あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

狭心症一覧

突然の胸の痛みや締め付け、狭心症で命を落とす危険性も!危険な狭心症の【症状】を知ってください

掲載日:2018年04月18日

目次

狭心症と診断されるきっかけや症状などを教えてください


胸の痛み


急激に胸が痛み始めたので、病院で診察を受けた際に狭心症のおそれがあると言われ検査した結果、狭心症と診断された。その後、ニトロを持って生活を送っている次第です。いまだに、苦しくなる時があり、その後は薬を使用して暮らしている。

男性 60代前半 主婦・主夫


激痛とか急に下腹部に痛みが来て脂汗が出てこまったというような症状はなかったのですが健康診断で狭心症といわれました。だいぶ前から健康診断では不整脈といわれていたのですがほったらかしにしておいたのが原因ではないかとおもいます。

男性 60代後半 会社員


胸が時々刺すような痛みがあり病院へ行きました。心電図や色々検査をしましたが最終的にカテーテル検査にて狭心症と診断される。血管が痙攣したように時々細くなり痛みが走るようです。バイパスや血管を広げる手術はやらなくて良いとのことです。

男性 60代前半 会社役員


夜中に急に右胸が痛くなり息苦しくなった。その痛み(発作)が何日間か続いたため病院へ行き検査の結果狭心症と診断された。心電図は異常なく造影剤検査も受けていないが、症状から複数の医師が狭心症と思うと言われた。

男性 60代後半 無職


長く歩いていると左胸が痛むので、糖尿病で診てもらっている内科ので病院で診てもらい、24時間心電計検査をした結果。狭心症の疑いがあるので、専門科で診てもらうよう勧められ、専門科で診てもらって結果、狭心症と診断された

男性 70代前半 無職


元々、心臓が悪く胸が痛く苦しい生活をしていました。凄い胸痛で救急車で病院に行き入院して詳しく検査をして貰ったら特発性拡張型心筋症+冠攣縮性狭心症(特発性拡張型心筋症は持病)と診断され10日間入院し退院後は服薬療養をしている。

男性 50代後半 無職


左胸の強い痛みが数分間続きいたが、安静にしていたところ落ち着いたが、翌日病院で診察を受けたところ、心電図に異常はなく、また、血管造影CTで冠動脈にプラークは認められず、攣縮性狭心症の疑いという診断を受けた。

男性 50代後半 会社員


20代後半から、胸やけのような痛みがあり、最初は胸やけだろうと思っていたが、そのうちに締め付けられるような痛みに変わり、脂汗というか冷や汗というか・・・とにかく胸焼けとは違うと思ったので、病院で検査を受け、狭心症と診断された。

女性 50代後半 無職


急な坂を上っていると左胸に痛みを感じたので病院に行き検査を受けた。 数値上は以上は認められなかったが、再び同じような症状がでたらこれを飲み、痛みがなくなるようだったら、直ちに来院するようにと、ニトロを渡された。 数日後、まーまた左胸に痛みがあったので、ニトロを飲んだところ痛みは消えた。直ちに病院に行き、心臓を撮影したところ、一部狭い箇所が認められたため、即入院、翌日施術となった。

男性 60代後半 無職


胸が苦しい・息苦しい


すべての症状があてはまるかはわかりませんが、体調がすぐれずにいたところ、さらに息苦しさがまして一週間安静にしていましたが良くならずさらに吐き気も伴ったため病院に受診。もともと不整脈等あり狭心症の疑いがあると診断を受けました。

女性 40代後半 主婦・主夫


通勤途中に苦しくなり、しばらく立ち止まると楽になったが、翌日も同じ場所で同じ症状がでたため、病院に行った。病院で心電図等を取ったところ、不安定狭心症と診断され、即入院となった。原因についてはわからない。

男性 50代前半 会社員


仕事中をしていたら、急に息ができなくなったので病院にいって、病院でレントゲンをとって、医師にタバコを吸っていたり、ご飯を食べたりたべれなっかたり、睡眠を十分にとっていなかったりなどの不規則な生活の話をしたところ、その時の担当医師からそのように診断されました。

男性 30代後半 会社員


ふつうに歩いていると急に胸が苦しくなり立ち止まらなければならないくらいになった。 掛かりつけの病院に行って症状を伝えるとたぶん狭心症だろうと診断され総合病院を紹介された。 カテーテル検査の結果はやはり狭心症と診断され後日ステント手術をおこなった。

男性 60代前半 会社役員


急に心臓が苦しくなって近所の交番にいく。痛みに波があるがお巡りさんと相談して救急車を呼ぶ。病院で自然に治ったが、後日の検査で狭心症と診断された。現在はカテーテル手術でステントを数個胸に入れてる。現在はまだ経過観察通院中。

男性 50代前半 無職


朝の4時頃に息苦しくて目が覚めた。 だんだん、息ができなくなってきて、これはおかしいと夫を起こした。 夫はてんぱってしまい、119番できず、自分で声もでない状態で 119番し救急車で病院へ。目がさめると、家族全員来ていた。 お医者さんから、半分くらいは救急車の中でなくなると言われた。 心筋梗塞になっていた。管連縮性狭心症と診断された。 ニトロが効いたみたいで、それまでは、息ができず、吐き気もあり苦しかった。

女性 60代前半 介護職/ヘルパー


車の運転中に、胸が急に苦しくなって、しばらく停車して、その後少し良くなって帰宅、夜も遅かったので、その日はそのまま就寝。翌朝一番に病院に行ったら、緊急の入院となり、車いすに乗せられて、集中治療室に入り、2日間点滴を受け、3日後に、カテーテル手術を受けた。原因については医者も不明とのことだが、コレステロール値が高かったので、食生活の改善をすすめられた。

