あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ一覧

この関節の痛みはリウマチの予備軍!?知ろう、リウマチの症状。経験者から症状についてうかがいました

掲載日:2017年06月21日

目次

リウマチの痛み、症状はどのようなものですか?


関節の痛みがある


30歳ころ足の指の関節が痛み出し、腫れもあった。朝の通勤時にはかなり痛みがあったが会社で仕事をしているうちに痛みが和らぐ感じの毎日が続いた。趣味で渓流釣りをしていたが、その時には支障をきたすほどだったので発症から2年ほど経過していたが近所の整形外科に受診した。そこの血液検査及びレントゲンでリウマチと診断された。

女性 50代後半 主婦・主夫


足裏、指先の痛みが続き、たまたまの痛みかと思い我慢していて湿布等をしていたが改善せず、そのうち手の指等にも痛みが発症し、ひざの痛み等も出てきて、ベッドでの寝起きもきつくなってきたので病院へ行き血液検査の結果、リウマチとの診断。

男性 60代前半 会社員


20代後半から、手首を使うと毎回のように痛くなり、最初は趣味のピアノを弾きすぎて「腱鞘炎」になったのかと思い、半年ピアノを弾かずにいたけど、痛みはとれず、おかしいと思い、近くの整形外科を受診したら、大学病院に行くように薦められて、リウマチ膠原病内科を受診したら、「リウマチ」と言われた。

女性 30代後半 フリーター


急に、体の節々に激痛があり、とても我慢が出来なく取り敢えず町医者へ飛び込みました。 二週間ほど掛かったのですが、症状が変わらす、紹介状をいただいて今度は市民病院へ…。 そこでの診察では、リウマチ性多発筋痛症と診断されて、五年ばかり毎月診察を受けていました。 所が最近になって、私の病気はリウマチ症との診断を受け、とてもショックを受けております。 痛みについては、薬剤投与で和らいでいる状態で、暫くはこの状態が続くと思われますね…。

男性 60代前半 無職


肩が痛くなり、整骨院に通いましたが、改善されず朝布団から起き上がれなく病院に行くと全身リュウマチと診断されました。全身の関節が痛く歩くのもやっとでした。座るときも痛く立つときは、もっと痛みが増して、足も手も切ってくれというぐらい痛みがはしりました。

女性 50代後半 主婦・主夫


足首が痛くなり、引きずって歩いていました。はじめは捻挫かな?と思っていたので(覚えはないけど)整形外科へ行ったらシップをもらい様子を見て下さいと言われました。でも、良くならず悪くなる一方でした。足にかかる布団さえ重たく感じたほどです。 これはおかしいと思い、市民病院の整形外科に行って症状を伝えたら血液検査をしてリウマチかもしれないと言われ2週間様子見をしてもう一度血液検査をしたらリウマチの数値になっていました。原因は、祖父の入院と葬儀などなど。仕事も休めず・・・ストレスが引き金かなーと思います。

女性 40代前半 主婦・主夫


明け方、肩の痛みで目が覚めることが何日か続いた。鎮痛剤を飲むと痛みが取れたが、何年か前にした血液検査で炎症反応があるのでリウマチかもしれない。一度検査をしたほうが良いと言われた。当時は全く自覚症状がなかったためそのままにしていたが、今回整形外科でその話をしたところ確かにリウマチ科もと言われた。後日血液検査の結果を聞きに行ったらリウマチだと診断された。

女性 50代後半 主婦・主夫


顎の関節に痛みがあり、口が開きにくくなり歯科病院に通院 、診断を受けた結果、リウマチではないかと診断された。その後、手の指、足の指にも強張りが見られたため、病院のリウマチ科 で詳細検査をしたところ、間違いなく関節リウマチであると診断された。

男性 40代後半 会社員


手足の指の痛み、そのうち、関節が腫れて、リウマチを疑うも何科に行けばいいのか知識が乏しく、形成外科に行ったら、藪医者だったのか、血液検査もしてもらえずシップで終わり。そのうち、手の指がソーセージのようにパンパンに。痛みもひどく、リウマチ外来に。リウマチと確定。発病の原因は、大きなストレスだと思います。〔離婚、うつ病、知らない土地へ引越し〕

