あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

気管支炎一覧

気管支炎、実際に効いた「市販薬」や「食べ物」など、効果のあった対策を経験者に聞きました。

掲載日:2018年04月17日

目次

気管支炎の症状を聞いてみました


具体的な症状としては連続して痰が絡む・せきが毎日継続して出る・むせるなど。診断結果は、気管支炎喘息。原因は主に自分がもつアレルギーと関係していて、ハウスダストやほこり、大気中の空気などが考えられる原因だと言われた。

男性 30代前半 自営業


診断結果はCOPD(閉塞性気管支炎)、原因は喫煙年数が長いことと喫煙本数が多いことが主であると言われている。具体的な症状などはなく、日常生活に支障はない。健康診断の結果精密が必要とされ、検査した結果診断を受けた。

男性 50代前半 公務員


風邪を引いた時に、風邪の症状が治ってもなかなか咳が治まらず、むせるような咳で寝ているときも咳で起きたりオエッとなったりしてつらかった。病院で再度診察してもらったところ、気管支炎ということで放っておくと喘息に発展する可能性もあるということで、水薬を処方してもらい服用した。

女性 20代後半 会社員


気管支炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


自分での工夫としては、PM2.5等、大気中の空気の質がひどく悪い、また、黄砂がひどいなど、乱れているときはマスクを着用する、できるだけ室内で過ごすなどの工夫をしている。市販薬としてはダスモックを購入している。

男性 30代前半 自営業


病院で処方された水薬の服用と、それが効かなくなってからはオルベスコという喘息用の吸入薬を服用。冬の寒い時期は外で冷たい空気を吸うと突発的に咳が出るので、マスクをして外出した。

女性 20代後半 会社員


市販薬のせきどめを飲んだり、喉が乾燥しないように乾燥する季節は毎日加湿器をつけています。家でも喉のためにのど飴をなめたり、寝るときにマスクをつけて寝たりすることもあります。あとは出来るだけタバコを吸わないように意識的にタバコの量を減らしたり、お酒の量も減らしたりしています。

女性 30代前半 無職


気管支炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


市販のせきどめは速効性があるとは思いますが、あまり薬には頼りたくはないので、加湿器を毎日使うようになってからのどの調子が少しづつ良くなっていったような気がします。それと少しでものどに違和感があったら、すぐにのど飴を舐めたりしてるのでそれも効果が出てるのかも知れません。

女性 30代前半 無職


マスクは絶対しました。食べ物は洋なし、黒豆の煮汁、あとは粘膜を補強するためにオクラなどのねばねばを取ってみましたがどれもほとんど効果が変わりませんでした。漢方薬の甘草が一番効果がありました。本当にすぐ良くなりました。副作用もなく処方してくださった先生に感謝です。

女性 20代後半 会社員


病院で処方された抗アレルギー剤と喘息の薬を毎日服用するようになってからは、吸入薬が必要なほど症状がひどくなることはほとんどありません。

男性 30代後半 無職


かんぽ薬のブシ松と葛根湯でつねに体温をあげ 免疫力をたもっています たばこは本来、厳禁ですけどやめられません。

男性 50代後半 会社員


気管支炎に効く食べ物なら蜂蜜いいです。 蜂蜜は、風邪のひき初めや予防などでにもベスト。 昔から風邪に効くとされる大根の蜂蜜漬けや、気管支炎に効く食べ物もいいですね。 意外な食べ物として、パイナップルです。 予防という意味では、これらの食べ物もいいですが、栄養バランスを気にして様々な物を食べるのが予防としてはGOOD。

男性 40代後半 会社員


気管支炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


市販の薬ばかりに頼らないことだと思います。あくまで自然的に治るようにするのが理想だと思います。漢方は効果があるかも知れませんが効き目が遅くて値段も高いので私的にはおすすめしたくないです。私の失敗は、一時期市販薬のせきどめに頼りすぎたところです、耐性がついて効きづらくなりました。

