あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

過食症一覧

過食の時に極力控えた食べ物や飲み物は?過食症の経験者にうかがいました

掲載日:2017年06月08日

目次

過食症のときに極力控えた食べ物を教えてください


お菓子、スナック類

家に買い置きのお菓子を置かないようにした。 買い物はその日に食べるものだけにし、できるだけ余分な食糧を置かないようにした。

女性 40代後半 フリーター


スイーツ、お菓子、過食スイッチが入る食べモノは極力食べないようにしています。

女性 30代後半 主婦・主夫


できるだけ、お菓子や味の濃いものを避けるように努力してますが、少ししか改善されません。

女性 40代前半 その他医療従事者


わたくしが過食症を食生活から改善するために、意識してたべないようにしたものと致しましては、過食に繋がるような、スナック等のお菓子類などがあります。

女性 20代後半 会社員


過食に繋がるスナック菓子やチョコレートや糖質が高いお菓子など

女性 20代後半 会社員


袋菓子や菓子パンやカップラーメンなどのインスタント商品は買わないようにしました。

女性 20代後半 主婦・主夫


炭水化物


炭水化物は美味しい上に中毒性が高く大量に食べてしまいやすいので出来る限り控えるようにしている

男性 20代後半 無職


炭水化物を食べないようにすると過食に繋がらない気がしています。特に白米を食べると一気に食べたいという衝動が出て過食してしまいます。

女性 30代後半 フリーター


お米や麺などの炭水化物は食べませんでした。というか、食べ物を食べるのが怖くなってました。食べたら吐かないといけないと言う強迫観念にとらわれていました。食べたら太るから吐かないといけない。でもおもいっきり食べたい。そして吐きたい。吐くと辛いけど達成感があってテンションがあがる。でもきつい。の悪循環でした。

女性 20代後半 主婦・主夫


一時治まった時期は、特に意識してないですが、炭水化物、揚げ物など糖質が高いもの

女性 20代後半 主婦・主夫


アルコール


ビールなどのアルコールは控えるようにした。糖分を含む甘い飲料などは飲まないようにした。

女性 40代後半 フリーター


アルコール、100パーセントフルーツでできている以外の甘いジュース

女性 20代後半 主婦・主夫


アルコール・とくにビール。食べ過ぎたと気楽にはけるので やめた。

女性 40代後半 主婦・主夫


中性脂肪の原因にもなるビールや好んで甘いジュースと割って飲んでいた焼酎など、アルコール全般を控えてました。

女性 20代後半 主婦・主夫


アルコールは主治医から止められていたので摂取しないようにしました。

女性 30代後半 主婦・主夫


アルコールを控えめにした。また、甘い飲み物をほどほどにした。いずれも、量を減らした。

男性 40代前半 フリーター


糖分の高い飲み物


飲んでも飲んでも喉がすぐに乾く上に中毒性の高い糖質が多いジュース等を控えるようにした。

男性 20代後半 無職

コーラ、ファンタなどの有糖の炭酸飲料とゼロキロカロリーの炭酸飲料を控えるようにしました。有糖は糖分もカロリーも摂りすぎになるし、ゼロキロカロリーは人工甘味料は逆に太りやすい体になると聞いたことがあるからです。

女性 30代後半 フリーター


ジュースや、砂糖が多く入っているコーヒー飲料、コーヒーショップの甘い飲み物

女性 20代後半 主婦・主夫


コーラを飲むのを控えました。コーラは特別、止まらなくなるからです。

女性 30代前半 主婦・主夫


バナナジュース。甘くて過食スイッチが入りやすいので飲まないようにしています。

女性 30代後半 主婦・主夫


コーラやコーヒーなどものすごく大好きなものを控えるようにしました。

男性 30代前半 会社員


甘いだけのジュースは、菓子パンと同様に控えています。甘い飲み物は、飲んでも喉が乾いて満たされないばかりか、過食したい気持ちが強くなります。

女性 40代前半 主婦・主夫


食べる量だけでもカロリーが多いので、ジュース、炭酸など、味がついてカロリーの高いものは飲まないようにしました。

女性 30代後半 その他


水やお茶以外の飲み物(ジュースなど)も過食を誘発してしまうため、それらは飲まずに過ごした。

女性 20代前半 学生


ジュースとスポーツ飲料。カロリーも高く塩分糖分も多いので。 アルコール類では缶チューハイ。

女性 40代後半 主婦・主夫


特にないが、糖分の入っているものや、体が冷えるような冷たい飲み物は飲んでいない。

女性 30代後半 主婦・主夫


特に制限しない


治したくないわけではないですが、意思が弱いので、好きなものは食べてしまいます。

女性 30代後半 自営業


好きなものは少しずつ食べることにした。完全にストップすると、かえってストレスがたまり、過食の症状が悪化するため。

男性 40代前半 フリーター


特になし。 出来るだけ、栄養が偏らない食事を心がけている。

女性 30代後半 主婦・主夫


特になし。制限を設けるとそれ以上に食べたくなるので、食べたいものを食べていた。

女性 30代前半 無職


とくに控えたものはないです。特定のものはなくなんでも食べていました。

女性 30代前半 主婦・主夫


特に食べるものに関して気をつけていません。理由は、食べたいものを食べないとストレスでまた大量に食べてしまうからです。

女性 30代後半 主婦・主夫


特になし。とりあえず食べたいものを食べたいだけ食べていました。

女性 20代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



過食症でお困りの方に

過食症になったことのある方々に、過食症のときに極力控えた食べ物を聞いてみました。
具体的に、「特になし。制限を設けるとそれ以上に食べたくなるので、食べたいものを食べていた。 (女性 30代前半 無職)」

「バナナジュース。甘くて過食スイッチが入りやすいので飲まないようにしています。 (女性 30代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

過食症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する