女性 40代前半 会社員


両膝、両肩が急に痛くなり、2~3ヶ月間整形外科に通っても症状が改善せず、リウマチ専門医の整形外科の診断を受けた。レントゲン検査の結果、右手中指の付け根の骨に丸い穴かがあり、リウマチと診断された。リウマチの薬を服用し、現在はリウマチの症状は出ていない。途中で時濃っ号により医院の変更をしたが、症状の改善に医師も不思議に思っている。

男性 60代前半 無職


食器洗いをしていた時に茶碗やお皿を持って洗おうとすると痛みが走り持てなくなった。整形外科には毎週他の症状でリハビリに通っていたので相談する。血液検査の結果と問診でリウマチだろうと診断されました。まだ初期で軽いと言うことで経過を観察しておくだけになった、

女性 50代前半 介護職/ヘルパー


関節の腫れ


少し前から手の人さし指が左右対称で、はれてきたので変だと思い少し怖くなって、医療センターに行って検査してもらったら、初期の関節リウマチと診断された。激痛とかはまだなかったが、足の裏に痛みが少しあった。

女性 50代後半 無職


朝起きた時に両手指の関節が腫れていてこれはおかしいなと近所の内科で受診し、血液検査をしたところリウマチ因子が出たのでその疑いと言われ大学病院へと自分で調べて行くようになった。 原因は自分でもわからず、そのうち仕事での人間関係かなと感じるようになった。

女性 40代後半 無職


仕事終わりで、家に帰ってからずっと足首が腫れていて、一週間たっても腫れが全く引かないので近くの病院にいったら血液検査でリウマチと診断された。その後正確な診断を受けるために大学病院へ行き、検査した結果リウマチと診断された。

男性 40代後半 会社員


出産後1ヶ月ぐらいして、左手親指の付け根が赤く腫れて病院に行ったけど原因がわからず、それから手首・ひざ・肩・顎と色んな所が痛みだし、病院を転々として半年後ぐらいに行った整形外科でリウマチと診断をされた。

女性 40代前半 主婦・主夫


或日右手中指の第2関節が痛く腫れて来たと同時に膝の痛みが増して来た。曲げると痛み歩くのが困難になって来た リウマチ科で検査したところリウマチと診断された。 が原因はわからない多分ストレスが溜まり過ぎて起こったのかもしれない。

男性 60代前半 その他


原因は仕事の極度のストレスと考えられる、手指が腫れ、肩などの激痛、以来病院のお世話になっている。現在はra値も安定していて生活に支障はない。ただ、疲れたりすると手指に違和感がある。一時はステロイド系の注射をしたり治療も大変だったが、今では落ち着いている。

男性 70代前半 無職


仕事が忙しく生活リズムが崩れた際に右手中指の第二関節が腫れだした。しばらくすると左手中指も痛み出しそうしているうちに両手首も腫れ、痛みが強くなった。痛みが出る箇所が典型的であり血液検査でもリウマチ因子が高く確定診断となった

男性 30代後半 会社員


手の指が腫れて痛みが出た。整形外科へ行き、検査したが、リウマチ因子は出なかったが、他の指標で診断された。これ以上書きようがない。足りないというなら、止める。馬鹿気た条件だとは思いませんか。ひどいアンケートです。もうやりたくない。

男性 70代前半 無職


初めは半月板の損傷で入院したのが、きっかけで手術した反対側の足が腫れだし負担がかかっているものだと思っていましたが症状が長く続くため採血した結果、リウマチ因子が血中に含まれていたため大学病院を紹介された。

男性 30代後半 無職


健康診断で発覚


38才のころ会社の健康診断で、血沈効果速度が異常だから精密検査を受けるように指示され、専門機関に受診したところ、当時両手の親指の根元に痛みを感じていたことや皮膚下に脂肪結節が数か所認められること、朝起きたときに手にこわばりを感じることなどから、総合的にリウマチと診断されました。原因としては、母親がやはりリウマチと診断されていたころから遺伝的要因が一つ、それと当時仕事上の悩みがあり、鬱病を発症するほどのストレスを継続的に受けていたこと、などが考えられます。

