間神経痛に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「肋間神経痛になってはじめて分かった困りごとやアドバイスをお願いします」のような質問に対して、「私の場合は、肋間神経痛が重度ではないため、特に薬や気を付けている事はありませんが、年齢を重ねる度に他の病気も怖いたいめ、規則正しい生活を送りながら運動も取り入れて生活しています。特に私は太りやすい体質なので、カロリーにも気を付けています。 (男性 40代前半 会社員)」

「痛い場所が胸なので、重大な病気に感じていたが、心臓や胃などの臓器を検査してもらい、特に異常がなかったので、一安心した。ストレスは上手く解消できていると思ったが、運動を合わせて更なるストレス発散を考えようと思った。 (男性 40代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

肋間神経痛の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する