あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

慢性心不全一覧

カレー・ラーメンは天敵!?慢性心不全、食べてはいけないもの、控えていた食べ物をうかがいました

掲載日:2017年06月02日

目次

意識して食べなかった(控えた)食べ物は?


ラーメン・カレー


血圧をコントロールする必要があるため、栄養士から食塩摂取は6g/日が制限と指導されている。それ以降「カレー」「ラーメン」は口にすることが無く、うどんはお汁を飲まない、食パン=1枚/日、牛丼ダメ、お酒ダメ。Na(ナトリウム)を追い出す効果があるとして最初はレタスや果物を摂取していたが、K(カリウム)が心筋梗塞に多大な影響を及ぼすことが分かり、それも摂取を控え、一日の総カロリーは1800Kcalで管理注意している。

男性 50代前半 会社員


医師から特に塩分に注意と言われたので、極力ラーメンとかは食べないようにしている。どうしても食べるときでも、汁はほとんど飲まないようにしている。

男性 40代後半 会社員


塩から、味噌汁、カップラーメン、カップ焼きそば、漬け物、うどん、そば

男性 50代後半 無職


特に塩分に注意していますので、 好きだったラーメンやカレーなどもほとんど食べなくなりました。 あとはお酒も全くくちにしなくなりました。

男性 40代前半 自営業


bnpが上がりむくみがでてきたため、塩分の強いものはほとんど禁止にした。カップ麺はもちろん、しょうゆやソース、マヨネーズ等、食べ物にかけるものは控えた。キムチや塩辛他、辛いものも食べなかった。

男性 30代前半 会社員


塩分の高いもの


お酒は飲みませんが、とくに意識して食べないものはありません。塩分については、気をつけています。

男性 50代後半 自営業


塩分が強いものや、揚げ物を控え、和食をそれまでより多く採るようになった。

男性 50代後半 自営業


塩分を控えるように言われた。 漬物など塩分の高そうなものは食べないように気をつけた。

女性 20代後半 主婦・主夫


主治医と栄養士から塩分制限・アルコール制限・水分制限と運動制限まで言われ就労不可となった。

男性 50代後半 無職


コーヒー


カフェインはできるだけとらないようにしています。あとは塩分の強いものは避けるようにしています。

男性 40代後半 自営業


特に制限などもされてはいないので、嗜好品のコーヒー、辛いもの、酸味など好んで食している。

女性 40代後半 無職


刺激物


唐辛子、わさびなど、酒もやめた。そのほかは特にない。コーヒーはやめられない。

女性 50代後半 その他


刺激物は控えるようにと以前から言われていたが、特に意識して減らしたものはない。

女性 30代後半 主婦・主夫


なまものなど


生野菜、生の果物はカリウムの関係で避けている。他の病気もあり、塩分、脂肪分、タンパク質も制限がある。すべて守ると食べるものがなくなるので、ある程度は食べている。

男性 50代後半 自営業

慢性心不全を食生活きら改善するために、意識して食べないようにしているものは、ナマモノ

男性 30代前半 会社員


リン・タンパク質などの食べ物を控えた、その他


その時は薬の関係上、納豆やホウレンソウ、小松菜などワーファリンの危機が悪くなるからと、控えておりました。

男性 50代後半 その他


心不全に対しての食事療法は特に指示は無いので、気をつけていることは無い。

女性 50代後半 会社員


リンが高くならないように乳製品や豆をできるだけ食べないようにしている。

男性 50代後半 会社役員


菓子類、肉類、油類は食べないように意識している。 また、米類も制限している。

男性 40代前半 その他


タンパク質の多い、大豆や豚肉。カリウムの多い、スイカ、メロン、さつま芋、バナナ。

男性 40代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



慢性心不全でお困りの方に

慢性心不全に関しての経験を持つ方々に、意識して食べるのを控えた食べ物を聞いてみました。
具体的に、「菓子類、肉類、油類は食べないように意識している。 また、米類も制限している。 (男性 40代前半 その他)」

「特に制限などもされてはいないので、嗜好品のコーヒー、辛いもの、酸味など好んで食している。 (女性 40代後半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

慢性心不全の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する