あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

脂肪肝一覧

脂肪肝の検査方法は?診断されるきっかけとなった検査法を経験者に聞いてみました

掲載日:2017年05月02日

目次

脂肪肝の症状と検査について聞いてみました


会社の健康診断のエコー検査で指摘された。肝臓系の検査値が高く、コレステロール、中性脂肪の値も高かった。食生活においては、仕事の終り時間が遅かったにもかかわらず、帰宅してからの飲酒はもちろんのことつまみをよく食べていた。また、日常の食事も大食いだったので、それらが原因だと思った。特に自覚症状はなかった。

男性 40代前半 会社員


献血後に送付される検査結果を見ると、ALTの値が88になっており、次回献血に行くと、当分の間献血できないと言われたので、かかりつけ医に診察してもらった。その前後、何年間かは、体が疲れやすかったような気がする。

男性 40代後半 教職員


風邪をひいたときに病院で血液検査を受け、数値が高かった 体重が100kgを超えていたこと、飲酒は月に数日程度ということで、非アルコール性の脂肪肝だと診断された その時期は間食が多く食事量も多かった 飲酒量については月に何日飲むかと聞かれたから数回と答えたが、 1回で1升ほど飲むため、月平均では3~5升ほど飲み、本当に非アルコール性の脂肪肝なのかは怪しいところ

男性 30代後半 会社員


肝機能の数値とエコー検査にて脂肪肝と診断される。アルコールを飲まないことから、非アルコール性脂肪肝であるとの指摘があった。特に体調の変化も無いので経過観察中であるが、運動して痩せるようにとの指導を受けた。

男性 40代後半 会社員


脂肪肝を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


ちょうどそのころ、中性脂肪とコレステロールの値を改善するために本格的な治療のため専門医を受診し、食生活の改善とウォーキングを開始、継続することで改善を図った。

男性 40代前半 会社員


毎食、ごはんの量を減らして、総カロリー量を減らした。毎日ジョギングをしたり、筋力トレーニングをしたりして、運動した。

男性 40代後半 教職員


肝機能を改善する薬を処方され、しばらくは服用していたが、 高額だったため、止めた 食事もある程度間食を抑えるようにしたが、それ以上は特に何もしていない

男性 30代後半 会社員


脂肪肝を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


食生活の改善、つまり炭水化物の多量摂取はやめる、サラダへのマヨネーズ、ドレッシングは使わない、焼肉屋に行っても肉を食べない、などを行い、大幅に改善したと同時に脂肪肝も解消された。

男性 40代前半 会社員


運動し、食事量を減らし、やせたことで、ALTの値が減り、実際に効果があったと思う。それ以外には何にもしていないと思う。

男性 40代後半 教職員


薬の服用は、ある程度の効果が見えた 間食を控え少し体重も減ったが、もともと他の病気の時に一緒に発見されたもので、 それ自体に問題を抱えている自覚は無かったため、あまり効果を感じてはいない

男性 30代後半 会社員


脂肪肝を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


自分にあっており、日常的に継続できること、例えばジョギングではなくあくまでもウォーキングにしたことや、時間の目安を作っても無理して達成せずに気分に合わせて柔軟に変更するなどしたので、結果的に継続でき、効果がないことはなかった。

男性 40代前半 会社員


総じて効果はあったが、薬の服用は薬が高額だったため、費用対効果は良くなかった 間食を控えたのも効果はあったが、勤務時間の長い職場で強いストレスもあり、間食を抑えて精神的に不安定になることを考えれば、費用対効果としては良くないと思った

男性 30代後半 会社員


軽い運動や食事を野菜中心にしたぐらいでは体重に変化もなく、また肝機能の数値にもほとんど影響はでない。

男性 40代後半 会社員


脂肪肝にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


食生活については大いに注意を払っている。酒は好きなので、せめてつまみはカラダニいいものを中心にするとか、飲んだ後のシメのラーメンなどは一切しない。

男性 40代前半 会社員


結果が出てからも運動をして、カロリー量を減らすようにしています。また、献血の時のALTの値をいつもチェックするようにしています。

男性 40代後半 教職員


もともと他の病気を診察した時に一緒に発見されたものだったため、脂肪肝自体に問題も感じていなかったこともあり、間食を控えたこと以外は特に何もしていない

男性 30代後半 会社員


脂肪肝になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


知識としてはあったし、指摘されてからも数年は放っておいたので、もっと早くに~とは思わない。結局、人間、本気で変えようと思わない限り改善しないし、そういうきっかけが無いと難しいので、早く知ったからといって対処はしなかったろうと思う。

男性 40代前半 会社員


ありません。脂肪肝になっても、かかりつけ医に相談すれば、治療ができることがわかりました。ただ、治療と言っても、薬を飲むわけでもあるまいし、手術をするわけでもないので、病院に掛かる必要は何にもないと思います。ただ、食事量を減らして、運動すればよいだけです。

男性 40代後半 教職員


食事量の増加や間食による体重の増加は、職場での強いストレスによるもののため、 早い時期に脂肪肝を発見してもらっていれば、もっと早く退職していたと思うので、 健康診断では、若い年齢の者にも血液検査を義務付け、症状によっては会社と協議して退職を勧める等はしても良いと思う

男性 30代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



脂肪肝でお困りの方に

脂肪肝の診断を受けた方に、診断時の検査に関することと、改善時にやってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「脂肪肝になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「食事量の増加や間食による体重の増加は、職場での強いストレスによるもののため、 早い時期に脂肪肝を発見してもらっていれば、もっと早く退職していたと思うので、 健康診断では、若い年齢の者にも血液検査を義務付け、症状によっては会社と協議して退職を勧める等はしても良いと思う (男性 30代後半 会社員)」

「知識としてはあったし、指摘されてからも数年は放っておいたので、もっと早くに~とは思わない。結局、人間、本気で変えようと思わない限り改善しないし、そういうきっかけが無いと難しいので、早く知ったからといって対処はしなかったろうと思う。 (男性 40代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

脂肪肝の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する