あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

潰瘍性大腸炎一覧

潰瘍性大腸炎のこんな症状、ありませんか?おかしいと思ったら病院で検査を。経験者に症状やアドバイスをうかがいました

掲載日:2017年05月11日

目次

潰瘍性大腸炎の症状を聞いてみました


約15年前の定期健診で、血便がわかり再検査の内視鏡検査で、病気が発見されました。その前にも幾度か腹痛とか下痢とかの症状はありましたがそんなに気にもかけていませんでしたが、内視鏡検査後は医師に従い薬の服用を続けています。

男性 50代後半 無職



便の様子がいつもと違うので検査をしたら診断されました。検査する4~5年前から2年間、2ヶ月に1度の頻度で胃腸炎の様な状態になり毎回夜中に発症していたので救急センターに行っていました。原因はストレスだと思います。その4~5年の間あたり、祖母の介護が辛くなっていた期間だったので今から考えるとそれが原因だと思います。

女性 30代前半 無職


毎日、便に血が付いていたので痔だと思っていたのでほっておいたが、血便が出たので慌てて病院に行って検査したら潰瘍性大腸炎の初期だと言われました。しばらく薬を入れていたので最近は症状が良くなったので薬は入れていません。

女性 40代後半 主婦・主夫


血便がでてて痔かと思ってたが、切れてるかんじもないのにおかしいし、長く続いたので受診して、内視鏡検査うけたら診断された。とくに下痢でもなかったし血便以外の症状はなかった。でも、食べても食べても太らなかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


血便が続いたので、病院で検査をしたら潰瘍性大腸炎と診断されました。 原因については分かりません(ストレスや食べ物が一般的な原因として考えられるとは思います)が、元々、中学生の頃から腸が弱く、電車通学だったのですが、よく駅のトイレに行っていました。

男性 20代後半 公務員


慢性的な腹痛に悩まされ、業務や日常生活に支障をきたしていました。原因はストレス以外は不明の為、治療も難しく対症療法しかできませんでした。便秘と下痢などの症状が続き、かなり長い間緩和もしませんでした。食欲も減退し、体重減少も見られました。

女性 20代後半 会社員


潰瘍性大腸炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


特に医師からは指摘はありませんでしたが、極度の刺激ある食物や温度差のある食持つは避けるように指導があった様気がします。 今でも極力冷たい物は避ける様にしてます。

男性 50代後半 無職


アルコールの摂取回数を減らし、食事内容はそれほど変えず食べすぎないを心がけるようにしました。腸内環境を整えるためにアマニアブラナやオリゴ糖などを摂取しています。

女性 30代前半 無職


乳酸菌のサプリメントや乳酸菌飲料や腸に良いものを毎日摂っています。 腸内環境を良くするためにいろいろと調べています。

女性 40代後半 主婦・主夫


牛乳飲まない。ヨーグルト食べない。アルコールも症状でてる時は飲まない。ペンタサは効かなかったので、症状が出たときはプレドニン服用し、症状が治まったら、乳製品気をつけるだけの、生活。

女性 30代後半 主婦・主夫


処方薬を飲みつつ、食生活においては刺激物や脂肪分を避けています。お肉はほとんど取らなくなり、魚中心の食生活に変わりました。

男性 20代後半 公務員


早寝早起きなどの生活習慣の見直しや、脂質、糖質の多い食事を避ける等日常生活の中で無理なくできることを実践しました。

女性 20代後半 会社員


潰瘍性大腸炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


効果は良くわかりませんが、医師の処方を守り、なるべくストレスをしないようにと生活をしてます。 特に食物は気にしてません。

男性 50代後半 無職


ストレスを溜めないように事を1番に心がけています。効果はわかりませんが、症状が出ていないのでこの状態がいいのかなと思っています。

女性 30代前半 無職


処方された薬をきちんと使う事と乳酸菌のサプリメントを使うようにしたら効果があったような気がします。 食生活とストレスをためないようにすることが大事だと思う。

女性 40代後半 主婦・主夫


発症した時はどんだけ生活気をつけても症状は治らないので、プレドニン飲むのが効果がある。牛乳飲んだりヨーグルト食べたりすると下痢になるので、症状出てない時でも食べないのが効果があると思う

