あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

気管支炎一覧

喘息を伴う気管支炎の皆様に、効果的な改善法などを聞きました、

掲載日:2017年05月01日

目次

喘息を伴う気管支炎の症状を聞いてみました


咳が止まらないので検査してもらったら気管支喘息の診断が下った。もう、かれこれ10年近くくなる。パルミコートを処方してもらい、原則一日に1回、朝、出かける前に一回、吸っている。風邪の症状が出て、咳がひどくなる時には、2吸入する時もある。

男性 60代前半 会社員


喘息がひどい。寝ていても起きていても咳が止まらない。非常に辛くて苦しい。気管支炎と診断されたが、なかなか治らない。薬を飲んでも一時的な効果に過ぎなくて困っている。原因は気管支が何らかの理由で炎症を起こしていると言われた。対策もなくて、非常に困っている。

男性 40代後半 無職


子供の頃に小児喘息と診断されました。成人後は他人のタバコの煙で 胸が苦しくなり、呼吸がしにくい症状がひどくなりました。 喘息の原因はダニ、ハウスダストです。 30歳頃からは、特にタバコの煙、野焼きの煙、ハウスダストに反応します。 胸が痛くなり、呼吸が苦しく、痰が絡む症状が続きます。 対処は効き目がある漢方薬主体の薬を服用するだけです。

男性 50代前半 その他


風邪をこじらせて、セキや痰がよく出て、夜中にせき込み、ねむれないような症状がでたので、呼吸器内科に受診した。 レントゲンや血液検査等の結果、気管支喘息であり、ハウスダストのアレルギーが関連していることが分かった。テオドールとメプチンエアーを処方された。

男性 50代後半 公務員


喘息を伴う気管支炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


マスクをして過ごすこと。そして薬を飲み続けること。そして早く眠ること。規則正しい生活を送ること。市販薬はきちんと服用することを心がけました。

男性 40代後半 無職


教育入院、西洋医学、整体治療、整骨院、市販薬、ダニ対策としの徹底的な掃除、畳をフローリングに変更

男性 50代前半 その他


薬局で相談して市販の漢方薬を続けてのんでいます。肺の気管を広げるため夏場はよくプールへ行って鍛えます。

男性 50代前半 会社員


病院に通い、体質改善の薬を長く飲んだが完全にはよくらないので、自己管理をしっかりしている。 睡眠や食事に気を使っている。

女性 30代前半 会社員


喘息を伴う気管支炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


薬局の薬剤師に相談して自分に合った薬を選んでもらったり、肺や気管支を強くするために水泳やジョギングなどをして体を鍛える

男性 50代前半 会社員


原則、風邪をひかないこと。そのためにはストレス、過労など風邪が引きやすくなる環境下を極力、避けること。これに尽きる。

男性 60代前半 会社員


乾布摩擦で、肌を鍛えるようにしたので、気管支炎の原因の一つとなりうる風邪を引きにくくなった。また、こまめに掃除を行い、ハウスダストの発生を防いだことも効果があった。

男性 50代後半 公務員


ジム通いやランニング、登山等、定期的に運動をし、心肺機能を維持することで、喘息の症状は明らかに改善した。

男性 50代前半 会社員


喘息を伴う気管支炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


あまり負担がかからなく続けられそうなことだけをやる。現代人は忙しいのであれもこれもとやるのは無理。できるだけ負担がかからない最小限のことだけやる。

男性 50代前半 会社員


基礎体力をつけるため、健康に役立つというサプリメントの摂取は、あまり効果がなく、コストパフォーマンスが悪かった。

男性 50代後半 公務員


咳がでだしたとき、あまりにもくるしいから、横になったら、余計に咳が止まらなくなって、息が苦しくなったこと。 姿勢はむやみにかえないほうがいいかとおもいます。

女性 30代後半 主婦・主夫


整体治療、整骨院の利用。 一般的な内科、呼吸器科への通院。 安易な民間治療の信用。 他人に効果があったことを安易に信じること。

男性 50代前半 その他


喘息を伴う気管支炎の防止の為、日々実践している予防法を聞いてみました


乾燥しないように外出や、癒えなかでも、マスクやてあらい。 室内に濡れタオルなどを干して、適度な、湿度。 のどがおかしいかったり、微熱があるときは、無理に、おふろにはいったりしません。 タオルで、体を服だけにしてかぜをひかないようにしてます。

女性 30代後半 主婦・主夫


タバコの煙が存在する場所へ出向くこと。 人込みをさけること。 野焼きの煙に対して室内では、空気清浄器と脱臭機も併用すること。

男性 50代前半 その他


睡眠、食事バンス、定期的な運動をして体を動かすことなど、少しでも改善できることがあればしています。 外へ出かけるのも体を慣れさせるためにいいと思います。

女性 30代前半 会社員


外出時のマスク、病院で処方された漢方薬と吸入器を使用する、風邪をなるべくひかないようにする、早めに就寝する

女性 30代後半 会社員


喘息を伴う気管支炎でお困りの方にアドバイスを聞いてみました


風邪をひいたらちゃんと医者に行って治した方がいいと思います。市販の薬は効きが弱いため治らないです。あとは毎日ちゃんと手洗いうがいをするようにして、十分な睡眠をとってバランスのいい食事をすることが大事だと思います

男性 40代前半 自営業


気温差があるときは、なるべく外にでないようにすること、日ごろから食事はきちんととうこと、疲れをためないように睡眠時間をしっかりとること、運動をすることなどがいいと思います。 それと、あまりにもひどければ、病院に行くことをおすすめします。

女性 30代前半 会社員


何事も健康第一との生活信条を優先して、毎日の生活を過ごすこと。そうすれば、おのずから自分が何を注意すべきか、なにを優先してやらなければならないか、わかります。気管支炎になれば、夜、布団に横になり、胸が温まると自然に咳が出やすくなる。そうすると本人も眠れないし、一緒に寝ている家族にも迷惑かける。夏になれば、窓を開けて寝ているので近所にも迷惑をかけてしまう。病気にならないことが一番です。

男性 60代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



気管支炎でお困りの方に

気管支炎に関しての経験を持つ方々に、咳や気管支喘息や喘息について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「喘息を伴う気管支炎でお困りの方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「何事も健康第一との生活信条を優先して、毎日の生活を過ごすこと。そうすれば、おのずから自分が何を注意すべきか、なにを優先してやらなければならないか、わかります。気管支炎になれば、夜、布団に横になり、胸が温まると自然に咳が出やすくなる。そうすると本人も眠れないし、一緒に寝ている家族にも迷惑かける。夏になれば、窓を開けて寝ているので近所にも迷惑をかけてしまう。病気にならないことが一番です。 (男性 60代前半 会社員)」

「気温差があるときは、なるべく外にでないようにすること、日ごろから食事はきちんととうこと、疲れをためないように睡眠時間をしっかりとること、運動をすることなどがいいと思います。 それと、あまりにもひどければ、病院に行くことをおすすめします。 (女性 30代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

気管支炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する