あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

いびき一覧

いびきから睡眠時無呼吸症候群。無呼吸を自覚したきっかけなどを経験者にうかがいました

掲載日:2017年10月12日

目次
いびきから睡眠時無呼吸症候群。無呼吸を自覚したきっかけなどを経験者にうかがいました

いびきの原因や症状を聞いてみました


いびきがひどく、時々呼吸が止まっているとの指摘が家族よりある。恐らくは睡眠時無呼吸症候群と思われる。(医者には診断を受けていない。)肥満が理由と思われ、起床時には喉が渇くことが多い。特に疲労感はないけれど、症状がひどくなるようであれば。何等かの改善をしたいと思っている。ただし、機械を付けての就寝とかは考えていない。

男性 50代前半 会社員


循環器科で入院中に、イビキが不規則とのしてきが病棟の看護師や同室の入院患者からあり、検査した結果、睡眠時無呼吸症候群であると言われた。疲労感が抜けない可能性があるので、治療しませんか?と言われたが、当時は、出張ばかりで治療する余裕が無かったため、そのままである。

男性 40代前半 公務員


10年以上前に普段から眠たくなったり調子が悪くなったり体が痛くなって倒れたりしてたので病院に行ってお医者さんに診てもらうと『睡眠時無呼吸症候群』の症状があり、検査を受けることになりました。いろいろと検査を受けてみるとその症状があり『いびき』もその病気の症状との結果でした。ひどい症状だったので今もCPAP療法で治療を行っています。

男性 40代後半 会社員


うとうとしているときに自分のいびきで目を覚ますことがある、また肉親からもいびきがうるさくて呼吸していない時がありひょっとすると無呼吸症候群じゃないかと言われた。病院での診断は受けていないが機会があれば受診しようとは考えている。

男性 50代後半 会社員


いびきを改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


肥満が原因と思われるので、痩せることを考えている。食生活の改善や、出来得る限り体を動かすことを試みている。毎日、最低1万歩は歩く様にしている。

男性 50代前半 会社員


医者からダイエットを勧められ、体重が十キロ程落ちてきた頃からイビキをかく回数が減ったようであるらしいが、直接的に改善に繋がったかどうかの検証はしていない。

男性 40代前半 公務員


『睡眠時無呼吸症候群』という病気の為、簡単には『いびき』の症状は改善出来ないので病院のお医者さんの指導により、CPAP療法にて治療を行っています。

男性 40代後半 会社員


特に何かを試したことはないが、鼻腔を広げる絆創膏やいびき防止の鼻に挿入するチューブとかの情報をインターネットで調べた。

男性 50代後半 会社員


いびきを改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


食生活を改め、出来る限り体を動かすようにしているが、目に見る様な形での症状の改善は、現段階では見られない。

男性 50代前半 会社員


毎食の食事量をへらし、帰宅後、毎日、五キロ程度のウォーキングをおこなった。 体重も落ちて、疲れて良く眠れるようになった。

男性 40代前半 公務員


特に今まで改善は、なされていません。CPAP療法を行う事によって症状がひどくならない事を防いでいます。

男性 40代後半 会社員


試したものがないので当然実感もその理由も特になし、ただ鼻腔を広げる絆創膏は試供品を入手したので試してみるつもり。

男性 50代後半 会社員


いびきを改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


寝ている際に唇が開かない様に、絆創膏を貼って寝たが、朝にははがれてしまっていた。市販の専用品ならそういう事もないかもしれないが、価格が割高なので使用していない。

男性 50代前半 会社員


毎日、ポケモンGOや、娘を相棒にしながらウォーキングをしていたので、失敗したと思う余裕は無かった。 只し、運動後に、空腹になり、摘まみ食いとの戦いの方が辛かった。

男性 40代前半 公務員


失敗であったことはありません。これからも一生、この病気と過ごしていかないといけない事が一番の失敗だと思います。

男性 40代後半 会社員


試したことがないので当然効果がなかったこと(失敗したと思うこと)もその理由もありません。また、仮に試しても自分一人で確認できるかが不明。

男性 50代後半 会社員


いびきを防止するため、日々実践している予防法を聞いてみました


口呼吸をしない。食生活の改善や出来る限り体を動かす事でのダイエット。規則正しい生活はなかなか難しく、実践出来ていない。

男性 50代前半 会社員


心臓発作が酷くなってから、運動制限が入り、体重が増えて来たため、また、イビキが酷くなって来ているが、身体を横にして口呼吸しないように気を付けている。

男性 40代前半 公務員


予防対策として行かない事は、運動かなにかして体重を落としていかないといけない事であるが、なかなか普段から出来ないので無理である。

男性 40代後半 会社員


人から深酒をするとよりいびきをかきやすいと聞いたことがあるので、なるべく飲みすぎないようには注意している。

男性 50代後半 会社員


いびきの症状に悩まされて、初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


無呼吸症候群だと、様々な重篤な病気を誘発すると言われており、非常に危惧している。喉も乾くし、何等かの改善を図りたいと思っている。又、知り合いと泊まりに行った際、ひどいいびきによって迷惑をかけてしまわないかと懸念している。

男性 50代前半 会社員


イビキのせいで、職場の同僚に多大な迷惑を掛けていた事を知った。治せるものならば、治したいが、心臓の病気に影響が無いように治療出来るのであれば、今からでも治療を開始したい。心臓の病気に影響が無いことが絶対条件でわあるが

男性 40代前半 公務員


この病気『睡眠時無呼吸症候群』は、太っているからなるからではなくて痩せている人もなる病気です。かえって太っている人は、運動して痩せれば改善出来る病気だということがよくわかりました。僕の場合は、運動不足の為、積もり積もってなった病気なので普段の不摂生を反省しなければいけないなと思いました。

男性 40代後半 会社員


まずうとうとしているときや眠りに入り始めの時などに自分自身のいびきで目を覚ますことがあることが分かった。また、時間的に長時間寝てても仕事中やあるいは車を運転中にあくびが出てきたり急に眠気がおそってきたりする。

男性 50代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



いびきでお困りの方に

いびきに関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「いびきの原因や症状を聞いてみました」のような質問に対して、「10年以上前に普段から眠たくなったり調子が悪くなったり体が痛くなって倒れたりしてたので病院に行ってお医者さんに診てもらうと『睡眠時無呼吸症候群』の症状があり、検査を受けることになりました。いろいろと検査を受けてみるとその症状があり『いびき』もその病気の症状との結果でした。ひどい症状だったので今もCPAP療法で治療を行っています。(男性 40代後半 会社員)」

「いびきがひどく、時々呼吸が止まっているとの指摘が家族よりある。恐らくは睡眠時無呼吸症候群と思われる。(医者には診断を受けていない。)肥満が理由と思われ、起床時には喉が渇くことが多い。特に疲労感はないけれど、症状がひどくなるようであれば。何等かの改善をしたいと思っている。ただし、機械を付けての就寝とかは考えていない。(男性 50代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

いびきの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する