男性 60代後半 その他


夜中2時頃、急に胸が苦しくなり、冷汗が出て手足も冷たくなりました。夫は心筋梗塞の経験有りニトロをもっていたので服用したが、胸の痛みも加わり薬の効果無く、救急車をお願いしました。狭心症と言われました。発作はしばらくして落ち着き帰宅して良いが朝になって大きな病院へ行くように言われました。大学病院で検査して頂き、コレステロール値が高い事と、ストレスからの発作だと言われました。当時、家族で3人の病人が出たので、体力の限界も感じとても疲れていた事も原因の一つでした。その後投薬を継続中です。

女性 70代後半 主婦・主夫


胸を締め付けられる感覚


仕事中、歩いているときに前胸部に締め付けられる感じがし、不整脈を自覚した。しゃがみこんで安静にしたが症状がおさまらなかった。循環器内科を受診をしたら大学病院に転送され入院した。心臓カテーテル検査、心臓のCTスキャンなどの検査を受けた。CCUで24時間、モニタリングとビデオで監視された。

女性 50代後半 看護師/准看護師


若い頃から急に胸元が締め付けられて苦しくなることがあり、昔は食道炎かと思っていましたが、あまりに頻繁に起こるので健康診断の結果を持って近所のクリニックに相談に行った所、もしかしたら狭心症かもしれないと言われ精密検査をした所、不整脈があり多分狭心症のけがあると診断されました。

男性 50代前半 会社員


胸を締めつられるような痛みが出て、しばらく治るか安静にしていたが、痛みが治まらなかったので救急車を呼んで救急病院に連れて行ってもらった。CTを撮ってもらったときは違う病名がついたが、後日同じ症状にならもらっていたニトロを服用したところ治ったので、病院でその事を言うと、冠攣縮性狭心症と診断された。

女性 40代後半 その他


胸が締め付けられるような感覚が度々あり、食後に横になると、誰かが胸の上に乗っかっているような胸苦しさを感じるようになった。糖尿病暦も長く動脈硬化も有り、脳梗塞も患っていたので、循環器科を受信したところCT検査の結果、狭心症と診断された。

男性 50代後半 無職


健康診断で発見


職場の健康診断で発見、精密検査の結果の診断。原因は不明。後天性の物。考えられるのは、仕事が激務で有り睡眠時間も無く勤務していたのが原因と考えられる。休日は無く、平均睡眠時間2~3時間で有り、一日置きに徹夜等で仕事をしていました。

男性 60代前半 会社員


たまたま申し込んでいた人間ドックの検査結果で狭心症の疑いがあると告げられた。精密検査を受けた方が良いとの事で大きな総合病院で詳しく検査をしてもらった。結果やはり軽度ではあるが狭心症だと診断された。幼少期から疲れやすく貧血はあったが特に自覚症状はなかった。恐らく父親が狭心症だったので遺伝したのかなと思う。

女性 40代後半 フリーター


狭心症、注意点やアドバイスなどがあれば教えてください


仕事人間で体を壊し、仕事の虫で世の中の動きも判らず、世間の話題や流行の歌など知らないで生活して、今思えばネガティブな生き方をしていたと思う。趣味もなく、仕事を極めたかと言うと何も判らず馬鹿な生き方をしたと思う。

男性 60代前半 会社員


普通に生活していく中で「あれもダメこれもダメ、これにも気を付けないと」など、いちいち生活習慣などの制限が多い。それらが新たなストレスを生みそうだった・・・経験から思うに何事にも余りこだわらずに程々に常にリラックスしている状態が一番良いと思う。

女性 40代後半 フリーター


原因がわからないこと、対応策が血管拡張の薬を使用するだけ、またそれで症状が治まらない場合は心筋梗塞に移行するという不安感が強かった。平常時の受診ではどうにも対処されるものではないので活動が控えめになってしまった。これは筋力低下、体重増加につながったので、生活活動量は変えないほうが良い。

女性 50代後半 看護師/准看護師


寝ている時に急に胸が締め付けられるような痛みにおそわれるのは非常に困ります。近くに薬が置いてある時は良いですが、無い場合は薬をさがして七転八倒しています。又、何時痛みがでるか予想がつかないのも非常に困ります。

男性 50代前半 会社員


祖母も狭心症だったので、胸の痛みが良く分かった。救急車を呼ぶことをためらわずに、呼ぶ早めに対処した方がいいと思う。いつ発作が出るかわからないから、ふあんになる。ストレスを溜めずに、健康的な生活をするように努力します

女性 40代後半 その他


この記事を見ている方がよく見ている経験談



狭心症でお困りの方に

狭心症と診断されたことのある方々に、狭心症と診断されるきっかけや症状などを聞いてみました。
具体的に、「祖母も狭心症だったので、胸の痛みが良く分かった。救急車を呼ぶことをためらわずに、呼ぶ早めに対処した方がいいと思う。いつ発作が出るかわからないから、ふあんになる。ストレスを溜めずに、健康的な生活をするように努力します (女性 40代後半 その他)」

「普通に生活していく中で「あれもダメこれもダメ、これにも気を付けないと」など、いちいち生活習慣などの制限が多い。それらが新たなストレスを生みそうだった・・・経験から思うに何事にも余りこだわらずに程々に常にリラックスしている状態が一番良いと思う。 (女性 40代後半 フリーター)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

狭心症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する