あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胃炎一覧

胃炎の治療、ピロリ菌の駆除が必要な場合も!ピロリ菌の駆除を経験された方に、その期間や症状をうかがいました

掲載日:2017年08月08日

目次
胃炎の治療、ピロリ菌の駆除が必要な場合も!ピロリ菌の駆除を経験された方に、その期間や症状をうかがいました

胃炎の症状を聞いてみました


症状:胃の膨満感が継続的にあり診察し、ピロリ菌の検査と胃の内視鏡検査を実施した結果、胃炎と判定。 ピロリ菌の反応は弱かったため、飲み薬を服用して駆除完了。 経過:胃炎は3カ月通院したが改善しないため、その後も薬を継続して服用。 原因:ストレスによる

男性 40代前半 会社員


げっぷが多くなり、お腹はすくと胃が痛み始め、食べる少しましになるが、あまり食べれない状態になった。そのうち、夜寝ている時に背中が痛く目が覚めるようになった。病院にいくと胃カメラを勧められ、検査した結果、十二指腸潰瘍だった。ピロリ菌駆除の治療を行なった。

男性 40代後半 会社員


食べると胃が痛くなり、病院へ行き胃炎の薬を処方された。胃酸過多だと言われた。原因はよくわからないが、食べ過ぎていた気もするし、あまり噛まずに食べていた気もするし、ストレスもあったと思う。痛くなる頻度が増えてきたのでピロリ菌の検査をすると、ピロリ菌が標準値以上にあった。除菌の薬で除菌したが、結局、除菌できなかった。

女性 50代前半 自営業


会社の健康診断の胃のバリウム検査で精密検査要と診断された。外部医療機関で胃の内視鏡検査を受診したところ、ピロリ菌感染による慢性胃炎が発覚した為、ピロリ菌除菌薬を服薬した。その後の検査でピロリ菌が除菌されていることが確認できた。

男性 50代前半 会社員


胃炎を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


薬は胃薬の服用のみ(薬名は覚えてない)。 あとは消化の良い食べ物を食べ、ストレスを発散するよう心掛けた。

男性 40代前半 会社員


ピロリ菌の治療をおこなった。仕事によるストレスが原因だったので、2ヶ月ほど休養し別の仕事にかわった。

男性 40代後半 会社員


消化の良いものを食べる。ガスターを飲む。逆流性胃炎とも診断されたので、タケプロンを処方され服用した。

女性 50代前半 自営業


ピロリ菌除菌後も、今後は定期的に(出来れば年1回は)内視鏡検査を受診する様、担当医師から指摘された。

男性 50代前半 会社員


胃炎を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


薬を服用していれば症状は緩和されていた。結果的にはオフィスで近くに座っていた人が席替えで遠くに移ったら症状がなくなった。

男性 40代前半 会社員


仕事のストレスが原因だったので、仕事を離れて休暇をとったのが、効果があったのだと思います。ピロリ菌の治療もしたので、その後、ひどい胃痛にはならないでいます。

男性 40代後半 会社員


実際に効果があったのは、病院で処方された薬の服用。特に試して実感がなかったことはありません。ストレスをためないのは無理なので痛くなったら薬に頼ります。

女性 50代前半 自営業


胃炎を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


ピロリ菌の除去や胃薬の服用だけでは症状は完治しなかった。あとは消化の悪者を食べたときは症状がひどくなった。

男性 40代前半 会社員


LG21ヨーグルとが効果があると聞いたので、毎日、摂っていたのですが効果は感じられませんでした。無駄使いのようでした。

男性 40代後半 会社員


特に試したことでよくなかったことはありません。サプリや市販薬は飲んでいないので効果があるかどうかはわかりません。

女性 50代前半 自営業


胃炎にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


規則正しい生活をするのは当然ながら、ストレスをため込まないように仕事はメリハリをつけて行い、オフタイムは自由な時間を設けてストレスを発散させるよう心掛けている。

男性 40代前半 会社員


私の場合、仕事のストレスが原因だと思うので、予防などできませんので運勢をあげるくらいでしょうか。神頼み

男性 40代後半 会社員


辛いものが好きなのですが、食べる量をほどほどにして、以前のようにたくさん食べたり、毎日食べたりしないようにすること。

女性 50代前半 自営業


胃炎になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


食生活を健全に保つことは当たり前として、内臓がストレスの影響を顕著に受けることを痛感した。 ストレスをため込んだり、ストレスを受ける時間が長期化することで自分の体がもたなくなってしまう一方で ストレスのもとを断つことですっと症状が改善してしまうのも驚きだった。

男性 40代前半 会社員


とにかく胃が痛くなると食べることに困りました。何を食べても痛いので食欲も起こらず、栄養が取れません。起き抜けのコーヒーや喫煙が胃に負担をかけていることを知りました。何か食べてから、あるいは食べながらコーヒーを飲むようにするのが良いと思います。

女性 50代前半 自営業


この記事を見ている方がよく見ている経験談



胃炎でお困りの方に

胃炎に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「胃炎になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「食生活を健全に保つことは当たり前として、内臓がストレスの影響を顕著に受けることを痛感した。 ストレスをため込んだり、ストレスを受ける時間が長期化することで自分の体がもたなくなってしまう一方で ストレスのもとを断つことですっと症状が改善してしまうのも驚きだった。 (男性 40代前半 会社員)」

「とにかく胃が痛くなると食べることに困りました。何を食べても痛いので食欲も起こらず、栄養が取れません。起き抜けのコーヒーや喫煙が胃に負担をかけていることを知りました。何か食べてから、あるいは食べながらコーヒーを飲むようにするのが良いと思います。 (女性 50代前半 自営業)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

胃炎の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する