あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃潰瘍一覧

その胃の痛みは胃潰瘍。いつもの胃痛と放置するのはやめて!胃潰瘍の痛みや症状を経験者にうかがいました

掲載日:2018年04月13日

目次
その胃の痛みは胃潰瘍。いつもの胃痛と放置するのはやめて!胃潰瘍の痛みや症状を経験者にうかがいました

胃潰瘍の症状・痛みの状態と、その原因について教えてください


ストレス


頭痛や腹痛に加え、鈍器で全身を殴られるような痛みがあり、酷い生理痛と思いました。なので市販薬を使用していましたが治らなかったので内科へ行きました。そこで軽度の胃潰瘍と診断されました。 その後処方箋を使いました。ですが下痢と便秘が治らず、何度も通院しました。 原因は介護、家で聞かされる愚痴、などが原因だと思います。心療内科にも通院していますが、そこでは「必要以上に自分を責めてしまったことが原因では?」と言われました。 「自分をみる」ことの大切さを改めて知りました。

女性 20代後半 その他


最初は胃がなんとなく痛くなって胃腸薬でやり過ごしていたのですが少量ですが血を吐いたので怖くなって病院にいきました。すぐに胃カメラを飲まされストレス性の胃潰瘍と診断されました。ちなみに数個確認されました。

女性 20代後半 フリーター


みぞおちの痛みから始まり食欲が低下して病院に行って検査をしたら 胃潰瘍と診断されました。 痛みが酷くて辛かったです。食事も柔らかくて温かいものしか受け付けませんでした。 原因はストレスからでした

女性 20代後半 その他


連日の残業続きで、疲れとストレスがたまり、朝、起床時、空腹時などに胃に痛みを覚えた。 胃潰瘍と診断され、2週間分の薬を処方され、幸いにも2週間で痛みが消えたため、その後の処置には至らなかった。 症状がある間は、仰向けになっていると痛みがあり、横向きに寝ると痛みが緩和した。

男性 50代後半 公務員


昼食後、胃が強烈に痛み、気分が悪くなり、嘔吐の際、若干の血が混じり、会社の医務室へ行き、すぐに病院受診を勧められる。 原因は、会社での人間関係のストレスであろう。 バリウム検査で胃潰瘍と診断され、入院となる。

男性 40代後半 無職


ストレスからによる胃潰瘍の症状がでて病院へいきました。医師から急性胃腸炎と診断され即日入院。約3か月の入院だった。症状としては吐き気、下腹部の痛みが一週間ほど継続して、日常生活にも支障がでてきて仕事もなかなか手につかず大変な期間1でした。

男性 40代後半 会社員


定期年齢の人間ドックで内視鏡検査をしたところポリープがあり、軽度の胃潰瘍と診断された。なんとなく胃の調子が悪いような気はしていたが、痛みなどの自覚症状はなかった。原因は自分でもよくわからないが、ストレスの可能性があるのではないかと勝手に思っている。

男性 30代後半 公務員


自治会役員を引き受けたが、独裁的な自治会長から受ける激しいストレスで、胃の痛みが日増しに強くなっていった。 最初は軽い痛みだったが、どんどん痛みが強くなり、自治会長に会うとその痛みは最高潮になった。 我慢できないほどの痛みになってきたため、胃腸内科を受診し、経緯と症状を話すと、ストレス性の胃潰瘍だろうとのことで、薬を処方された。

女性 50代前半 主婦・主夫


腹部の痛みが断続的に続いたので、病院に行き、レントゲンを撮ったら胃潰瘍だと判明。薬をもらっい様子を見る事になった。原因は...仕事によるストレスだと思われる。

男性 40代後半 会社役員


卒業間もないころの夏、ストレスが多く心窩部が痛み出しました。上の先生が内視鏡をしてくれて胃潰瘍がわかりました。それまで横柄な先輩は横暴な人が多かったのですがその一件から少し優しくはなりましたが、結局時間がたつと同じでした。

男性 50代後半 医師


18歳頃から胃が痛い状態が続いていたが、若かったので市販の薬飲んでいたが二十歳になり社会人になりストレスも加わって胃に激痛が走る様になり胃腸内科を受診し胃カメラで検査したところ胃潰瘍と十二指腸潰瘍が出来ていた。

男性 30代後半 会社員


盲腸で入院中に、思いの外入院が長引いてしまいストレスがたまり胃炎を発症。 なかなか数値が下がらず痛みが酷くなってきたので胃カメラを飲むことになった。 結果胃潰瘍になっていることがわかった。 胃の痛みと食欲不振、発熱などの症状があり更に入院が長引いてしまうことになった。

