あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

骨粗しょう症一覧

骨粗しょう症、病院の「お薬」で治療を受けられている方に、お話をうかがいました

掲載日:2017年05月11日

目次

骨粗しょう症の症状を聞いてみました


11年前に病院の整形外科で関節リウマチの治療中に骨密度の検査を受けて骨そしょう症と診断されました。自覚症状は今のところなく 身長は1センチくらい低くなりました。先生に処方していただいた薬を ずっと」欠かさず服用したいます。

女性 60代後半 主婦・主夫


既往症が原因で血液検査のアルカリフォスファターゼの値が高くなり、骨への影響が疑われたために骨粗鬆症検査を行いました。特に自覚症状は何もありませんでしたが、検査結果は正常値と比較して約七割程度の骨量しかなく骨粗鬆症と診断されました。

男性 50代前半 会社員


特に今の所骨粗鬆症による症状はありませんが ターナー症候群のため定期的に大学病院の婦人科を受診していて骨密度の検査を一年に一度している ので骨密度が同棲代の一般女性よりかなり少ないことが検査で 判明しました。

女性 30代後半 無職


入院の際長期にわたり大量のステロイド剤を投与するので骨に異常をきたすかもしれないので、事前に骨密度を検査することになり大腿骨、背骨等の骨密度を測ったら、骨がもろく骨粗鬆症と診断された。自覚症状等はなかっただけにびっくりしている。原因は不明であるが、主たる病気のためのためだろうとのことであった。

男性 60代後半 無職


骨粗しょう症を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


病院の医師から出ている処方せん薬を忘れずにのむこと。軽い体操を心がけること。毎日牛乳を飲むことです。

女性 60代後半 主婦・主夫


医師から骨密度を改善する処方箋が出され投薬治療が始まりました。自身もカルシウムを多く含む牛乳を意図的に飲んだりと努力しました。その買いあってか約二年後の検査で改善が認められ投薬中止となりました。

男性 50代前半 会社員


・病院から処方された薬での投薬治療 ・市販されているカルシウムの摂取 ・カルシウムが豊富に入っている乳飲料 ・あかもくの摂取

女性 30代後半 無職


通院で骨粗鬆症のための注射を4週間ごとに受けている。また、ビタミンD剤を毎日服用している。食生活では偏らないように心掛けている。

男性 60代後半 無職


骨粗しょう症を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


体操を続けていることで ほんの少しですがうれしいことに骨量が増えたことです。体操の先生もやっぱり」体操と休養は必要なんですねとおっしゃっていました。

女性 60代後半 主婦・主夫


医師からの投薬治療も効果を及ぼしたと思いますし、自分で努力したカルシウムを多く摂取することも効果を上げたと感じています。

男性 50代前半 会社員


投薬治療が一番効いていると思われますが まだ基準値以下なので治ってはいません。 あと他の試していることは正直効果があるのかは 分かりませんが試さないよりはましと思って 続けています。

女性 30代後半 無職


投薬を受けているので、医師の指示通りの生活をしている。朝の散歩は欠かさず行い、効率よくカルシュウーム分を摂取するよう牛乳などの乳製品は欠かせない。

男性 60代後半 無職


骨粗しょう症を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


サプリメントはあんまり効果を期待していないので 初めから頼ることはなかったです。友人たちもサプリメントは効かないという人が多く 宣伝のしすぎと思っているので失敗したことは特にないです。

女性 60代後半 主婦・主夫


足踏み・歩くなどの運動は骨のためには確実に良いとわかってはいるのですが 面倒臭くて正直できていません。。。

女性 30代後半 無職


投薬を受けたのちも定期的に検査を受けているが、骨密度には変化が見られず、改善しているのか、進行が止まっているのか判断できずわからない。

男性 60代後半 無職


骨粗しょう症にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


規則正しい生活はもちろん 食事にも栄養のバランスなども考慮して3食きちんといただく。なるべくあるここと。

女性 60代後半 主婦・主夫


・カルシウムを摂取する。 ・薬を飲む。 ・あかもくを飲む。 ・野菜を取る ・日光浴をする。等のことをしています。

女性 30代後半 無職


薬の毎日の服用と、4週間ごとの注射を受けており、医師の指示通り偏りのない食事バランスと軽い散歩は欠かしていない。

男性 60代後半 無職


規則正しい生活、意識的なカルシウムの摂取、継続的な筋トレや歩く等の運動、いろいろな食材を食べるようにする等を心掛けています。

男性 50代前半 会社員


骨粗しょう症になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


整形外科の医師に検査をしてもらって本当に良かったと思っています。自分ではとても気が付かなかったですから。症状がでてからではおそかったと思います。これからも定期的に検査をして少しでも骨量がふえ 骨密度があがるようにしていきたいです。

女性 60代後半 主婦・主夫


とにかく骨折しやすいのでちょっとした事 でも折れたりひびが入ったりするんじゃないかとか その場合回復が普通の人より遅いのではないかとか 常に心配しています。 あと骨密度は投薬治療をしてもなかなかそこまで 回復しないなぁと実感しています。

女性 30代後半 無職


骨の中のことなので検査して初めてその密度が分かりびっくりした記憶がある。飲み薬、注射で対応できるというが、投薬の場合決められた日の朝いちにかつ空腹時に飲まなくてはならず忘れっぽい人にとっては苦痛だと思った。私はこの薬を飲むと胃が痛くなったので注射に変えてもらった経緯があり、それぞれの体調にあ合わせたチョイスをしたほうがいいと思う。

男性 60代後半 無職


既往症が原因なのでなんとも感想に困りますが、改めて骨の重要性を強く感じました。幸いにも骨折等の怪我に結びつくこともなく、そういう意味では幸運であったと感じています。できたら医師から骨粗鬆症リスクに対する備え等の事前説明があれば結果は幾何かも変わったのではないかと感じています。

男性 50代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



骨粗しょう症でお困りの方に

骨粗しょう症に関しての経験を持つ方々に、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「骨粗しょう症になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「とにかく骨折しやすいのでちょっとした事 でも折れたりひびが入ったりするんじゃないかとか その場合回復が普通の人より遅いのではないかとか 常に心配しています。 あと骨密度は投薬治療をしてもなかなかそこまで 回復しないなぁと実感しています。 (女性 30代後半 無職)」

「骨の中のことなので検査して初めてその密度が分かりびっくりした記憶がある。飲み薬、注射で対応できるというが、投薬の場合決められた日の朝いちにかつ空腹時に飲まなくてはならず忘れっぽい人にとっては苦痛だと思った。私はこの薬を飲むと胃が痛くなったので注射に変えてもらった経緯があり、それぞれの体調にあ合わせたチョイスをしたほうがいいと思う。 (男性 60代後半 無職)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

骨粗しょう症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する