男性 60代後半 無職


特に気になる症状はなかったが、個人で受けた人間ドックの検査結果で、RA数値の異常値ふが発見されたので、近所の専門医を訪ねたところ、関節リウマチと診断された。

男性 60代前半 無職


人間ドックの検査で病院に行き、血液検査で免疫異常の結果からリウマチと診断された。以前から手の指の関節に違和感を持っていたこともあり専門のリウマチ科を受診した。患部のレントゲンを診て現在は薬を継続している。

男性 50代後半 会社員



身体の痛み(肩、足など)


義母の介護と更年期が重なりストレスがマックスの状態で、ある日突然の肩の痛みで寝返りもできず睡眠も取れずにいた。身内にリウマチ患者がいたので受診したところ、リウマチと診断された。思えば朝時々手指のこわばりもあったように思う。

女性 50代後半 主婦・主夫


原因不明の痛みが足の裏、左右のあらゆる指に出た。 最初は耐えられる痛みだったのでそのままにしていたが2か月くらい経過してから舞朝、寝起きに手が固まるような症状が出始めた。 その頃と同時に痛みが増して病院に行く決断をしたが何科を受診するかわからずインターネットで調べていたら症状的にリウマチではないかと思ったので家から通院できる範囲の病院を探した。 数件、あったので専門医がいるクリニックにて検査をし確定した

男性 50代前半 会社員


足の裏が痛くなりその後、指も痛み、最終的に手の指(関節)が痛み日常生活に支障が出てきたので病院に行きました。 血液検査などの結果から軽度のリウマチと診断されました。 医師からは原因不明とのことでしたが、原因は原発事故の環境汚染、飲食物汚染だと思います。 西日本への移住前は、薬を飲まないと痛みがあったのが、移住後には少しずつ痛むことが収まり一年後には転院した病院で薬を一旦やめてみましょうとのことでそれ以来飲んでいませんが今は全く症状がありません。薬は一生飲まないといけない、リウマチは一生治らないと言われていましたが治ったので。

女性 30代後半 主婦・主夫


身体のこわばり


朝起きたときに手がこわばりました。痛みはありませんが、あらためて血液検査をしたところ、RF値が異常に高く、リウマチと診断されました。原因はわかりませんが、その一つおしては出産したことでで誘発されたようです。

女性 40代前半 主婦・主夫


発熱と手のこわばりが出始めたため、近くの病院で血液検査の結果、膠原病と診断されました。レイノー症状もでてきて、初めは「強皮症」との診断がおりました。それから、2度程、皮膚筋炎などの合併症を患い、ここ数年前から膝が痛み始め、両手首の変形などがあって、「リウマチ」と診断されました。

女性 40代前半 フリーター


その他(むくみ、しびれ、身体が重いなど)


脚のむくみと足裏の傷み、手指のこわばりと関節の傷みが出て病院と医院を数件廻るもいずれも加齢からくる症状と言われ何も処方されなかった。 ネットで調べたらリウマチの症状と似ており、リウマチの専門医を訪ねたところ思った通りリウマチと診断された。 思い当たることはなく家系にもリウマチ患者はいなく原因は不明です。

男性 70代後半 会社員


もう本当に急に、でも心身ともに疲れが蓄積していたのかも知れませんが、ある日起きたら、手先がしびれ、動かすと強い痛みが走りました。料理をするにも包丁で野菜等を切れない程でした。生活に支障をきたらすので、近くの病院に行き、検査の結果は、軽い「関節リウマチ」だと診断されたので、後日、大学病院で再検査をしてもらった結果、やはり「関節リウマチ」だと診断されました。様子を見てみようと云うことで鎮痛剤をもらい、現在は三ヶ月に一度ほど、疲れがたまった時、少し痛くなりますが、その都度、鎮痛剤を1、2度服用すると痛みが止まるといった状態を繰り返しています。

