あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

加齢黄斑変性症一覧

マス目が歪む、視野が欠ける…加齢黄斑変性症の症状について、経験者にうかがいました

掲載日:2017年06月02日

目次

加齢性黄斑変性症、あなたの症状は?


直線・マス目が歪んで見える


当初は信号が2重に見えること、縦横が歪んで見えるので医師にかかって写真判定で分かった。その原因は昭和40年頃から大学でコンピューターを触ることが多く、コンピュータメーカーでの仕事、独立後の今もコンピュータを使う仕事を続けていることがその原因と思われます。同時に紫外線防止の眼鏡をかけていなかったことも。

男性 60代後半 自営業


ある日何となく直線がゆがんで見えるようになっているのに気づき、以前新聞広告で見た加齢黄班変性症と症状が似ていたのでさっそく病院へ行った。原因は加齢によるものに加えてアルコールやタバコも良くないといわれた。

男性 60代前半 フリーター


金柵やエスカレーターの縦じまがゆがんで見え、視力の衰え、飛蚊症も出てきたため、てっきり加齢黄斑変性症と信じ込み、眼科受診、血液検査、ヘモグロビンエイワンシー等の検査の他。眼底検査や網膜断層撮影検査の結果、糖尿病性網膜症と診断された。

男性 70代前半 無職


モニターで直線が部分的に曲がる状態で眼科へ行き、加齢黄斑変性と診断されたが、感じの悪い眼科医なので別の眼科へ行きました。 感じの悪い眼科医より、優しい眼科医がいいので、今はそこに2~3ヶ月ごとに通っています。

男性 60代後半 無職


目に違和感があったので、右目だけでものを見ると今までになくものが歪んでみえたので、自宅近くの眼科を受診しました。そこで目の検査をした所、加齢黄斑変性症の疑いがあるので、その治療が可能な大学病院を紹介して頂きました。大学病院でも目の検査をして加齢黄斑変性症と診断されました。但し、原因は不明でした。

男性 50代前半 主婦・主夫


左の目でみると物が歪んでみえ友達のその事を話とところ、それは加齢黄斑変性症といわれ眼科でみてもらったらやはりそうであった。 それからは定期的に検査していますが、悪くも良くもなってはいない。目薬をさしているだけです。

女性 70代前半 無職


55歳になった時の人間ドックで加齢黄斑変性の疑いがあると指摘されたため、総合病院の眼科で精密検査を受け、 加齢黄斑変性症状が確定した。自覚症状はほとんど無かったが、マス目を見ると、一部歪んで見えたことで症状を理解した。

男性 70代後半 無職


見えにくい、一部分が欠けて見える


特にパソコンや読書をしているとき目のカスミに気が付いた、最初は目の使いすぎの為カスミが出ているだけだと思っていたが料理をしている時も見えにくく気になりはじめたので近所の眼科で受診した 原因は加齢によるものらしい

女性 50代前半 主婦・主夫


白い壁を 見ていると ぼやーと 部分的に 黄色くなって おかしいなと思い 視力も落ちてきたので 眼科受診してわかりました。目薬をもらって 点眼していますが 最近では 平行線や まっすぐなところを見ても 一部 かけて 見えたり 歪んで見えたりします。

女性 60代後半 会社役員


テレビを見ていて片目で見たら半分の画面しか見えなかった。確認のため夕食の時妻の顔を見たら見えなかったので眼科の診察を受けたら加齢黄斑変性とのことでした。多くの原因はかれいによるものらしい。特に思い当たる原因はない。

男性 70代前半 無職


電線を眺めていた時にぽっぽつ切断しているのに気が付き眼科に行った。原因は判明しません、ただ喫煙者は多いと診断されました。その後5年間半年ごとに診察をうけているが、進行はしていないとの事、現在も半年ごとに診察をうけている。

男性 60代後半 無職


左目の中心部が見えにくくなり診断してもらったら、大きい病院で診てもらうように言われ、診断の結果黄斑円孔と診断された。 入院して、手術を行った。 左目で書類を読む仕事が多く、近視が進んでいたことも一因かと考える。