女性 20代前半 主婦・主夫


暴飲暴食


脂っこい食事や甘いものを食べ過ぎたせいで、胃に差し込むような痛さを感じ、病院へいきました。 胃カメラを飲んで診察してもらったところ、医師から軽い胃潰瘍と診断され、飲み薬と食事の改善を指摘されました。

男性 40代後半 会社員


外回りの営業をしているときに胃痛が続いて体調不良になり、医者に診てもらったら胃潰瘍と言われた。そのころは営業としての付き合いも多く、特に夜の酒の付き合いは週の半分ほどもあり、体調不良になったと思われる。

男性 50代後半 会社員


ストレスで過食傾向にあり、そのせいで胃が荒れているから胃が痛いと思い、ずっと我慢していましたが、痛みがひどくなり我慢できなくなって病院に行くと、医師から胃潰瘍の可能性があると言われました。詳しい検査をしないとわからないですが、ストレスが原因の場合は胃潰瘍の可能性が高いと言われました

女性 30代後半 その他


暴飲暴食の毎日で胃が疲れていたが祖父の初盆でまた暴飲暴食をしていて咳をしたら出血をしたから病院に急遽行って胃カメラの検査をしたら胃潰瘍と診断されました。一ヶ月胃薬を飲んで様子をみたら治った。それ以降は暴飲暴食をせずに節制した生活をしている。

男性 30代後半 自営業


食生活の悪化


ずっと胃がきりきりと痛むので、病院へ行き、内視鏡検査をしたら、胃潰瘍だとわかった。 空腹時に特に痛みがひどかった。 大学生時代からのことなので、一人暮らしによる食生活の悪化やたばこや酒が原因なのかもしれない。

女性 40代前半 会社員


夜に食べてすぐ寝るという生活をしていたら、胃の一部が今までにない痛み方をしました。一箇所だけがズキズキと痛んで明らか普段の胃痛と違ってました。胃薬を飲んでも2週間ぐらい直らないので医者に行きました。胃潰瘍といわれて癌ではなくて安心したのを覚えています。

男性 30代後半 会社員


毎日夜中までの勤務で食生活、睡眠ともに不規則 仕事に対する責任に対してのストレスや、1人では処理できない量仕事量に対するストレスで胃が痛くなり 数ヶ月放置していると、水分すらもとれない胃痛で病院に行くと胃潰瘍と診断された

女性 20代後半 主婦・主夫


ピロリ菌を検出


主に空腹時に胃がキリキリ締め付けるような感じが続き病院へ行きました。後日、バリウム検査をして検査結果から胃潰瘍と診断されました。その2年後、また同じ症状で病院へ行き、今度は胃カメラをのみました。その診断結果から胃潰瘍と診断されました。そして、胃にピロリ菌がいることもわかりました。

女性 40代前半 主婦・主夫


食事後数時間すると胃が痛くなる症状があり、病院に行くと胃透視の検査を受け、胃潰瘍と診断された。飲み薬(ガスター)を処方され、2週間ほどすると痛みはなくなった。しかし、しばらく(半年ほど)すると再発し、病院へ行って投薬を受けて痛みはなくなった。再発と治癒を年2回ほど繰り返し、これが10年以上続いた。その後、ピロリ菌検査が保険適用になり、検査をすると陽性だった。除菌をした後は、再発することもなくなった。

男性 50代後半 会社員


寝不足・疲れ


寝不足とストレスが重なり、寝不足ではデスクワークだったためブラックのコーヒーを毎日頻繁に飲んでいました。おそらく精神的なストレスと喫煙など、胃に負担がかかる生活からどんどん胃痛がひどくなり、食事をすることも苦痛になったために胃腸科の病院で胃カメラの検査をして、胃潰瘍、逆流性食道炎と診断されました。

女性 20代後半 フリーター


胃の不快感が数日続いたので病院へ行って検査をしたら、胃潰瘍だと言われた。多少の痛みもあったがそれほどでもなく、吐き気などもなかったので、胃潰瘍と知って驚いた。原因は特に思い当たらなかったが、仕事の都合上、生活が時間が不規則になっていたことやストレスが原因ではないかと思われた。

女性 40代後半 介護職/ヘルパー


その他(服用していた薬の影響など)


夜中に急に苦しみだし、あまりの痛さに救急車を呼びました。 診断の結果、血液が1/3流れ出ていました。 普段飲んでいるきつい薬の影響らしいです。 靭帯骨化症という難病指定の病気なので、薬が無いと痛くて 日常生活もおくれません。

男性 50代前半 その他


ずっと胃の調子がわるくて、市販の薬を飲んでいたのに、あまりにも長引くので病院にいった。そこまでの痛みはなかったが、気持ち悪いのと胃が重いのがずっとつづいていた。症状を話した時点で胃潰瘍だねといわれたが、胃カメラをして確かめた。