女性 70代前半 無職


幼稚園の時に、関節炎リュウマチになりました 冷やしたらダメだと言われました 柔道をしていて、薄着のせいもあったのか 原因はそれかわかりませんが、リュウマチと 医者に言われました。二十歳になるまでに直らなければ慢性になると告げられました。

男性 30代後半 会社員


朝起きると体が重く鉛が入ってるかのよう、体が動かしづらく、思うように動かない。何をするにも大変だったが、起きて時間が経つにつれて楽になってくる。体中の関節が痛み、特に手の指の関節が痛かった。あちこち内科を回っても原因が分からない。何軒目かの病院で「リューマチですな」と言われた。少し薬を飲んでいたが徐々にやめた。恐らくストレスだと思う。環境が変わったり子育てが大変な時期だったので。

女性 60代前半 主婦・主夫


リウマチになって初めてわかったことやアドバイスなどあれば教えてください


何か変だ、ちょっとおかしいと感じたらすぐに病院へ行き、投薬などで改善しなかったらどんどん別の病院で診てもらった方がいいです。とかく忙しいと自分の事は後回しになってしまいますが、一番大事なのは自分の体と健康であってそれが全てのものの基本だと自覚して貰いたいです。

女性 60代前半 主婦・主夫


リウマチ因子は持っていても発症するかどうかはわからない。私の場合は義母の介護ストレスが非常に強く、少々介護鬱になりかけていたと思う。その時期と更年期が重ならなければ発症しなかったかもしれないと思うが、こればかりは自分の意思ではどうにもならない。すべての健康のためにはリウマチというよりはストレスをなくす、発散するということが大切で、常にそれを意識している。

女性 50代後半 主婦・主夫


リウマチなのかほかの病気なのか判断は難しいし何科を受診すればいいのかもわからない。 リウマチという病名にたどり着いてもリウマチという病気がどんなものなのか最初はまったくわからない。 それは温泉とかの効能にリウマチとか書かれているため多くの人が間違った認識をしているからだと思う

男性 50代前半 会社員


正直、何が正しいかわかりません。リウマチと診断され、当時は生活に痛みで支障が出るほどひどく一生治らないとまで言われまだ30代前半だった自分にはかなりの衝撃とショックでした。確かに当時、症状はあり薬を摂取することは症状悪化防止になっていたかもしれませんが最終的には環境を根本から変えることで自己判断ですが、完治と言える状態になりました。 薬の処方、通院は大事なことですが、一時的な療養などではなく思い切って環境を変えるということで症状改善もできるのではないかと思っています。

女性 30代後半 主婦・主夫


昔は怖い病気だったけれとも、今は早期発見などで治療も出来て、悪化を防げる病気の一つになったことをしり、少し安心しました。完全には治りませんが、寛解ということばがあるようです。先にそれをしっていれば怖がる必要はなかったかと。

女性 40代前半 主婦・主夫


手足が思うように動かない、何をしようにも人の手助けが今は必要な日常になっています。自分でできないことのもどかしさ、今までの健康がこんなにも大切だったんだなあって、つくづく感じました。何か症状が出たら、早めに診察をして貰うのが、いちばんだと思います。

女性 40代前半 フリーター


この記事を見ている方がよく見ている経験談



関節リウマチでお困りの方に

関節リウマチと診断されたことのある方々に、リウマチの痛み、症状を聞いてみました。
具体的に、「足裏、指先の痛みが続き、たまたまの痛みかと思い我慢していて湿布等をしていたが改善せず、そのうち手の指等にも痛みが発症し、ひざの痛み等も出てきて、ベッドでの寝起きもきつくなってきたので病院へ行き血液検査の結果、リウマチとの診断。 (男性 60代前半 会社員)」

「仕事が忙しく生活リズムが崩れた際に右手中指の第二関節が腫れだした。しばらくすると左手中指も痛み出しそうしているうちに両手首も腫れ、痛みが強くなった。痛みが出る箇所が典型的であり血液検査でもリウマチ因子が高く確定診断となった (男性 30代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

関節リウマチの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する