男性 60代後半 その他


10年くらい前から目が見えにくくなり近所の眼科で診てもらったら緑内障と診断され目薬を投与し続けた。3年続けたが改善しないため紹介状をもらい県立病院の眼科で診てもらったら加齢黄斑変性と診断された。加齢黄斑変性は萎縮型と浸出型があり、浸出型は治療法があるが萎縮型は治療法がない。県立病院で両者の診断が出来ないので別の病院を紹介され、そこで検査したところ萎縮型と診断された。

男性 60代後半 無職


右目がみえにくくなった 眼鏡で右目の矯正が十分にできないことに気付いた 升目をみたら右目だけゆがんでいた ネットで調べたら黄班変性だとわかった 医者に行って検査をいろいろやったらやはり,黄班変性だとわかった

男性 50代前半 会社員


健康診断で判明した(自覚症状なし)


会社の健康診断で加齢黄斑変性かもしれないので眼科がある大きな病院で検査を受けるように指示された。が自分としては特に何の変化もないのでたいしたことではないと考えていた。県立病院で検査を受けると間違いなくその症状であるので今後毎月検査をして進捗状況を見て進行するならば手術となる。現在3年経過するが進行もなしで変化はみられていない。県立病院で初回検査の時点で角膜断裂があるのでレーザー治療をすることを進められて2回めの通院時にレーザー治療で改善できた。会社の健康診断で発見されなければ大きな問題となっていたかもしれなかった。

男性 60代後半 会社員


緑内障の治療に行き眼圧等を測ってもらっている時に、医師から左目について『加齢こうはん変性症」と告げられました。 「その内に物が歪んで見えるでしょうね~その時に治療を考えましょうね」と言われています。2カ月おきに緑内障の眼圧を測ってもらっているので、その際に一瞬に左目の加齢こうはん変性症も見てもらっています。

女性 70代前半 無職


6~7年前の人間ドツグの検査で加齢黄斑変性症との指摘を受けたので、眼科で専門医の精密検査を受けたが、自覚症状もなく要経過観察との診断であった。 その後も特に物が歪んで見えるなどの症状が現れることもないので、その後はそのまま特に眼科へ定期的に通院することもなく現在に至っている。

男性 70代前半 無職


人間ドックでで眼圧検査をしていつも引っかかる のですが、 眼科にいって検査をしますが、年齢から考えて 加齢黄斑変性症ではないと 判断されて 治療もなにもしていません 年齢がいけば 診断されそうで怖いです

女性 40代前半 主婦・主夫


健康診断で黄斑変性症疑と指摘されたので、眼科へ。診察の結果、黄斑変性症を診断される。 ただ、視界が歪むことや、かけて見えるなどの症状はないので、半年ごとの診察で経過を見ることとなり、現在定期的に受診中。

女性 50代前半 会社員


会社の定期健康診断で黄斑変性症と診断され、知覚の眼科医に診てもらった。特に痛みなどはないが、格子状の模様のシートを見たらくしゃっとひしゃげて見えてショックだった。原因は加齢によるものとしかわからないが、そのほかにも飛蚊症なども症状として自覚している。

男性 60代前半 会社員


一昨年 人間ドックで眼の検査を受けて加齢黄斑の初期症状が見つかった。自覚症状はなかったのでそれまで気が付かなかった。昨年 眼科で精密検査を受けて手術をした。現在経過は良好であり車の運転も支障なく出来る。。

男性 70代前半 無職


対処法、アドバイスなどをうかがいました


放置厳禁!治療や定期的な診断を。


特に自覚症状が無かったので放っておいてもよいくらいに思っていたら、格子状のシートでショックを受け、このまま放っておくと見えない部分が出てくるなど言われたので手術も検討しようと思っています。予防の方法などは特に聞いていないのでわからないが、目薬などあるのであれば早い時期から使う方が良かったかもと思っている。

男性 60代前半 会社員


放置すると失明の恐れがあるので定期的な検査と早目の治療をするべきです。眼の手術は局部麻酔なので短時間で終わるので信頼出来る医師に任せれば心配ありません。とにかく放置しないことが大事です。家族にも安心してもらうよう説得することも大事です。

