あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

骨粗しょう症一覧

自覚症状が出にくい【骨粗しょう症】。食事の面からアプローチ!改善、予防に効く食べ物は?

掲載日:2017年06月28日

目次

骨粗しょう症の防止、改善に意識して食べたものをうかがいました。


乳製品(ヨーグルト・チーズなど)


魚介類、ヨーグルト、根菜類、海藻類等。テレビの医療番組で見聞きした物は、旨いマズいは二の次で 食べている。しかし骨密度は変化なし。

男性 60代後半 自営業


ヨーグルトとチーズを良くとっています 効果はよく解らないし実感も何も特にないですが数値は少し良くなっています 薬を取っているので、食べているものがどれほど効果があるのか解りません

女性 40代後半 無職


骨粗鬆症になってからは、やはり骨をつくるカルシウムを摂取するのがいいと聞きヨーグルト、チーズ、牛乳を取るよう心掛けています。

女性 50代前半 無職


やはりヨーグルト、牛乳、チーズを食べました。カルシウムに良いものだと聞いたもので。

女性 60代前半 主婦・主夫


毎朝ヨーグルトをたべる。いわし、しらす、等の小魚。小松菜、大根。またビタミンDの多い椎茸やマイタケ。

女性 60代後半 主婦・主夫


カスピ海ヨーグルトは毎朝飲んでいます。青汁、酵素、プルーンなどもとっています。

女性 60代前半 教職員


カルシウムのあるチーズ・牛乳・小魚を積極的に取りました。たくさんたべました

女性 50代後半 会社員


カルシウムの多い牛乳を飲むだけではなく料理に使ったり、 ヨーグルトを毎日食べるようにすると、症状が少しづつ回復し、 ついでに便秘気味だったのが改善されました。

女性 20代後半 フリーター


牛乳やヨーグルト、ほうれん草のどを多くとるようにしたら症状が改善してきました。

女性 70代後半 介護職/ヘルパー


牛乳、ヨーグルト、小松菜、納豆、小魚などは意識して食べている。特に乳製品は必ず毎日食べるようにしている

女性 50代後半 主婦・主夫


乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズetc.)は意識して摂取するようにしている。バランスの良い小生活には注意している。

女性 70代前半 無職


特にないですが牛乳とかヨーグルトは以前よりおおめになったと思います。

女性 60代後半 主婦・主夫


小魚(しらす、じゃこ、煮干しなど)


小魚、鮭、納豆、ひじき、大豆類、ヨーグルトなど、カルシウムと、吸収を良くするビタミンKやDを含む、ブロッコリー等を摂った

女性 60代前半 主婦・主夫


カルシウム=牛乳だか お腹が緩くなるので飲んでいなかった 乳製品も苦手なので 小魚を食べることにした。 アーモンドフィッシュ が食べやすくて おいしいので食べ続けている 薬も飲んでいるので 効果があるかはわからないが 数値は改善されつつある

女性 50代後半 フリーター


骨粗しょう症の改善に関しまして、意識してたべたものは、カルシウム、魚の骨、煮干し等になります。

女性 20代後半 会社員


しらす、じゃこなどの小魚、チーズ、牛乳などの乳製品、小松菜、大根葉、切干大根、高野豆腐、ひじきなどカルシウムの多い野菜などを食べています。薬も同時に服用しているため、食品からの改善効果がどれ程なのかは分かりません。

女性 40代後半 無職


カルシウムを多く含む小魚、煮干し、魚の骨を焼いたものなどをよく食べるようにしました。

男性 40代前半 無職


カルシウムを多めにとることを心がけようと思い、牛乳などの乳製品や小魚など思いつく限りで試していました。

女性 30代前半 無職


小魚、ヨーグルトなどは、お腹の調子も良くなると聞いて実践しました。

女性 40代後半 その他


煮干し、魚類、ヨーグルトなどを接種するよう心がけている。 効果については特に実感していないが病気による不自由も感じていない。

男性 60代前半 フリーター


シラス干しや、ひじき、あさりなど、カルシウム分の多い物を意識して食べています。

男性 50代後半 会社員


意識して食べたものは 子魚のだしを取ったあと 子魚も食べた。納豆にしらすを混ぜて食べた。 昆布 も。

女性 70代後半 主婦・主夫


豆類(大豆、豆腐、納豆など)


骨量を上げる主な栄養成分は、カルシウム・ビタミン・ビタミンKなどです。特に骨の主成分となるカルシウムは1日700~800mgを目標として積極的に摂取するよう心がけましょう。目安として、牛乳1本と半丁の豆腐を毎日摂取するイメージです。

男性 40代前半 会社員


納豆、黄な粉などのダイス製品やチーズ、ヨーグルト、牛乳や最近は豆乳も飲むようになった。

女性 60代後半 主婦・主夫


納豆 チーズ ヨーグルト小松菜 豆腐 ちりめんじゃこなどを 意識して食べている

女性 60代後半 主婦・主夫


意識して食べるようにしたものは魚、牛乳、大豆、カルシウムの粉などです。これらの食品にはカルシウムがたくさん含まれているので。

女性 70代前半 主婦・主夫


意識して食べるようにした食材は、納豆や豆腐などの大豆食品と乳製品にじゃこなどに加え、緑黄色野菜も一緒に摂取 して居ます。

男性 50代前半 無職


大豆製品やカルシウム豊富な小魚類や乳製品など。小松菜なども食べました。

女性 50代後半 会社員


その他(肉類、バナナ、魚の缶詰など)


バナナ、小松菜、きなこ、牛乳のスムージーを毎朝飲むようにしました。栄養がたくさんとれるので。

女性 30代前半 主婦・主夫


これまでの食生活でもカルシウムの取れる食品というとひじきがおきまりでしたが、あわせてカブの葉。パセり、青汁、高野豆腐、など

女性 30代前半 無職


今は病院で処方して貰った薬は飲んでいるが食べ物に関してはあまり意識はしていないが出来るだけ太陽に当たるようにしたりしている

女性 60代後半 無職


魚の缶詰が良いとお友達に教えてもらったので、心掛けてます。あと豆類です。来月は骨量を調べる予定です。

女性 60代前半 主婦・主夫


肉類、牛乳、ヨーグルト、リンゴ、マメ類など意識して食べています。

女性 60代前半 無職


骨粗鬆症入ったり治療していくが同時に筋肉を付ける必要性をしてきされたので、鶏肉を中心にしてタンパク質を摂るようになりました。他に病院から、ラコールという栄養ドリンクが処方されています。

女性 40代前半 無職


どれか偏った食品の取り方ではなく、どれもまんべんなく食事でとるようにしていた。ただ、お風呂上がりの牛乳の接種はカルシウムの吸収率がいいと聞いたので、飲むようにしていた。

女性 40代前半 無職


この記事を見ている方がよく見ている経験談



骨粗しょう症でお困りの方に

骨粗しょう症に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

骨粗しょう症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する