あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

肋間神経痛一覧

肋間神経痛の痛みはどんな痛み?胸、背中、みぞおちなど、神経痛の痛みについて具体的に伺いました

掲載日:2018年04月13日

目次
肋間神経痛の痛みはどんな痛み?胸、背中、みぞおちなど、神経痛の痛みについて具体的に伺いました

肋間神経痛、痛みを感じた部位とその症状を教えてください


胸のあたりが痛い


左胸の下の痛みが数週間続き、心臓が悪いと思い循環器を受診しました。特に心臓には異変はなく肋間神経痛との診断でしたが、特に処方薬とかはなく自然治癒との指示を受けました。今現在も時折痛くなるので完治はしていませんが、24時間毎日痛い訳ではないので様子を見ています。

男性 40代前半 会社員


30年以上前の学生時代、胸の谷間の痛みがひどく、呼吸するのも辛い時があり、病院へ行きました。医師から肋間神経痛と診断されました。体の冷えが原因ではないか、と診断されましたが、真の原因はわからず、2か月ほどで自然治癒しました。

女性 50代前半 主婦・主夫


はじめは筋肉痛や打ち身だと思っていたが、 胸付近や脇腹あたりのピリピリとした痛みが数週間続き、 患部がやや腫れているような感覚があったため病院を受診。 そこで肋間神経痛であることが診断された。

男性 30代後半 自営業


学生の頃、体育の時間にバレーボールをしたあとで、突然、胸部に激痛があり、数秒から十数秒の間だったと思う。こわくなって病院に行くと、肋間神経痛だろうということだった。 痛みはそのとき一度だけで再発していない。

男性 60代前半 その他医療従事者


当初はちくちくと胸の痛みがあったが、そのままにしていたところ、次第に痛みが強まり、鈍痛が1週間以上続いたため、病院へ行きました。医師から肋間神経痛と診断され、仕事に行くと強く痛むことを伝えると、仕事からくるストレスが原因だと言われました。

男性 20代後半 公務員


引っ越しをして生活環境がかなり変わり、精神的なストレスになっていた。 机と椅子が無く常に床に直接座る環境になり、小さな低いテーブルを使用していた為、常に前屈みの猫背状態になり、 肩こりが酷くなってきた。 そのうち、下向きの猫背状態になると胸に痛みが走り、そのうち意識が飛びそうな痛みを感じ病院に行った。 レントゲンで異常は無く、肋間神経痛と診断され、痛み止めを処方された。

女性 30代前半 主婦・主夫


左胸の肋骨あたりに連続的な痛みがあり循環器内科を訪れた。狭心症などの生命に関わる重大な疾患の疑いがあり、血液検査と心電図検査が行われたが、結果は肋間神経痛との診断を受けた。 痛みはピンポイントで肋骨の内側に刺すような鋭い痛みだったと記憶している。

男性 50代前半 会社員


月に1度ほど、胸の下あたりに激痛が走る。ひどいときは息をしても痛い。何度か病院に行ったが、「肋間神経痛だろう」という診断で、はっきりした原因がわからず、湿布と鎮痛薬をもらうのみ。 痛みは長くても1週間ほどで、うそのように痛みがなくなるが、忘れた頃にまた痛み始める。

女性 30代後半 主婦・主夫


もう二十年ぐらい前に、突然胸に痛みが走るようになって、しばらくは様子を見ていたのだが、いっこうに良くならないので医療機関の受診を検討した。最初は、心臓かとおもい会社の健保で調べたらなんともなく、整形外科の診察を進められた。整形外科で診察したら肋間神経痛という、想像もしていなかった病名が告げられた事を今も覚えています。効能は覚えてませんが、薬をもらって帰ったのですが、その薬が効いたのかあっというまに改善してよくなりました。

男性 50代前半 会社員


ある日突然唐突に痛みを感じました。不意を突かれる恐怖と、ときには立っていられないほどの激痛から「こんなに痛いなら重大な病気なのでは?」と不安を覚えました。病院にいって診察してもらったところ、肋間神経痛だと診断されました。

女性 40代前半 主婦・主夫


背中の痛み


背中の肋骨のあたりの痛みが強く、一日仕事を休んで横になっていたが治らず、徒歩で病院へ向かっている途中で痛みが胸部肋骨に移った。その旨を伝えると、問診と診察により肋間神経痛との診断。原因は不明だが、加齢の可能性があるとのこと。

女性 40代後半 その他


背中の一点に3秒くらい激痛が走り、それが数時間おきにきたので病院にいきレントゲンや色々な診察をうけました。 結果、他に異常はなく肋間神経痛とのことでした。 原因はわかりません。 短期で収まるとのことなどで、塗り薬や温めたりで様子をみていましたら半月ほどでおさまり、それから数年は症状は出ていません。

男性 40代前半 会社員


背中の激痛で内科に行ったら整形で見てもらうように言われた。総合病院だったのでそのままレントゲンをとって整形で診察をしてもらった。原因は喘息で咳が止まらなかった時に骨にヒビが入ったためという医者の説明。

女性 40代後半 会社員


心臓のあたりの痛み


仕事柄、ストレスと、人間関係から、ある日突然に、心臓の横が痛くなり、病院で見てもらいましたが、心臓ではないと言われて整形外科にいってみました所、肋間神経痛だと言われました。息をするととても痛くなります。とりあえずシップと塗り薬をして、とても痛いときは痛み止めを飲んでいます。