女性 30代前半 無職


のどぬーるスプレーは本当にオススメできません。のどの粘膜が逆に失われるような感じがします。あとは、吸入。下手に吸い込みすぎると苦しくて死にそうになりました。

女性 20代後半 会社員


テレビの健康番組の内容を受け売りでやっていること。これに関した健康食品に手を出すこと。バカなマスコミに踊らされているとしか思えない。

男性 50代前半 公務員


特に失敗したと思うほどのことはしていません。強いて言えば、トローチを舐め過ぎたことやマヌカハニー入りののど飴を食べ過ぎたことです。

女性 40代前半 主婦・主夫


気管支炎にならないよう、日々実践している予防法を聞いてみました

乾燥する季節は毎日のように加湿器をつけています。そして少しでものどに違和感があったらのど飴をなめるようにしています。マスクをいつでもつけれるように常にマスクを常備して使っています。のどをいたわる事が一番大切なのかなと思います。

女性 30代前半 無職


規則正しい生活。食事、睡眠、運動が大事と思う。病原菌に負けないように抵抗力を高めるのが方法と思う。私は、毎日2時間程度のウオーキングを行っている。喉の弱い人はマスクもよい予防法と思う。

男性 50代後半 無職


規則正しい生活。食事、睡眠、運動が大事と思う。病原菌に負けないように抵抗力を高めるのが方法と思う。私は、毎日2時間程度のウォーキングを行っている。喉の弱い人はマスクもよい予防法と思う。

男性 50代後半 無職


気管支炎でお困りの方にアドバイスを聞いてみました


気管支炎に毎日のように困っている人はやはり病院に行ってちゃんと診察してもらって原因を突き止めたほうがいいと思います。たまになる気管支炎の人は生活リズムの乱れやお酒やタバコなどの外的要因が強いと思います。なのでアルコールを控えたり、タバコを控えたりすることが一番大事だとは思います。それと加湿器をつけるのをおすすめします。加湿器がない場合はマスクをつけたり、のど飴をなめてのどを潤したり、なんらかの方法でのどをいたわってあげた方がいいのではないかと思います。

女性 40代前半 無職


インターネットなどで調べた対処法をいろいろ試してみたり、市販薬で対処しようとしても良くなるとは限らないので、アレルギーや気管支炎を得意とする医師の診察を受けて対処するのが結果的に一番簡単で早いのではないかと思います。

男性 30代後半 無職


たばこはやめましょう。お酒もやめましょう。どちらも粘膜を失います。帰ったら水だけでうがいするのではなくイソジンなどのうがい薬を使いましょう。そして部屋の温度を保ちたいのであれば灯油ストーブがオススメ。エアコンだと風だけで乾燥しやすいし良いことありません。後は辛いものものどの潤いが奪われますのでやめましょう。

女性 20代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



気管支炎でお困りの方に

気管支炎に関しての経験を持つ方々に、薬や改善や対策や食べ物について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「気管支炎でお困りの方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「気管支炎に毎日のように困っている人はやはり病院に行ってちゃんと診察してもらって原因を突き止めたほうがいいと思います。たまになる気管支炎の人は生活リズムの乱れやお酒やタバコなどの外的要因が強いと思います。なのでアルコールを控えたり、タバコを控えたりすることが一番大事だとは思います。それと加湿器をつけるのをおすすめします。加湿器がない場合はマスクをつけたり、のど飴をなめてのどを潤したり、なんらかの方法でのどをいたわってあげた方がいいのではないかと思います。 (女性 40代前半 無職)」

「たばこはやめましょう。お酒もやめましょう。どちらも粘膜を失います。帰ったら水だけでうがいするのではなくイソジンなどのうがい薬を使いましょう。そして部屋の温度を保ちたいのであれば灯油ストーブがオススメ。エアコンだと風だけで乾燥しやすいし良いことありません。後は辛いものものどの潤いが奪われますのでやめましょう。(女性 20代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

気管支炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する