あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腸閉塞一覧

おなかの「膨満感」、腸閉塞に気をつけて!おなかが張る、などの症状で腸閉塞と診断された方に経緯をうかがいました

掲載日:2017年05月11日

目次

腸閉塞の症状を聞いてみました


もともと便秘症であったのですが、食欲がなくなり、胃部不快感と腹部膨満感が出てきて、便秘の症状もさらに悪化しました。吐き気も出てきて、ほとんど何も食べれなくなってしまい、家族にも勧められ、病院を受診し、診断されました。

女性 20代後半 主婦・主夫


激しい痛みと、とても強い残便感があり、全く食欲がなくなった。原因は仕事や精神的なストレスと偏った食生活が原因(食物繊維不足)だと言われた。病院へは腹部の膨満感が続いた直後に行くと、そのまま腸閉塞だと診断された。

男性 30代前半 自営業


便は出ていたのですが、とても細い便しか出ず、明らかにきちんとした便が出ている感じではなかった。お腹が張って苦しく、食事も取れなくなってきたので受診しました。レントゲンを撮ってもらったところ、腸の中にゴロゴロとした便の塊がぎっしり詰まってました。

女性 50代前半 主婦・主夫


おなかの張りと膨満感、嘔吐がひどく、水分も取れなかった。結果的に病院へ行き、便秘が原因と判明した。蠕動運動がよわいため、薬をつかいながら、便秘をしないように気を付けている。おなかの手術経験があって、忠が癒着しやすいので、早めに病院受診している

女性 50代後半 会社員


腸閉塞を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


食事内容を見直し、食事療法を徹底しました。排便習慣をつけるために、毎朝同じ時間帯にトイレに座る習慣をつけるようにしました。

女性 20代後半 主婦・主夫


食物繊維の多い食物を摂取し、腸内環境を整えるヨーグルト類などを食生活に取り入れるようにし、バランスの良い食事をきちんととるように心がけた。

男性 30代前半 自営業


入院の一歩手前だったので、薬に頼りました。下剤を飲んでも、出口までびっちり詰まっているので腹痛などで苦しむだけで出ないであろうとの事でした。そのため、朝と晩に座薬の下剤をする事になり、処方されました。

女性 50代前半 主婦・主夫


消化の良いものを少しずつたべている。水分を多くとっている。冷たいものは極力避けている。くすりで毎日排便している

女性 50代後半 会社員


腸閉塞を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


医師に処方された薬を確実に内服し、内容を見直した食事療法に効果があったと思います。肌の調子も良くなったように感じました。

女性 20代後半 主婦・主夫


週に2.3回のウォーキングと腸内環境を整える食物や、バランスの良い野菜を中心にした食生活はずっと続けている。

男性 30代前半 自営業


朝と晩の座薬が効果がありました。はっきりした原因はわかりませんでしたが、胃腸の働きがとても弱っていたので、薬に頼るしかなかったと思います。

女性 50代前半 主婦・主夫


起き抜けに白湯を飲むこと。適度にストレッチなどの運動をすること。処方薬をしっかりのむことにしている。乳酸菌も毎日ヨ-グルトで食べている。

女性 50代後半 会社員


腸閉塞を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


食事療法、排便習慣をつけるための一定時刻にトイレへ行くことは共に効果があったと感じているので、試したことでよくなかったことはないです。

女性 20代後半 主婦・主夫


乳酸菌を多く含んだサプリメントは試してみたが全く効果が出ず、やはり自然の食品を中心にしっかりと栄養を取る方が効果的だということに気づいた。

男性 30代前半 自営業


医師の治療を受けていたので、自分でなにかを試したりはしていません。医師の指示に従って、処方された薬を使っていたので、自分で余計な事はしませんでした。

女性 50代前半 主婦・主夫

ストレスが大いに関係しているので、ストレスをためな
いようにしている。身体的疲れも関係あるので、適度の休み

女性 50代後半 会社員


腸閉塞にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


規則正しい排便のために、便意がなくても毎日トイレに座る時間を設けること。食事内容はバランスをよく考えて食べるようにすること。

女性 20代後半 主婦・主夫


毎日ヨーグルトやこんにゃく製品など、食物繊維の多く含まれた便通を促す作用ももつ食品類をバランスよく摂るように管理している。

男性 30代前半 自営業


水分は多めにとる。便秘気味だと思ったら、早めに食事や薬で対処する。便意は絶対に我慢しない。自分の力では無理そうだと感じたら、早めに受診する。

女性 50代前半 主婦・主夫


処方薬を飲むヨ-グル-トを毎日たべている、リラックスしている。便秘の時は、食事量を減らす。水分のみ。体調に異変感じたら、すぐ病院の外来受診する

女性 50代後半 会社員


腸閉塞になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


便秘や腹部膨満感、食欲不振といった症状を軽視せずに、何か異変を感じたら病院を受診すべき。そうすれば早期発見につながる。普段の食事内容をバランスよく考えること、排便習慣を身につけることは、腸閉塞予防の行動となるので、健康な人も常に考えて生活していくべきと思った。

女性 20代後半 主婦・主夫


腸閉塞はとても気づきにくく、最初はもたれや、単なる便秘による症状だと思いがちなものなので、きちんと病院に行き、しっかりとした診断を受けることが重要だと思う。食物繊維の多く含まれた食品の摂取、バランスの良い食事は必須だと感じた。

男性 30代前半 自営業


私の場合は胃腸の働きが極端に落ちていて腸閉塞になったので、体調を整える事が大切だと思います。それと、便が本当にびっくりするほど細くなったのですが、変だなと思いつつ放置してしまったので、気がついた時点ですぐに受診するべきだったと思います。

女性 50代前半 主婦・主夫


腸の癒着が原因なので、予防法が少ない。食生活からストレスコントロ-ルまで。気を付けている。便秘が続いたら、水分のみですごす。腸内細菌のためヨ-グルトやたべている。週1回は下剤できれいにしている。適度に散歩している。

女性 50代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



腸閉塞でお困りの方に

腸閉塞に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「腸閉塞になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「便秘や腹部膨満感、食欲不振といった症状を軽視せずに、何か異変を感じたら病院を受診すべき。そうすれば早期発見につながる。普段の食事内容をバランスよく考えること、排便習慣を身につけることは、腸閉塞予防の行動となるので、健康な人も常に考えて生活していくべきと思った。 (女性 20代後半 主婦・主夫)」

「腸の癒着が原因なので、予防法が少ない。食生活からストレスコントロ-ルまで。気を付けている。便秘が続いたら、水分のみですごす。腸内細菌のためヨ-グルトやたべている。週1回は下剤できれいにしている。適度に散歩している。 (女性 50代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

腸閉塞の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する