あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害一覧

パニック障害になったら、原因のストレスを取り除く。悪化させない為の対処法を経験者にうかがいました

掲載日:2017年11月10日

目次
パニック障害になったら、原因のストレスを取り除く。悪化させない為の対処法を経験者にうかがいました

パニック障害を悪化させない・改善の為に日々気をつけていることはありますか?


ストレスを溜めない


仕事を辞める。わがままになる。不安に効くツボを押す。辛い時は外に出ない。

女性 20代後半 無職


ストレスになることは避けるようにする。無理をせずに体を休めるなど。

女性 30代後半 主婦・主夫


ストレスをためないこと、規則正しい生活と、適度な運動をしていました。ストレッチやヨガも効果的でした

女性 30代後半 その他


仕事を6か月くらい休職したので人間関係や仕事上のストレスからは離れることができた。ゆっくり休息をすることを正していただけだったと思う。

男性 30代後半 自営業


ストレスを取り除く。 鬱になってしまっては、最悪死んでしまうので、とにかくストレスから逃げた

女性 30代前半 会社員


会社を退職して悪環境から離れた。2週間ほどで気分は改善し、笑えるようになった。

女性 50代後半 介護職/ヘルパー


生活習慣の見直しですが、忙しくてストレスの溜まる会社だったので仕事をやめました。 母子家庭で、貧乏になるのは嫌だったので、実家暮らしを送っていましたが、一向に良くならなかったので、実家を出ました。

女性 40代後半 主婦・主夫


派遣会社から紹介された仕事で、まだ契約が残っていたのですが、まずは体の具合をよくするために、仕事を辞めて、通院しながら自宅療養しました。

男性 50代前半 無職


規則正しい生活


規則的な生活をし、睡眠を十分にとり、苦手意識のある場所へ少しづつでもいいので短時間ずつ行ったりして自信をつけた

女性 30代前半 自営業


規則正しい生活。不規則な生活だと精神的に負担になると思ったので。

男性 20代後半 フリーター


規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度に疲れる程度のウォーキング。

女性 40代前半 主婦・主夫


できるだけ規則正しい生活をする。自分の趣味をもち、自分が他人に必要としてもらえていると安心する

女性 40代前半 その他


いつ、パニックになるかと怖い毎日だったので、何も考えずにこの時間はこれをすると決めて規則正しく生活していました。それがいいも悪いもなく、そうするしかなかったと記憶しています。

女性 40代後半 無職

何も出来なかったです。生活は規則正しかったし、母と暮らしていたので食生活も悪くなかったと思います。

女性 50代前半 主婦・主夫


自身のコントロールが出来るように努力する


自律訓練法を友人に教えてもらい、やっていました。少し落ち着けるようになった気がしました。

女性 40代前半 主婦・主夫


自己催眠や 瞑想 自己流でおこなってましたが 余計ひどくなり おかしくなっちゃいました

男性 50代前半 無職


病院からは薬を飲んででもいいのでいろいろなところに出かけて「大丈夫だった」という体験を積んでくるようにということを言われていた。なるべくいろいろなところに出かけている。時々発作の前兆が現れることがあるが、概ね改善の方向に向かっている。

女性 50代前半 主婦・主夫


家の中にいる時に突然パニック発作を起こすこともあったが、一番多いのは電車から降りたあとだったため、大丈夫だと自分に言い聞かせる程度しかできなかったが、効果はみられなかった。

女性 40代後半 自営業


食生活の改善


朝晩白湯を飲んだり、少しでもウォーキングしたり三食食べたり健康にも繋がることに意識が行くようになって実行しましめました

女性 40代前半 主婦・主夫


お酒がきっかけになることが多いと気付いたのでお酒を辞めました。

女性 40代後半 無職


化学調味料などが使われているお菓子やインスタント食品を可能な限り摂取するのをやめた

女性 30代後半 主婦・主夫


鍼灸・カイロプラクティック


カイロプラクティックで、身体の歪みを整えています。骨盤の歪みを整えると調子が良く感じます。

女性 30代後半 その他医療従事者


針・接骨院でのマッサージに少し通ったが改善されたように思わなかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


ジムに通うなど運動不足の解消に努めたが、それによってパニック障害が改善することはなかった。

女性 50代後半 無職


その他(楽器演奏・お風呂など)


仕事を転々としてしまいました、なかなか馴染めずといった生活が続いていました

女性 20代後半 その他医療従事者


毎日欠かさずお風呂に入り、ゆっくりと湯船に浸かるよう心掛けた。1日の終わりをリラックスする時間を設けた。

女性 40代後半 フリーター


予防策は心の安定を極力意識して生活しました。楽器演奏で気を紛らしたりしていました。

女性 60代後半 自営業


病院外で行う改善方法など考えもみなかったしそんな気持ちの余裕すらないので病院以外なにも対処できていない。

女性 50代前半 フリーター


ひとりでは、出かけられなかったので、家内と、いっしょに、はじめは、電車に乗ったり、人混みに言ったりしてます。

男性 50代前半 その他


仕方がなく陸橋を昇ったり川を自分の足で渡らなければならない時意識を違うことに傾ける。そして視線はある一定の場所から目を放さない。時々開き直ってここで命が終わってもいいと考える。そうすると過呼吸になることもなく、冷や汗は出るけれど緩和される。

女性 50代後半 無職


なるべく早く寝るようにして睡眠時間を増やし、仕事の量を減らした。

男性 40代前半 会社経営


この記事を見ている方がよく見ている経験談



パニック障害でお困りの方に

パニック障害と診断されたことのある方々に、パニック障害を悪化させない・改善の為に日々気をつけていることを聞いてみました。
具体的に、「自律訓練法を友人に教えてもらい、やっていました。少し落ち着けるようになった気がしました。 (女性 40代前半 主婦・主夫)」

「朝晩白湯を飲んだり、少しでもウォーキングしたり三食食べたり健康にも繋がることに意識が行くようになって実行しましめました (女性 40代前半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

みんなの体験談
6000件以上の治療体験をあなたの治療に役立ててください

パニック障害の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する