あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃炎一覧

胃カメラ検査を受けて「胃炎」と診断された方の胃炎対処法、改善策をうかがいました

掲載日:2017年10月30日

目次
胃カメラ検査を受けて「胃炎」と診断された方の胃炎対処法、改善策をうかがいました

胃炎の症状を聞いてみました


特に思い当たるストレスがあったわけではなく、おそらく辛いものの食べ過ぎで胃炎になった。食後に胸焼けがあり、しばらくは市販の薬を飲んでいたが、病院へ。以前からポリープの様なものが有ったので1-2年に1度は胃カメラの検査を受けていた為、それも兼ねて胃カメラし、急性胃炎と診断された。

女性 40代後半 主婦・主夫


毎年の健康診断の胃レントゲン検査で、胃炎と診断された。問診にてストレスと生活習慣で夜の食事が遅いことを指摘されたが、通勤に1時間40分かかり、どうしても夜の食事が21時を過ぎることが問題だが、解決方法がないため、困っている。今のところ要観察の診断となっており、病院での治療はしていないが、朝、おなかが痛い時が時々あり、朝ごはんが食べられないときがある。

男性 40代前半 会社員


会社の健康診断で胃にポリープが見つかった。 かかりつけ医にて胃カメラ検査を受け慢性胃炎と診断された。 ピロリ菌の検査も行いそれについては問題なし。 現在は、1年に1回の割合で、胃カメラ検査を行い、胃炎治療薬を投薬されている。

女性 50代前半 主婦・主夫


胃炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


薬の名前は覚えていないが、市販の薬を服用後、受診、その後処方箋薬を服用。七味などの香辛料は別として、タイ料理などの激辛料理を食べ控えた。

女性 40代後半 主婦・主夫


キャベジンを飲んだり、ストレージ胃腸薬とか市販品を購入して飲んだりしているが、全く効力を感じていないので、いろいろ薬剤師に聞いて、ためしているが、最適のものが見つからないので、夜の食事の量を減らしているが、夜おなかが減って寝れないときがあり、結局、通常道理たべてしまう。

男性 40代前半 会社員


かかりつけ医から投薬されている胃炎治療薬を服用している。 塩分を控えるような食事を心がけている。 ストレスをためないよう注意している。

女性 50代前半 主婦・主夫


胃炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


辛いものを食べ控えたことと、薬の服用で良くなった。 以来、辛いものを食べるが、食べ過ぎ無ければ大丈夫な事がわかった。

女性 40代後半 主婦・主夫


特に試していないが、上司の話を聞き流し、クライアントの苦情も聞き流せたらどんなにストレスがなくなることかと思うが、だれが聞いているかもわからないので、愚痴も言えないし、家族にも聞いてもらえないので、ストレス解消できる趣味を探している。

男性 40代前半 会社員


胃炎治療薬を服用しているので、胸やけ・胃もたれはなく、ポリープ自体の大きくなったり、」増えたりしていないようだ。

女性 50代前半 主婦・主夫


胃炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


特にない。薬の服用、辛いものを控えた事等、実行したことは全て効果があった。 コーヒーなどは普段と同様に飲用していた。

女性 40代後半 主婦・主夫


ガスター10をしばらく飲んでいたが、全く効果が実感できなかった。またかえって胃がただれてしまい悪化した感じがあったので、もっと漢方薬みたいなものがよいかもと、いろいろ試している。

男性 40代前半 会社員


胃にポリープができたために慢性胃炎と診断されたので効果がなかったことは特にありません。 定期的に通院し薬をもらわなければいけないので大変です。

女性 50代前半 主婦・主夫


胃炎にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


なるべく腹八分目にして、食べ過ぎない様に食事量に気を付けていることと、辛いものを食べ過ぎない様にしていること。

女性 40代後半 主婦・主夫


特にやっていないが、空腹時間が長いと、胃酸が出すぎて胃炎を起こすとのことなので、職場に間食するようスナック菓子を置いて、 空腹にならないように気を付けている。

男性 40代前半 会社員


医者からもらった薬を忘れずに飲む。 野菜を中心にした、和食系の食事をする。 規則正しい生活を心がける。

女性 50代前半 主婦・主夫


胃炎になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


なるべく食べ過ぎない様に、腹八分目を心がけること。 辛いものを食べ過ぎない様に、量、頻度に気をつけること。 ストレスを溜め過ぎないようにすること。 この様な状態が続いたら、早めに予防策として胃薬を服用すること。

女性 40代後半 主婦・主夫


便が、柔らかくなって、血便が昨年からでだして、昨年初めて大腸がん検診を受けて、大腸のポリープが見つかり、除去したが、良性で問題はなかったので、検診の必要性と、生活改善の必要性を実感した。ストレスをためない生活をすることが大切だが、性格改善もしていかないと、メンタルトレーニングの必要性も実感した。

男性 40代前半 会社員


日々の心がけでふせげることをしっておきたかった。 ストレスをためないよう気をつけていればよかった。 ポリープができても問題はないが、定期的に検査をしないといけないのが大変だ。 慢性と診断されると毎月の医療費が高くなるので大変だ。

女性 50代前半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



胃炎でお困りの方に

胃炎に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「胃炎になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「便が、柔らかくなって、血便が昨年からでだして、昨年初めて大腸がん検診を受けて、大腸のポリープが見つかり、除去したが、良性で問題はなかったので、検診の必要性と、生活改善の必要性を実感した。ストレスをためない生活をすることが大切だが、性格改善もしていかないと、メンタルトレーニングの必要性も実感した。 (男性 40代前半 会社員)」

「日々の心がけでふせげることをしっておきたかった。 ストレスをためないよう気をつけていればよかった。 ポリープができても問題はないが、定期的に検査をしないといけないのが大変だ。 慢性と診断されると毎月の医療費が高くなるので大変だ。 (女性 50代前半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

胃炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する