あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん一覧

膀胱がんの改善・予防のためにみんなが日々取り入れていること

掲載日:2017年08月21日

目次
膀胱がんの改善・予防のためにみんなが日々取り入れていること

膀胱がんになって、予防・改善のために日々取り入れていることは何ですか?


運動をする


医師の改善指導以外は特に予防策は講じていない。但、体調維持の為に軽い運動(ウオーキング、ゴルフ)を欠かさないよう努めている。

男性 60代後半 無職


ウォーキングで毎日、10000歩くようにしている。エレベーターも使わずできるだけ階段を使うようにした。

男性 50代前半 会社員


何もしていない。医者からの指導も特にはなかった。が、願掛けで寺社仏閣巡りはして1回/2週のペースで1回4時間程歩き回った。

男性 50代後半 会社員


何も強い意識はなく、自然体。適度の運動には気を使っている。食事時には野菜は多くとっている。

男性 70代後半 無職


通勤時は出来るだけバスに乗らず、一日約一万五千歩歩くようにしている。

男性 50代後半 会社員


食生活の改善


野菜をたくさん食べるようにして、なるべく運動するように心がけています。 運動といっても軽いウォーキングぐらいですが。 後、好き嫌いをなくしたいのですが魚介類が苦手なのは困りものです

女性 50代前半 主婦・主夫


最近、境界型糖尿病と診断され、間食を止め、毎日朝食後、森林浴を含め、2時間程度散歩をしている。

男性 70代前半 無職


食生活では、魚を今まであまり食べなかったので、夕食には食べるようにした、運動も体力をつけるため硬式テニスを行うようにした。

男性 60代後半 公務員


病気の改善・予防策は ①三食は必ず摂る ②食事は野菜等・魚等を多く摂る ③腹八分目にするようにする ④自分の出来る範囲での運動をする(掃除等含む) 行った結果、以前より体が軽くなって動きが軽快になった。

男性 60代前半 その他


とくに変わったことはしていないが、飲酒量は減り、晩ごはん(5時30分)以降はなにも口にしていない。

男性 70代前半 フリーター


禁煙をする


とくにタバコ以外は以前の生活と同じです。ストレスになるような環境にはならないようにしています。

男性 60代後半 会社員


タバコが、この病気の要因の一つとして、考えられているのが常識であり、たばこをやめるように努力したが、やめるのに数か月かかりました。

男性 50代前半 会社員


医師から、40年間の喫煙が原因ではないか、と指摘されたが、既に10年前から禁煙していたので、特に改善したものは無い。

男性 70代前半 無職


その他


特に普段の生活には支障が有りませんでしたので、通常道理の生活をして仕事も普段道理に勤務していました。

男性 60代後半 その他


とくに食事管理の指導はされていないが、尿意を感じたら我慢しないでトイレに行く、定期的な検査を受けるぐらいしか言われていない。

女性 40代前半 会社員


病院での治療が全てです。民間療法など百害あって一利なしです。

男性 50代後半 会社員


睡眠をよくとり、体に十分な休養を与える。脂っこいものを控える、塩分の摂取を控える等しかしていない。

男性 60代後半 自営業


「森でリラックス・森点」:森の環境が、NK細胞を活性化させ、免疫力を上げることは、科学的にも証明されてる。森の中のハイキングも良いが、私は「森点(もりだて)」を提案している。緑の森の中で、緑のお茶を、緑の釉薬の器・織部焼抹茶碗で一服する、正に、緑尽くしの茶の湯である。森林セラピー+抹茶のカテキン効果の合わせ技、になっているのではないかと考えている。おかげで6年間、再発することなく過ごせていると思う。

男性 60代後半 自営業


この記事を見ている方がよく見ている経験談



膀胱がんでお困りの方に

膀胱がんと診断されたことのある方々に、予防・改善のために日々取り入れていることを聞いてみました。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

膀胱がんの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する