あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

逆流性食道炎一覧

胃に刺激!その食べ物が逆流性食道炎を誘発するかも…逆流性食道炎、控えたい食べ物や飲み物

掲載日:2017年07月27日

目次

逆流性食道炎になって、控えた食べ物や飲み物はありますか?


辛いもの


胃に刺激のあるものは極力控え、お酒類、からいもの、コーヒーなどカフェインの多いものを避けていた。また、暴飲暴食はしないように、夕食後の飲食は控えた。

男性 60代後半 無職


辛いものはなるべく控える、オレンジジュースなどの柑橘系の飲み物を控える

男性 50代前半 自営業


診断から、まず、食事は、ゆっくりかむこと、合わせて刺激があるものは避けることを注意され、特に辛いものは避けるべきである

男性 60代前半 会社員


主に、辛い食べ物や油っこい食べ物や炭酸飲料などは 今でも、控えるようにしています。

女性 20代後半 その他


お酒はなるべく控えていたが、つい飲んでしまうこともあったものの、飲むとあとで胃が痛くなったりするので、お酒は飲まなくなった。

男性 60代前半 会社員


刺激のある辛いものや、コーヒーをやめました。コーヒーをやめた結果症状が軽くなりました

女性 20代後半 無職


刺激物やコーヒー・タバコ・酒などは控えたほうがいいと言われた。それなら死んだ方がマシと話していたら医者が、まあ暴飲暴食は控えた方がいいと言われた。そんあものかと思い、特に食べ物に関して気を使っていない。

男性 40代後半 自営業


これも、最初は意識して、刺激物(からし、とうがらし、わさび、)とかを食べないようにしているのだが、時間がたつと忘れて、もとのもくあみになる、それの繰り返し。

男性 50代後半 その他


刺激物が悪いと言われているが、香辛料や刺激物を控えたが症状が回復しないため現在は気にせず食べている。

男性 60代後半 会社経営


コーヒー


コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインや、アルコール類 また、オイリーなものや、甘みの強いもの

女性 40代後半 主婦・主夫


刺激物のコーヒー、体を冷やすビール、消化の悪いキノコ類、胃にしみる感じがしたトマト。

女性 30代後半 主婦・主夫


刺激物はあまり取り過ぎないようにと言われていたため、コーヒー、辛いものなどの摂取は控えめにした。薬を処方されたこともあり徐々に症状は治まっていった。

女性 50代前半 主婦・主夫


それほど意識しなかったが、コーヒーやアルコールは良くないと思ったので少し控えた。

女性 40代後半 主婦・主夫


特にコーヒーやお酒をなるべくさけるようにしている。他はなし。

男性 20代後半 フリーター


刺激物の無い飲みのもを飲む様に意識しました。控えた飲み物はコーヒーです。

男性 40代前半 会社員


コーヒーは刺激物になると思いなるべく控えた。どうしても飲む時には空腹時を避けた。

女性 50代前半 主婦・主夫


コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインものや、 アルコール類全般 特にアルコールは、しょくどうに悪い

女性 40代後半 主婦・主夫


特に刺激のものは、避けるということで、コーヒーは特にダメということであった。アルコールについて、どの高いものは避けること。

男性 60代前半 会社員


コーヒーをやめました。胃痛を避けるためです。控えた結果胃痛が収まりました。

女性 20代後半 無職


脂っこいもの


コロッケやカツ、天ぷらなどの油っこいものは、食べないようにしています。

男性 50代後半 無職


揚げ物などの脂っこいものや刺激のつよいものは避けるようにした

女性 20代後半 教職員


アルコール


取り敢えずアルコールの類の摂取を減らして暴食も抑え適度の食事に切り替えた。

男性 60代前半 会社員


特にいけない飲み物は、ビールや酒など。あと、コーヒーや紅茶もカフェインで胃をやられます。

男性 40代前半 会社員


冷たいビール、冷たいお茶、カフェインが入っているコーヒー、紅茶をとらないようにしました。

女性 30代後半 主婦・主夫


ビール、ウイスキーなどのお酒類、カフェインの含まれるコーヒー、お茶などは意識して摂取するのを控えた。、

男性 60代後半 無職


お酒は飲み過ぎると次の日の朝にあがってくることが多いのでほどほどにしようとは思っている。

男性 40代後半 自営業


特に意識したものはないが、毎日飲んでいたアルコールを控えるようにした

女性 50代後半 会社員


その時、酒をかなり飲んでいましたので、アルコール類を控えました。

男性 60代後半 無職


炭酸飲料


年齢かもしれませんが、炭酸飲料に弱くなりました。冷たいものはダメだと思ったので、量を減らしています。

男性 50代後半 無職


炭酸飲料やお酒などは、控えるようにしている。 すぐに気分が悪くなるので、やめた。

女性 20代後半 その他


熱いもの・甘い飲み物は避けるなど、その他の意見


もともとお酒などは飲んでいませんでした。甘い飲み物が好きなので少し控えました

女性 20代後半 教職員


特に食べ物で気を付けたことはなかったが、熱いものは避けるようにした。

女性 40代後半 主婦・主夫


胃酸の逆流を促すような食品ななるべく少なくとるように努力している。例えば柑橘系やコーヒーなどの飲料水系など。

男性 20代後半 フリーター


げっぷや、胸焼けがするものの食事による気は使いませんでした。

男性 40代前半 会社員


食事について、医師からは特に注意事項はなかったので意識して食べないものはなかったが胃が重たくて食欲もなかったので消化の良いものを食べるようにしていた。

男性 60代前半 無職


特に、気を付ける食材は無い、気を付けているのは食べ過ぎや飲みすぎである。よく噛んで食事をすることと暴飲暴食はしないことが肝要かと思う。

男性 60代後半 無職


特に控えたものはありませんがよく噛んで食べるようになりました。少し硬いものでもよく噛んで食べればよいようです。

男性 60代前半 無職

最初は意識して、冷たいもの、味の濃いもの、あぶらものをほとんど食べずにおかゆ、ホットミルクばかり飲んでいたが、それも長くわもたず又痛みがくりかえしていた

男性 50代後半 その他


特に意識的食べないように気をつけている食べ物は、青魚。サバ、イワシ、サンマは少量でも胸焼けが起こります。

男性 40代前半 会社員


食材は気にしていないが食事の量を減らし、食べ過ぎない様注意している。

男性 60代後半 会社経営


この記事を見ている方がよく見ている経験談



逆流性食道炎でお困りの方に

逆流性食道炎と診断されたことのある方々に、逆流性食道炎になって、控えた食べ物や飲み物を聞いてみました。
具体的に、「逆流性食道炎になって、控えた食べ物や飲み物はありますか?」のような質問に対して、「主に、辛い食べ物や油っこい食べ物や炭酸飲料などは 今でも、控えるようにしています。 (女性 20代後半 その他)」

「胃酸の逆流を促すような食品ななるべく少なくとるように努力している。例えば柑橘系やコーヒーなどの飲料水系など。 (男性 20代後半 フリーター)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

逆流性食道炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する