あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

気管支炎一覧

アレルギーなどが原因の気管支炎について、経験者にその症状を聞いてみました

掲載日:2017年05月01日

目次

アレルギーが原因の気管支炎、症状を聞いてみました


主にイエダニによるアレルギー性喘息を14年前に発症。疲れがたまってくると、日中でも喘鳴があり、支障が出る。また、夜間の就寝時に症状がひどく、夜中に呼吸が苦しくなり、何度も目覚める。慢性気管支炎になり、年中、喘息が発症するようになっている。

男性 50代前半 教職員


猫の毛に対してアレルギーがあり、猫のいる空間に30分以上いると、気管支が炎症を起こし、気管支が浮腫を起こす。その結果、徐々にゼイゼイと呼吸が苦しくなり、喘息様発作が起こる。

男性 50代後半 自営業


呼吸が苦しくなり、気道が狭くなったような感覚がする。酸素の取り込みが困難になり、頭痛がする。 砂埃や、強風が吹いているときにおこりやすく、吸入器を使用していた。職場が変わり、室内の勤務になってだいぶ落ち着いた。

女性 40代前半 公務員


気管支炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


オルベスコによる、予防的措置や、サルタノールインヘラー吸入による対処療法を行っている。また、寝室には空気清浄機を置き、アレルゲンをなるべく除去している。

男性 50代前半 教職員


猫を避けることが一番良い。猫がいる空間には立ち寄らないし。また、猫を触ることもない。不幸にして猫に触れたり、暴露された場合は、処方された吸入式の気管支拡張薬を吸入する

男性 50代後半 自営業


症状が出た時にすぐに服用できるよう、かかりつけの病院に定期的に通い、吸入器を常備していた。 職場では、声を出した後など、うがいをこまめに行い、症状が出るのを少なくできるよう、心がけた。

女性 40代前半 公務員


とりあえずハウスダストのアレルギーがあるので、部屋はこまめに掃除をしている。 生活は、規則正しく過ごしていて、夜更かしはほとんどしない。 食事もバランスよく三食きちんと食べる それでも気管支炎になった時は、病院を受診 それでも喘息に

女性 30代後半 主婦・主夫


気管支炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


週に2.3日、ウォーキング、ジョギングをしているが、呼吸器官がやや強化されているように感じるし、ダスモックも改善作用、効果は持続してでていると感じている。食べ物としてはやや流動性のあるゼリーなどは食べやすく、栄養成分が含まれているので継続して購入している。

男性 30代前半 自営業


最も効果があるのは、予防薬の服用である。オルベスコを吸入することで、発作が起きにくくなる。また、アレルゲンを除去することは大変有効である。

男性 50代前半 教職員


症状が出なくなってから、20年近くたつので、薬の名前などは忘れてしまったが、かかりつけ医との連携をとり、症状がおさえられるようにしていけると、日常生活には支障なく過ごせた。

女性 40代前半 公務員


気管支炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


睡眠不足や過労などにより、症状が悪化する。また、ストレスがあると症状が悪化する。常に、疲れやストレスを残さないようにしなければならない。

男性 50代前半 教職員


特に考えたことはない。 仕事柄、どうしても戸外で活動することが多く、吸入器を携帯するぐらいしか対策出来なかったから。

女性 40代前半 公務員


気管支炎にならないよう、日々実践している予防法を聞いてみました


最近では外出時はほぼ必ずマスクを着用している。自分で気がけだしたのもあるが、医師の方の生活に取り入れてほしい事柄として積極的に実践している。

男性 30代前半 自営業


空気清浄機による、寝室のアレルゲン除去。また、喘息の悪化を長引かせないための体調管理が必要である。そうしないと、気管支炎が悪化してしまう。

男性 50代前半 教職員


原因をはっきりさせること。これに尽きる。原因がわかれば、それを避ければ良い。予防法はそれに尽きる。あとは、一般的だが、規則正しい生活をしてストレスを溜めないようにする

男性 50代後半 自営業


現在は、症状が落ち着いており、吸入器を使うこともなくなったが、体調の悪い時に無理して仕事をしないようにしている。

女性 40代前半 公務員


気管支炎でお困りの方にアドバイスを聞いてみました


まずは生活習慣を改めてきちんと見直してみること。正確な医師の診断を定期的に受けること。自分から効果がある、と思ったことは継続して取り入れること。以上のことを生活の中にきちんと取り入れて実践していければ回復効果も見込まれると思います。

男性 30代前半 自営業


気管支が炎症を起こしている状態なので、刺激のある食べ物(辛い物や熱い物)はなるべく避けるようにする。また、ハウスダストを吸い込まないように、空気清浄機などを活用することで、気管支炎をある程度は悪化させずにすむ。

男性 50代前半 教職員


どんな病気でもそうだが、基本的な生活習慣がしっかりできていないと健康でなくなる。食生活はもちろん、睡眠時間や生きがいも大切であると思う。特に、病気になるのは、広い意味でのストレスが一番良くない。致死的なガンのような病気も強烈なストレスに晒された為に、免疫機能が低下して発症すると思う

男性 50代後半 自営業


自分が気管支炎を発症していたのは、20年以上前なので、現在はもっと医療自体が進化していると思われます。 無理をする前に、きちんと病院に行き、信頼できるかかりつけ医を見つけて置くことが望ましいと思います。

女性 40代前半 公務員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



気管支炎でお困りの方に

気管支炎に関しての経験を持つ方々に、ハウスダストやアレルギーについて、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「気管支炎でお困りの方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「気管支が炎症を起こしている状態なので、刺激のある食べ物(辛い物や熱い物)はなるべく避けるようにする。また、ハウスダストを吸い込まないように、空気清浄機などを活用することで、気管支炎をある程度は悪化させずにすむ。 (男性 50代前半 教職員)」

「自分が気管支炎を発症していたのは、20年以上前なので、現在はもっと医療自体が進化していると思われます。 無理をする前に、きちんと病院に行き、信頼できるかかりつけ医を見つけて置くことが望ましいと思います。 (女性 40代前半 公務員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

気管支炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する