あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ノロウイルス一覧

ノロウイルス感染防止対策。ナマモノ摂取の注意・免疫力を上げる、など感染経験者からのアドバイス。

掲載日:2017年09月21日

目次
ノロウイルス感染防止対策。ナマモノ摂取の注意・免疫力を上げる、など感染経験者からのアドバイス。

ノロウイルスの症状を聞いてみました


ある日、急な発熱と腹痛に襲われたため学校を休んだ。同時に下痢の症状があり、発熱と腹痛は次の日に収まったが下痢が数日続いた。下痢の症状が普段の食あたり等に比べて重く、一日に5回以上トイレに行くこともあったため、医者に行ったところ、ノロウイルスと診断された。

男性 20代後半 会社員


家族でノロウイルスに感染し、看病などしていたら数日後に自分もかかってしまった。症状は嘔吐と下痢を繰り返し発熱も少しあった。激しい嘔吐と腹痛の繰り返しで、嘔吐をし過ぎてぐったりしてしまった。病院へ行き、ノロウイルスと診断される。

女性 30代後半 主婦・主夫


職場でノロウイルスの人がいてそこから感染した。腹痛、下痢が続き病院受診しノロウイルスと診断された。食事を取るとトイレに行きたくなり下痢が2~3日続いた。食事を取らなくてもトイレに座ると自然と水様便が出てしまう状況だった。

男性 30代前半 介護職/ヘルパー


とにかく吐き気と下痢です。むかむかして胃液が上がってくるような症状があり病院へ行きました。ノロウィルスと診断されましたが、直接のクスリはなく、胃薬・整腸剤・吐き止めのクスリをもらって2~3日は苦しみました。その間食べ物は食べられず、CMを見ただけでも吐き気がしてきました。かなりのダイエットになりました。

女性 50代前半 フリーター


下腹部の痛みと嘔吐や下痢と微熱が続き家での常備薬飲みましたが改善されなかった為、病院に行き待合室でも辛く診察の結果ノロウィルスと診断された。原因は心当たりは無く不明でした。仕事も余儀なく1週間の休暇を取らされました。

男性 60代前半 その他


夜中に腹痛で目覚め、そこから一時間に一度のペースで吐き続けました。熱も38度以上ありました。嘔吐は後半はグリーンの液体しか出ないほどでした。朝になっても嘔吐と腹痛は治まらず、胃腸科にかかったところ、はっきりと診断したら保険が効かないから「胃腸炎」とだけ診断するが、恐らく間違いなくノロウイルスだろうといわれました。下痢は全くしませんでした、というかむしろ便秘気味でした。症状が完全に治まるまで4日ほどかかりました。

女性 40代後半 会社員


もう10年以上の前のことだが、下痢を発症し、数日変わらず病院に行く。ノロウイルスだろうと診断される。特に治療方法がないので自宅で安静にするしかないとのこと。薬の処方はない。数日たっても変わらなけれが通院するように。その後回復する。

男性 60代前半 会社役員


症状は、激しい腹痛・下痢・激痛と嘔吐・脱水症状。 原因は、子供の飲み会で食べた物らしいが、特定はできず。自分は子供から伝染!救急外来で点滴を受けました。翌日も来院し点滴を受けました。 私と同様に子供も病院で診断と治療を受けました。

男性 60代前半 無職


ノロウイルスになって初めてわかった困りごとやアドバイスをお願いします


早めの受診


今回、ノロウィルスに感染してわかったことは、通常おこる腹痛や吐き気とはまったく違う痛みをともなったので、もしこれからそのような症状が出た場合は、嘔吐したり、下痢をしたりする前に、医者の診察を受けたほうがいいとおもった。今回は旅先だったので、救急病院を探すことからはじめざるえおえなかったので、旅行に行く際には、医療機関を調べておくとよいと思った

男性 60代後半 無職


ノロは、我慢できるような症状ではないので、すぐに病院にいくこと。また、私は下痢を止めたくてセイロガンを飲みました。医師に伝えるとウイルスを体外に出しきらないとダメなのに、セイロガンは飲んだらダメ!と言われました。セイロガンには注意!

女性 20代後半 会社員


体に不調が出た時は、我慢せずにすぐにでも病院に行って診察を受けた方がよい。思わぬうちにかっている可能性もあるし、余計に悪化することもあるから。後、病院の薬は相当良く効くことがわかったので、何かあったらすぐかかった方がいい。

男性 30代後半 会社員


早めの受診がいいとおもいます。我慢していれば治るイメージがあるとおもいますが、状態の緩和になります。かなり楽になり、正しい対処も教えてもらえます。流行り始めたら手洗いは流水でしっかりと、が、我が家の合言葉です。

女性 40代前半 主婦・主夫


「ノロウィルス」になってはじめてわかった困りごとや、知っておきたこと。教訓、これといったアドバイスはなく下痢・嘔吐・発熱などが続いた場合は我慢しないで個人判断で早めに病気へ行くことをおすすめします。これからは「ノロウィルス」にかからないよう気をつけたいと思います。

男性 60代前半 その他


家族感染を予防する


私は一緒に住んでいる配偶者がノロウイルスに感染したのがきっかけで、夫の看病やお世話をしているうちに自分もノロウイルスに感染してしまいました。予防対策をしっかりしてアルコール消毒やマスク、うがいなど、徹底てきに予防しておけば良かったです

女性 40代前半 主婦・主夫


家族間でノロウイルスを家族みんなで手洗いうがいを徹底する。以前おじいちゃんとおばあちゃんにもうつってしまったので、もし家族の誰かが発症してしまったら、おじいちゃんとおばあちゃんには家に来ないように徹底する。感染を最低限の人数にする為にかかってしまった人を一時隔離させる。

