あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

メニエール病一覧

食う、寝る、ストレス発散など、メニエール病の方にそれぞれが行なっている改善法をうかがいました

掲載日:2017年09月25日

目次
食う、寝る、ストレス発散など、メニエール病の方にそれぞれが行なっている改善法をうかがいました

メニエール病改善の為に、日々意識的に行ったことはありますか?


規則正しい生活


三食、きちっと食べて、睡眠不足にならないように、規則正しい生活をして、ストレスを、ためないように、気をつけて生活しました。

女性 50代後半 主婦・主夫


生活リズムを規則正しくし、食事も3食食べ、そして水をよく飲み、バランスよく食べ物を摂取するよう努めた。また運動も適度に行うよう指導を受けたため、積極的に行った。

男性 20代後半 公務員


規則的な生活には努めましたが強い意志ではありませんでした。ただ、1年程度耳掃除は怖くてしませんでした。

男性 50代前半 会社員


発症した頃、とにかく夜遅くまで起きていることが多かったので、なるべく12時までには就寝できるように生活改善をした。 運動不足もあると思い、ウォーキングをするようになった。

女性 40代後半 主婦・主夫


規則正しい生活としてまず睡眠時間を増やした。あと、くよくよ悩まずストレスをためないように心がけた。

女性 50代前半 その他


規則正しい生活をこころがけました。 早寝早起きするように意識しました。

女性 30代前半 主婦・主夫


なるべく規則正しい生活をとるようにしていますが、メニエールの症状はあまり改善されているようには思いません。 特に乗り物酔いや、テレビを観るだけで具合が悪くなったりするので、改善策や予防策をもっと知って実践していきたいと思います。

男性 30代前半 会社役員


ストレスを溜めない


とにかくストレスをためないように努力はしています。が、ストレスのない社会なんてありえないですので、少しでもストレスを減らすようにしています。

女性 50代前半 主婦・主夫


とにかくストレスをためない事。疲労を蓄積させない事。血流を良くするために軽い運動をすること。軽いめまいが来たら、無理をせずにいつもより休むように心掛けること。 軽いめまいのうちに対処すれば、起き上がれないほどひどいめまいになることは減りました。

女性 50代後半 主婦・主夫


なるべく家にいないようにした。 ストレスの原因が家族にあったから。

女性 20代後半 主婦・主夫


ストレスをとにかくためないように言われ、考えすぎないようにしました。

女性 40代前半 フリーター


職場でのストレスを軽減すること、病気のことをあらかじめ相談しておくこと。また、寝起きや立ち上がったときに発作が起こりやすいようなので、急に動かずゆっくり行動するようにしている。

男性 20代後半 フリーター


とにかくストレスを溜めないようにとの指示でしたので、それを心掛けました。

女性 40代後半 主婦・主夫


改善や予防に関する指示は受けた記憶はありません。ストレスを受けないようにと言われただけです。

男性 40代後半 フリーター


睡眠時間の確保


睡眠を決まった時間にとって、食事はしっかり3食とるようにした

女性 20代前半 公務員


早寝早起き、嫌なことを忘れるようにする。夜、ぐっすり眠れた気がする

女性 40代後半 主婦・主夫


夜更かししないで夜は早めに寝ることと、ストレスを溜めないように休みの日は発散するようにしています。運動不足も体に悪いので、少しは歩くようにはしています。

女性 30代前半 フリーター


睡眠と自分を休めるために精神的にも休みたいと思い思い切って仕事をやめた

女性 30代前半 自営業


夜更かしと睡眠不足に気をつけることと、少し汗をかくくらいのウォーキング(有酸素運動)を行ったところ、めまいの回数が減り体調もよくなってきた。

女性 40代後半 主婦・主夫


適度な運動


適度な運動やストレッチなどで体をうごかすことをこころがけるようになった。効果はとくになし。

男性 30代前半 フリーター


運動は、特にメニエール病のためというわけではないが、健康維持のためウォーキングを取り入れ、休日は3時間程度実施しウィークデイは昼休みに30分は街中を歩き回っている。

男性 50代後半 無職


他の病気との兼ね合いもあったので、なるべく沢山歩く、睡眠はちゃんと取る、食事もなるべく規則正しく取るなどの対処をしていました。(仕事を辞めたので、それが一番効果がありましたが)

女性 40代後半 フリーター


その他(整体に行く・疲れを溜めない、など)


定期的に整体へ通っています。耳の不調もバランスからといわれました。

女性 40代後半 会社員


疲れを感じたり、耳閉感が現れた時には無理をせずお風呂にゆっくりと浸かって体を温め耳周辺のリンパやツボをマッサージしている。ストレスをためず連続して睡眠不足にならないように気をつけている。

女性 50代後半 主婦・主夫


まずはお水を常に持ち歩いておくことで、少しでもめまいを起こさせないようにする効果があると聞いたので。

女性 20代前半 会社員


寝る際に、圧迫ソックスを履いて、末端神経にまで、血液の巡りをよくするようにしています。

女性 50代前半 公務員


とにかく立っていると気持ちが悪いのでひたすら横になっていました。

女性 40代前半 主婦・主夫


生活習慣については、多少なりとも不規則な部分はありましたので、なるべく一般的な状態にはしようとはおもいました。

男性 40代後半 会社員


できるだけ疲れをためないように気をつけた。睡眠不足にならないよいに気をつけた。

女性 40代前半 フリーター


かなり出張や残業が多く肉体的に疲労があったので仕事が続けられなくなり退職した。再発はしていない。

女性 50代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



メニエール病でお困りの方に

メニエール病と診断されたことのある方々に、改善の為に、日々意識的に行ったことを聞いてみました。
具体的に、「できるだけ疲れをためないように気をつけた。睡眠不足にならないよいに気をつけた。 (女性 40代前半 フリーター)」

「生活リズムを規則正しくし、食事も3食食べ、そして水をよく飲み、バランスよく食べ物を摂取するよう努めた。また運動も適度に行うよう指導を受けたため、積極的に行った。 (男性 20代後半 公務員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

みんなの体験談
6000件以上の治療体験をあなたの治療に役立ててください

メニエール病の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する