男性 50代前半 その他


突然息がしにくくなり息を吸うときに心臓のあたりが痛み、うまく呼吸ができなくなりました。でも症状は数分から長くても10分ほどで収まったので、すぐには病院へ行きませんでした。でも、繰り返し痛むのと、いつ痛みがくるか前触れがないので不安になり病院へ。そこで肋間神経痛と診断されました。

女性 50代後半 フリーター


肋間の痛み


帯状疱疹を2度経験した後に、肋間に違和感を感じるようになった。 胸郭を広げたり、ゴルフでのスイングをしたときに、ピリッとした症状を繰り返し、経験したので、整形外科にかかると、肋間神経痛と診断された。

女性 50代前半 自営業


肋骨が痛み、風邪で受診した際に医師に聞いてみると、それは肋間神経痛だといわれた。20代のころから特に原因もなく、しょっちゅう肋間神経痛になる。数秒ごとに激痛が走り本当につらい。湿布をしたり、入浴で温めたりといろいろ試しているがなかなか治らず、それどころか、毎回場所を変え、忘れたころに激痛がやってくる。なんとかして直す方法はないものだろうか!?

女性 50代前半 会社員


数十年前のため、よく覚えてはいませんが、肋骨の辺りが痛くなり、しばらくしてから病院に行くと、医師から肋間神経痛と判断されました。処方された薬を飲んだと思いますが、知らぬ間に痛みが消えていたと思います。

男性 60代前半 会社員


肺のあたりの痛み


息を吸っても、はいても痛かったので、何か肺か胸の病気かと思っていた。とりあえず、市販薬で様子を見ていたが、あまりにも痛みが続いたので病院にいったら、内科は問題ないといわれた。整形受診を勧められ受診したら、肋間神経痛だろうといわれた。

女性 40代後半 看護師/准看護師


咳と、ストレスが続いたせいによる筋肉の疲労。 長い期間咳が続き、そのせいで肺付近が痛むようになり病院へ、レントゲンをとっても肺には特に異常は無かったので、咳が続いたせいに夜筋肉の疲労、つまり肋間神経痛だとしんだん。 その後、席は治ったが、夜に痛みがあることがありそれについては原因はストレスだと診断されました。

女性 20代前半 その他


みぞおちの痛み


みぞおち、背中がきりきり痛くなる。ご飯を食べると鈍痛がどの体勢でもカラダに響く。ロキソニンを飲めば1時間で痛みはマァマァ治る。痛みが1週間続いたのでレントゲンを撮った。異常所見は特になし。便は結構溜まっていた。

女性 30代後半 主婦・主夫


みぞおちのあたりのスジと思われるところが痛く、内科で胃薬をもらったが特に改善はなかったのと数年前に心臓の検査で問題がなかったので、整形外科に行ったら、肩こりがひどいので、合わせてストレスと仕事中の姿勢からくるものではないかとのことだった

男性 40代前半 会社員


肋間神経痛になって初めてわかった困り事やアドバイスをお願いします


女性は体を冷やすな、とよく言われましたが、その意味もよくわからず、ファッションを楽しむことを優先していました。その結果かどうかわかりませんが、痛みに苦しみました。先人の言葉はいい加減に聞かず、真摯に受け取ろうと思いました。

女性 50代前半 主婦・主夫


この病気は、突然に痛くなりますので、はじめは内科医に見てもらい、内臓ではない場合は整形外科に行ってみてください。クスリは痛み止めをいただいております。患部にはシップと塗り薬をして、何とか抑えています。

男性 50代前半 その他


肋間神経痛と分かってもなかなか痛みが治まらず、仕事や生活に支障をきたし、このまま痛みが治まらずに死んでしまうのではないかと恐怖と不安に襲われた。 健康が何よりも有難い事だと感じた。 規則正しい生活、仕事を無理しない事、ストレスをためないなど改めて生活を考える機会になった。

女性 30代前半 主婦・主夫


原因がわからず、いきなりズキッとした痛みだったため、心臓の方かと思って内科受診をしてしまった。場所によっては、何科にかかればよいかわからないので困った。大きい病院だと待ち時間も長く、痛みに耐えながら順番を持つことになるのでいやだったが、妥当な診療科にひきついでくれるので、そのへんは良かったと思う。

女性 40代後半 看護師/准看護師


全然何も覚えてません。こんなに長引いて困っている人が多そうな病気という認識さえなかったです。 結構痛みに苦しんだのですが、薬が非常に効いたのか、あっという間に沈静化したので闘病話にもならないです。ただ原因がわからなかったので、二十四時間心電図をとるという検査をやりました。

男性 50代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



肋間神経痛でお困りの方に

肋間神経痛に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「肋間神経痛、痛みを感じた部位とその症状を教えてください」のような質問に対して、「左胸の下の痛みが数週間続き、心臓が悪いと思い循環器を受診しました。特に心臓には異変はなく肋間神経痛との診断でしたが、特に処方薬とかはなく自然治癒との指示を受けました。今現在も時折痛くなるので完治はしていませんが、24時間毎日痛い訳ではないので様子を見ています。 (男性 40代前半 会社員)」

「背中の一点に3秒くらい激痛が走り、それが数時間おきにきたので病院にいきレントゲンや色々な診察をうけました。 結果、他に異常はなく肋間神経痛とのことでした。 原因はわかりません。 短期で収まるとのことなどで、塗り薬や温めたりで様子をみていましたら半月ほどでおさまり、それから数年は症状は出ていません。(男性 40代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

肋間神経痛の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する