あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

脂肪肝一覧

脂肪肝の数値は?脂肪肝の診断を受けた方の実際の数値や症状をうかがいました

掲載日:2017年10月30日

目次
脂肪肝の数値は?脂肪肝の診断を受けた方の実際の数値や症状をうかがいました

診断時のALT(GPT)やAST(GOT)は?脂肪肝の症状と診断時の数値を聞いてみました


γGTPが300を超えていた。ほぼ、毎日ウィスキー等の度数が強いお酒をかなりの量を飲酒していた。しかも、長年にわたっており、不摂生な生活を送っていた。また、体重も増え、肥満状態であった。飲酒を控えても、数値は150以上あったと思う。

男性 50代後半 会社員


AST55、ALT74たばこやお酒は飲みません。体調も普通ですが、以前から悪く、一番悪い時は、AST78、ALT101でした。 体重が重いときはそんな数値が出るみたいで、16kg痩せた時は数値も正常に戻りました。以前C型肝炎でインターフェロンで治してからずっと検査に通っています。

女性 50代前半 主婦・主夫


腹部超音波診断にて脂肪肝と診断。定期的な運動等をしておらず、炭水化物を多く摂っている(菓子類の間食)生活習慣であるためこの診断が下された。検査数値はALT(GPT)が21、AST(GOT)が17、γ-GTPが32であった。

男性 50代前半 会社員


会社の定期健康診断でAST(G0T)= 82/ALT(GPT)=167/γ-GTP=142 特に自覚症状はなかった 間食が多かったがアルコールはそれほど飲まない 勤務がシフト制のため夜勤が多い 体重120kgの肥満体型

男性 30代前半 会社員


運動による改善を試みた方多数。脂肪肝を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


病院から薬をもらっていたが、あまり改善しなかった。50才の時、一念発起しダイエットの挑戦。83Kg から56Kgに体重を落とした。γGTPは40まで下がった。

男性 50代後半 会社員


今もやっていますが、ウォーキングと野菜中心の生活です。特にごまで数値が下がっているようで、大量のごまの料理が良いみたいです。

女性 50代前半 主婦・主夫


同時に糖尿病との診断も下されたので、食事量、間食の削減や糖質制限などを行っている。運動については週1回のウォーキングを実施中。

男性 50代前半 会社員


有酸素運動(毎日10000歩以上歩く)を定期的に行い、ジムで筋トレを始めた 飲酒を控えるようにした

男性 30代前半 会社員


ウォーキングや食事制限など、脂肪肝を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


一駅分歩くことは今現在も継続している。また、食事も野菜中心に変え、炭水化物は量を減らしている。毎日、体重を計り、手帳に記載している。

男性 50代後半 会社員


ウォーキングで数値が下がったのと疲れにくくなりました。野菜中心とウォーキングで数値が正常になったときもあります。今は体重多めなので、もっと全体のカロリーを控え、もっと胡麻を取らないとと思っています。

女性 50代前半 主婦・主夫


炭水化物、糖質制限を行ない、脂肪の摂取を控えることと、運動を行う事で体重が2kgした。腹回りが2cmぐらい減少した。

男性 50代前半 会社員


肝機能の各種数値が正常範囲内に戻った 体調がよくなり、病気にかかりにくくなった 体力と筋力がついた

男性 30代前半 会社員


脂肪肝を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


寒い日や雨の日はウォーキングが減ってしまうのと、夜中に寝れなくて食べてしまうことがいけないみたいです。

女性 50代前半 主婦・主夫


腹回り、体重等の減少に気を良くして若干間食を再開したたところ、血糖値の数値が悪化してしまった。運動は毎日できるものではないので、少しやり方を変えたが、筋肉を傷めかねない結果になった。

男性 50代前半 会社員


特茶などのトクホ系飲料等を摂取したが特に改善効果が感じられなかった 食事制限は疲れが取れにくくなり続けにくかった

男性 30代前半 会社員


脂肪肝にならないため、日々実践している予防法を聞いてみました


飲酒の回数を減らすべく、週に1回か2回は休肝日を設けている。また、強いお酒を飲むときは、必ずチェイサーを用意し、水を飲むようにしている。

男性 50代後半 会社員


ウォーキングと野菜中心生活は辞めないで続けて行くつもりです。胡麻は最近出来てませんが、検査前1ヶ月前にはまたやりたいと思います。

女性 50代前半 主婦・主夫


間食を徐々に減らし、最終的には摂らないようにすること、食生活での改善とデキストリン摂取を行うことで糖質の吸収を抑えることを行う。運動は継続する。

男性 50代前半 会社員


極力アルコールは控えるようにしている 毎日の有酸素運動を欠かさないように努力している 塩分を取り過ぎないようにきをつけている

男性 30代前半 会社員


脂肪肝になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてもらいました


食事と運動のバランスが大切だと思うが、なかなか実践できないのが現状だと思う。何か、重大な事態(命の危険が伴うような)がおきないと難しいとおもうが、医師からのアドバイスを受け対応したほうがいいと思います。

男性 50代後半 会社員


胡麻がいいなんてあまり知られてないと思います。運動療法士の先生について運動や食生活を変えた時も体重は減って中性脂肪は下がりましたが、肝臓の数値は上がったので、ストレスがいけないのと、胡麻が効くみたいです。

女性 50代前半 主婦・主夫


30年以上前、大学入学で親元から離れ、一人暮らしを始めたが高校までやっていた運動をぱったりやめたにもかかわらず、食生活は変わらなかった(量の減少はなかった)。自炊を行っていたが肉食、揚げ物中心の食生活だった為、それらの30年の積み重ねが現在の状況を招いたのではないかと考えている。

男性 50代前半 会社員


脂肪肝になると自覚症状はほぼないが、将来的に肝硬変や肝臓ガンの罹患リスクを高めてしまうということを後で調べて理解した。 肝臓は沈黙の臓器ともいい自覚症状が現れにくいが現れてからではかなり進行しているということを理解した。

男性 30代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



脂肪肝でお困りの方に

脂肪肝の診断を受けた方に、診断時の実際のALT(GPT)やAST(GOT)、γ-GTPの数値や、その後の改善のためにやってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「脂肪肝になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「30年以上前、大学入学で親元から離れ、一人暮らしを始めたが高校までやっていた運動をぱったりやめたにもかかわらず、食生活は変わらなかった(量の減少はなかった)。自炊を行っていたが肉食、揚げ物中心の食生活だった為、それらの30年の積み重ねが現在の状況を招いたのではないかと考えている。 (男性 50代前半 会社員)」

「食事と運動のバランスが大切だと思うが、なかなか実践できないのが現状だと思う。何か、重大な事態(命の危険が伴うような)がおきないと難しいとおもうが、医師からのアドバイスを受け対応したほうがいいと思います。 (男性 50代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

脂肪肝の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する