男性 30代後半 会社員


実は、強い吐き気と胃の痛みがあって最初は産婦人科を受診しました。生理も遅れていたので妊娠かと思い検査しましたが違いました。甲状腺の持病もあったのでそのまま内科を受診。胃カメラで胃潰瘍が見つかりました。

女性 50代前半 主婦・主夫


病院へ行く数ヶ月前から胃部に痛みや吐き気、時々軽度の胃痙攣症状などがありましたが、病院に行く時間がとれず放置していました。 ある日朝から胃に激しい痛みがあり少し動くのも辛いほどでようやく仕事を休み病院で受診しました。 すぐにレントゲンと血液検査をされ、多発性潰瘍と診断されました。

男性 40代後半 会社員


下腹部が痛いことが続き、腹痛や腰痛だと思っていた。日が経つにつれて、食欲がなくなり、水分摂っても虫歯のようなしみるような感覚だった。下腹部が痛いのは、腹痛か生理かと思っていた。で、次第に体がとてもしんどくなりベッドから起き上がれなくなり、親に救急病院へ連れて行ってもらい即入院となった

女性 30代前半 自営業


空腹のはずなのだが、腹が痛いので、食欲があるのかないのか分からない。 弁当のから揚げを食べる。空腹が満たされると、腹の痛みは治った。 締め付けるようなズキズキするような痛み。 それが2,3日続いたのでおかしいなと思い病院へ

男性 30代前半 会社員


胃痛の為に専門のクリニックの医師の先生の診断を受けた際に、検査等によりまして、胃潰瘍の診断を受けるに至りました。現在、専門のクリニックの医師の先生より,処方して戴いた処方薬を服用しております。

女性 20代後半 会社員


中学校時代にしばらく胃が痛い日が続いて、市販の薬を飲んでいたけれども、すごく痛いしなかなか治らないので、病院に行って検査をしたところ、胃潰瘍ですねといわれた。点滴と薬でそのときは何とかなりました。

男性 30代後半 会社員


胃潰瘍になって初めて分かった困りごとやアドバイスを聞いてみました


胃潰瘍が起こるのは、食生活のせいだけじゃない。生活全般を見直さなければいけない。ということを実感した。好きで選んだ仕事だけに、時間に不規則なことだけは仕方が無いと思っていたが、自分で十分気をつけないと体を壊すことが分かった。

女性 40代後半 介護職/ヘルパー


何十年も悩まされてきた病気だったが、医学の進歩で昔では知られていなかったピロリ菌というものが原因になるということが分かり、これの検査を行い除菌をすることで、完治しその後再発することもなくなった。早く専門医に相談し、新しい治療法を試みることも大切だと思った。

男性 50代後半 会社員


私の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因は、ヘリコバクターピロリ菌であり除菌してからは大分調子が良くなった

男性 30代後半 会社員


胃潰瘍は食べものが留まり続けるとなりやすいと思いました。食べた後に横になったりすると危ないと感じてます。食べたら3時間は起きてないとだめだと感じてます。あとはとにかくよく噛んで食べることが大事だと思いました。

男性 30代後半 会社員


自分の母親が胃がんで他界しているので、昔から遺伝するから胃は気を付けてと言われていたので 胃潰瘍からのがんも心配になった。できるだけ健診などはしたほうがいいのかな。と思った。 胃カメラもしんどい思いして飲むことになるし、できるだけストレス発散も心掛けたほうがいいのかもしれない。

女性 40代前半 主婦・主夫


私の場合、胃潰瘍の診断を受ける5年ぐらい前から、朝、歯磨きをした時、うぇ、と嘔吐感が必ずありました。おかしいと思いつつも、痛みが無いため、病院に行く事をしませんでした。おそらく初期の胃潰瘍の状態であったと思われます。早めに受診していればもっと早く、楽に直す事が出来たと思われます。身体に少しの異変を感じたら早めに受診する事が必要だと思います。

男性 50代前半 自営業


自分の場合はピロリ菌が原因のものだった。10年以上胃潰瘍の再発を繰り返し、そのたびに痛みに苦しんできた。が、ピロリ菌の検査をし、除菌治療したことで、その後一切胃痛がなくなった。ピロリ菌が原因の人は早く除菌をしたほうがいいと思う。

女性 40代前半 会社員


特にない。人間ドックに行かなければ胃潰瘍に気づくこともなかっただろうと思う。胃潰瘍と診断された結果、なんとなく胃の調子が悪いような気がしたりして、正直人間ドックなど受けなければよかったと今でも思う。できればもう二度と人間ドックは受けたくない。

男性 30代後半 公務員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



胃潰瘍でお困りの方に

胃潰瘍に関しての経験を持つ方々に、胃潰瘍の症状・痛みの状態・原因と思われることを聞いてみました。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

胃潰瘍の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する