男性 70代前半 無職


定期的に眼科で目の健康診断をしてもらうこと。時々は片目で物を見て、ゆがみやカスミ、視力を確認してみることが必要。ルテインを含むサプリメントが目には有効であること。目の病気は完全によくなる治療法が無いものが多いこと。

男性 60代前半 会社員


症状が出たら、早めの受診を心がける


とにかく早く病院んで視察してもらうことです。ほっておくと失明の危険性があります。日常生活の中で、見るのものがゆがんだり。中心が見えにくくなると回復はしないと思います。老化ですから、早く処置するしかない。

男性 60代後半 その他


加齢黄斑変性になって10ミリマスの方眼紙や正方形のマス目などを片方の目で見ることが多くなっている。病院より自己診断方法としてこのような細かな方眼紙などを見て、中心部が正方形に見えなくて枡が歪んで見える場合、黄斑変性の特徴なのでそのような場合はできるだけ早く病院にくるように指導されている

男性 60代後半 会社員


この病気の症状は雑誌や近くの医院に貼ってあるポスターで知っていたので症状が出てすぐに受診しました。早く受診したのが良かったのか先生の話では症状はあまり進んでいないとのことでした。おかしいと思った時は早く受診することをお勧めします

女性 60代後半 会社役員


変だと思ったら早く眼科にゆくことですが、小さい眼医者ではなく、設備の整った大きな病院に行くことが良いと思います。小さい病院では診察してもわからないことがあるから必ず大きな病院出来れば大学病院が良いかと思います。

男性 60代後半 無職


この病気は今のところサプリや飲み薬で改善される見込は無く、手術によってのみ治癒できるようだ。症状が出たら病院で診てもらったほうが良いと思う。最悪の場合失明もありうるようなので、早めに診察してもらったほうが良い。

男性 60代前半 フリーター


直線が曲がって見えたら、眼科へ行き検査してもらうことをお勧めします。慣れれば曲がりも気にならないのですが、失明が怖いので早めに行きましょうね。現代の眼科は検査機器が進んでいますので、検査ですぐ診断ができますよ。

男性 60代後半 無職


目に違和感があったら直ぐに眼科を受診するべきです。また、治療(ルセンティス治療)についてはなるべく早く行った方が良かったのかなと思います。(但し、薬剤の固まり具合で見え方が変わるので、早く治療したら必ず結果が良くなるとも言えませんけど・・・)規則正しい生活をして、目に負担をかけないようにする事が大事だと思います。(私は、IT関連の仕事をしていたのでまったく出来ていませんでした。)

男性 50代前半 主婦・主夫


対策が難しいと感じる


なにが悪いのか(悪かったのか)わからないので アドバイスのしようがない 加齢性のものだとしかたがないとあきらめるしかないようだが そうでない場合は,まずいことになると友人から聞いたので とりあえず医者にいくことをすすめます

男性 50代前半 会社員


加齢黄斑変性の術後の経過で、左右の焦点が狂うことが最近分かってきたが、その対処法がない。 屈折率のある眼鏡をかけても、だんだんと焦点が変化し、最終的な対処法を探しているのが現況です。 但し、この焦点が狂うのは誰でもではないようです。

男性 60代後半 自営業


緑内障でも、白内障にはなるし「加齢こうはん変性症」にもなるし。。 もともと視力が弱いのが影響しているのかなぁと思っています。 食生活ではブルーベリーを食べるようにはしていますが、それで治るとは思っていません。

女性 70代前半 無職


この記事を見ている方がよく見ている経験談



加齢黄斑変性症でお困りの方に

加齢黄斑変性症の経験を持つ方々に、症状やそれに対する対処法・アドバイスを聞いてみました。
具体的に、「特にパソコンや読書をしているとき目のカスミに気が付いた、最初は目の使いすぎの為カスミが出ているだけだと思っていたが料理をしている時も見えにくく気になりはじめたので近所の眼科で受診した 原因は加齢によるものらしい (女性 50代前半 主婦・主夫)」

「健康診断で黄斑変性症疑と指摘されたので、眼科へ。診察の結果、黄斑変性症を診断される。 ただ、視界が歪むことや、かけて見えるなどの症状はないので、半年ごとの診察で経過を見ることとなり、現在定期的に受診中。 (女性 50代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

加齢黄斑変性症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する