女性 30代後半 主婦・主夫


ノロウイルスは家族に感染者がいると、実際のところ避けようがないのが実態であることが認識できました。症状が出れば速やかに医者に診察してもらい、薬をもらうことが必要ですが、薬といっても対処療法的なものしかないので、ゆっくり寝て体力を回復することが肝要と思います。

男性 40代前半 会社員


感染力が凄いので、家族の誰かがかかると全員が移ると思い食料や薬、ごみ袋や雑巾などを用意して準備をしておいたほうが、感染してから具合の悪い中あたふたするよりも、気分的にも楽になると思う。それで移らなかったらそれはそれでよかったと思えるくらい辛いので覚悟が必要。

女性 40代後半 主婦・主夫


飛沫感染をしてしまうことが知らなかったので、後始末をする時は必ずマスクを着用し、直ちに除菌と換気等をして、うつらないようにする。症状が酷かったら、無理をせず、救急車で病気に、行った方が良い。食生活で改善されるなら、もっと伝えた方が、良いと思う。

男性 40代前半 会社員


トイレの確保・水分補給など


下痢がとまらないので水分をしっかり補給することが大切だと感じた。感染力が強いので家族にノロウイルスが移ってしまい大変だった。流行時はマスクや手洗いなどの予防をしっかりするべきだということがわかりました。

男性 30代前半 会社員


外出先で症状が出た場合、トイレ等の確保が困ると思います。私は嘔吐が主な症状だったのですが、経口での水分補給がままならないので、軽い脱水症状をおこしました。こんな場合は重症化する前に、病院で点滴等の適切な処置を受けるべきだと思います。

男性 40代前半 会社員


特にトイレに行きたくなる間隔が狭いので外に出る際などは非常に緊張したりした覚えがある。なるべくなら家にじっとしていて落ち着いた生活をしていたほうが良いと思った。どうしても外に行かなくてはならない場合などは、駅の近くや商店の近くなどでの行動を行った

男性 50代後半 会社員


仕事柄、飲食店なのでお店を大分休みました。トイレの数が大変でした。家族など、ノロウイルスにかかったら、除菌剤とトイレの掃除、手袋、マスクは必ず必要です。うつってしまたったら出来るだけ注意が必要です。

男性 50代前半 自営業


免疫力を上げる


体調が悪いと抵抗力が落ち、免疫がなくなるので、菌におかされ、嘔吐や下痢・腹痛などがおこり大変なことになります。ですので規則正しい生活をおくり、バランスのいい食事をとり、適度な運動を行うのが一番いいと思います。

男性 40代後半 会社員


職場が病院なのでノロウイルスに対する知識は十分にあったが、予防していても自分の体力が低下していると感染してしまうので、体調管理には十分に気を付けていた。感染が疑われる人に接触した場合は必ず手洗い、うがいを行い自分で予防しないといけない

男性 30代前半 介護職/ヘルパー


その他(ナマモノに注意)


気をつけたほうがいいものはとにかくよく火を通してから食べたほうがいいと思いました。 半生も危ないです。 すぐに効く薬などはないので、かかってしまったらとにかく排出するのが良さそうです。 我慢はしないほうがいいです。

女性 20代後半 フリーター


ノロウイルスにかかると通常より重い下痢にかかり、下着を汚してしまう恐れがあるので、着替えの下着を多めに準備しておくべき。また、便意を感じたときは、軽いものであってもなるべく我慢せず、すぐにトイレに行って対処するようにするべき。

男性 20代後半 会社員


ノロウィルスにかかったとしても直接効くクスリはないので、菌が体からでるまでおとなしく待つということを学びました。とにかく食べられないので体力が落ちるので、ポカリスウェットをがぶ飲みしました。寝て過ごしました。いつでもトイレに行けるように外出をひかえました。

女性 50代前半 フリーター


しょっちゅう胃腸炎になっているので、ノロウイルスで特に何か変わったことはありませんが、前よりも手洗いには気をつけるようになっていると思います。他には特にありません。あとは疲れすぎないようにすることくらいでしょうか。

女性 40代後半 会社員


先ず、仕事に行けないこと。オーナーからはほかの社員に移ると会社がつぶれるから出て来るなと冗談とも思えぬ言葉で言われたことを今でも鮮明に覚えている。ちょっと変わったオーナーだった。日常気を付けて生活していきたい。

男性 60代前半 会社役員


大丈夫だと思っていた普段からの食生活の改善や、うがいや手洗いの徹底など、自分で対策ができることはやっておくべきだと思います。また、緊急事態に備えて、食料品などは数日分ストックしておくことも必要だと感じました。

男性 40代前半 フリーター


この記事を見ている方がよく見ている経験談



ノロウイルスでお困りの方に

ノロウイルスに関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「ノロウイルスになって初めてわかった困りごとやアドバイスをお願いします」のような質問に対して、「体に不調が出た時は、我慢せずにすぐにでも病院に行って診察を受けた方がよい。思わぬうちにかっている可能性もあるし、余計に悪化することもあるから。後、病院の薬は相当良く効くことがわかったので、何かあったらすぐかかった方がいい。(男性 30代後半 会社員)」

「体調が悪いと抵抗力が落ち、免疫がなくなるので、菌におかされ、嘔吐や下痢・腹痛などがおこり大変なことになります。ですので規則正しい生活をおくり、バランスのいい食事をとり、適度な運動を行うのが一番いいと思います。(男性 40代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

ノロウイルスの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する