女性 30代後半 主婦・主夫


まずは処方された薬をしっかり飲むことです。症状が良くなって薬を減らしていましたが、また悪化したので薬を増やしたりしました。

男性 20代後半 公務員


早寝早起き、運動を毎日継続することによるストレスの軽減と、自己暗示による安心感が一番症状緩和につながったと思います。

女性 20代後半 会社員


潰瘍性大腸炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


特にこれはいけないなと感じる事は、冷たい物(飲み物等)は気を付ける様にしてます。刺激があるとすぐに下痢の症状がでるからです。

男性 50代後半 無職


症状が出ていない状態で診断されたので、試していることもまだ効果があるかはまだわかりません。まだ診断されてから1年なのであまり色々な事を試していない状況です。

女性 30代前半 無職


特に効果がなかったと思うものはないが強いて言えば乳酸菌サプリメントを飲んでも飲まなくてもあまり変わらないような気がします。

女性 40代後半 主婦・主夫


ストレスためないようにと思ってたけど、生活にストレスはつきものなので気をつけようがなかった。アルコールは飲まないようにしてたけど、週に一杯くらいなら症状出てない時飲んでも なんともない

女性 30代後半 主婦・主夫


食べ物については、どれが良くてどれが悪いのか、一概には言えないというのが実感です。失敗した、というようなことは特段ありません。

男性 20代後半 公務員


ストレスをためないようにするため、症状の軽い時に好きなスイーツなどを食べてしまい、症状が悪化してしまうことがあったことです。

女性 20代後半 会社員


潰瘍性大腸炎にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


この病気は完治出来ないと言う病気なので、薬の服用は出来るだけ忘れない様心がけていますし、消化の悪そうなものは避ける様にしてます。

男性 50代後半 無職


暴飲暴食をせずというのことや、ストレスを溜めないようにする事が1番なのであめり深く気にせずいつも通りに過ごす事を心がけています。

女性 30代前半 無職


乳酸菌飲料を毎日欠かさず飲むことでなんとなく気休めではあるが効いていると思うと効果があるような気がする

女性 40代後半 主婦・主夫


牛乳飲んだりヨーグルト食べたりしないで、下痢しないように冷やさない、とか刺激強いもの食べ過ぎない。アルコールは週一杯位におさえとく。

女性 30代後半 主婦・主夫


ストレスをためないようにすることが一番だと思い、極力好きな食べ物を制限することはやめ、運動や早寝早起きを続けています。

女性 20代後半 会社員


潰瘍性大腸炎になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


何が元でこの病気になったのか判らないという事なのでアドバイスはありません!ただ症状が悪くなると下痢が多くお腹の痛い日々で苦しみますから、常に薬の服用と気持ちを穏やかにしていることが大切な様な気がします。

男性 50代後半 無職


ストレスが自分で思っていたよりも溜まっていたこと、何よりもこれが1番だったとおもいます。自分の性格も災いしたので、あまりクヨクヨ考えたりネガティブな事は考えないようにしました。あと月に1回病院に行きお薬をもらうのでこれからを考えると以外に医療費がかかるなぁと思いました。

女性 30代前半 無職


潰瘍性大腸炎になってしまうと完全には治らないということが分かりました。 日々ストレスをためないことと、食生活を気を付けて体調を整えることで変わってくると思います。 また、体調が悪くなtれば早めに病院で診てもらうようにする。

女性 40代後半 主婦・主夫


若くても、今まで病気しなくて健康と思ってても、定期的に通院しないといけないような病気に誰でもなるのだとびっくりした。遠い世界のことだと思ってた。生命保険、ガン保険などは、病気の診断された時点で入れなくなるので、もしくは病気の人用の高いやつしか入れなくなるので、健康なうちに終身の保険に入っとくべきだと後悔した

女性 30代後半 主婦・主夫


効果的な治療法や原因解明についてまだ医学的に不十分な点が多いことが分かり、自分自身の症状に合う両方を見つけることがなかなかできなかったため不安感が多く症状悪化につながったと感じます。日々の生活範囲も制限され、家族との時間も減ってしまうと感じました。

女性 20代後半 会社員


下痢をよくしてしまうので、外出先でもトイレがどのあたりにあるか、気に留めておくことが、特に活動気には多くありました。しかし、それ以外には日常生活への影響が少ないので、この病気になっても絶望的に悲観する必要はないと分かりました。

男性 20代後半 公務員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



潰瘍性大腸炎でお困りの方に

潰瘍性大腸炎に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「潰瘍性大腸炎になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「ストレスが自分で思っていたよりも溜まっていたこと、何よりもこれが1番だったとおもいます。自分の性格も災いしたので、あまりクヨクヨ考えたりネガティブな事は考えないようにしました。あと月に1回病院に行きお薬をもらうのでこれからを考えると以外に医療費がかかるなぁと思いました。 (女性 30代前半 無職)」

「何が元でこの病気になったのか判らないという事なのでアドバイスはありません!ただ症状が悪くなると下痢が多くお腹の痛い日々で苦しみますから、常に薬の服用と気持ちを穏やかにしていることが大切な様な気がします。 (男性 50代後半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

潰瘍性大腸炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する