あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

拒食症一覧

自己否定しない、自分にやさしく。拒食症になったことのある方々に、それぞれの改善方法をきいてみました

掲載日:2017年11月30日

目次
自己否定しない、自分にやさしく。拒食症になったことのある方々に、それぞれの改善方法をきいてみました

拒食症を改善するために行ったことを教えてください


運動をする


毎日散歩やストレッチなどで身体の代謝を上げること。極力6時間は寝るように心がけている

女性 30代後半 会社員


ウォーキング ランニング サイクリング スイミング ボルタリング スケーティング

男性 50代前半 無職


なかなか外に出れなっかったが、家の近所を散歩するなどの運動をするようにしていた。

男性 40代前半 無職


腹筋を毎日して、筋力だけは衰えないように努力しました。ウォーキングは1日30分くらいしていました。細い自覚がないため、運動をしないと太ってしまうと恐怖を感じたからです。

女性 40代前半 主婦・主夫


筋トレは欠かさずやってた。 食べ過ぎの時でも拒食の時でも変わらず腹筋背筋スクワットなどトータルで1万回近く動いてた。

女性 20代後半 主婦・主夫


食べ方を工夫する


拒食症だけでなく、他にも病気を抱えている事もありますが、油の多いものは極力避け、野菜や大豆製品を多く取り入れる食事にしています。

女性 30代前半 主婦・主夫


肉類を食べず、野菜中心の食生活 少しづつを5回以上に分けて食べる 匂いの強いものを控える スープなどそしゃくしないで食べられるものから始める

女性 40代前半 主婦・主夫


満腹になるまで食べてしまうと罪悪感を感じてまた食べなくなるので腹八分目までしか食べないようにしていた。あとは水分をたくさん摂って、適度な運動をして、拒食症を克服した人たちのブログを読んだりもしていた。

女性 20代前半 無職


痩せすぎの認識が出来てからは、急に食べる気持ちになったので、食べ出すと止まらなくなり、常に食べていて、食欲のコントロールが出来ない状態になりました。それを直すには、自分の食べ過ぎを認識し、普通に食べようとしました。普通にすることを意識することで、良くなりました。

女性 50代前半 主婦・主夫


少しずつ食べる量を増やした事、少しずつ動いて家事などをこなすようにした事。疲れた時は休む事。少しずつ無理をしないで元の自分に戻れるように頑張った。

女性 40代前半 フリーター


食生活をカロリーメイト等栄養食品ではなくカロリー計算はするが自ら調理した食事に変えた。

女性 40代前半 無職


ストレスを溜めない


極力ストレスをためないように努力していました。あと無理してまで食べないようにあえてしていました。

女性 20代後半 その他


大学受験のストレスからだったようなので、勉強を一切するなと言われたが、身に覚えはなかったので隠れて勉強しました。

女性 40代前半 主婦・主夫


病気の改善には自己否定をしない、食以外に興味を向けることが大事だと思いますが、なかなか難しい。自分にやさしくなれないと拒食症は治らない。

女性 40代後半 栄養管理士/栄養士


ストレスを感じると拒食傾向が強まるようなところがあったので、とにかく良く寝るようにした。

男性 30代後半 自営業


とにかく休息第一、そして自分にとってしたくない事、会いたくない人とは接触しないようにしました。自分を責めないことも大切だと思います

女性 60代前半 その他


生活習慣の見直し


生活習慣の見直しと、他に夢中になれる趣味をみつけることです。食べることから頭をはずすようにしました。

女性 30代前半 主婦・主夫


生活習慣を見直し、規則正しい時間に寝て起きるよう心がけた。お腹が減らなくてもじかんがくたら食卓に向かうようにした。

女性 30代前半 会社員


規則正しく生活をし、三食を和食で心がけて、睡眠をしっかり取ること。水分摂取も多めにすること。

女性 20代後半 主婦・主夫


その他(改善策がない、カウンセリングを受ける、など)


初期に強かった憂鬱の原因に対しのカウンセリングと家族での食事法などの説明を受けました。

女性 20代後半 主婦・主夫


三食摂取するようにし、毎日食べたものや飲んだものを具体的に記録しました。

女性 30代後半 主婦・主夫


生活習慣は、仕事上夜の仕事だったので変えることはできませんでした。

女性 40代後半 主婦・主夫


自分の体を認識し始めてから、徐々に今まで好きだったものを食べるようなりました。

女性 50代前半 その他


彼氏とのデートの際には食事を食べて元気な様子を見せるようにしたが、結局平日はチューイングの日々だった。

女性 40代後半 無職


特にはない。何をしたらいいのかわからなかったし、そもそも母親が理解がない人だったので「入院しなければ死にますよ」と母が医者から言われたものの「自分で治すので放っておいてください」と言われた時には何も期待しなくなった。

女性 30代前半 フリーター


特にありません。流れに身を任せていました。体調が悪くなれば病院に通っていました。

男性 30代後半 会社員


少しでも体重が増えると気にしてしまうので体重計に乗るのをやめました。一番大きなきっかけは結婚で、今の主人がもっと太ってもいいんだよ、太っても嫌いにならないよと言ってくれたので。

女性 30代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



拒食症でお困りの方に

拒食症改善。「自己否定をしない」「食べ方の工夫」など、その方にあった改善策があります。その詳細をうかがいました

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

拒食症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する