あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アレルギー一覧

アレルギー症状との「付き合い方」。アレルギー性鼻炎などでお困りの方の実際の治療法、改善策

掲載日:2017年10月26日

目次
アレルギー症状との「付き合い方」。アレルギー性鼻炎などでお困りの方の実際の治療法、改善策

アレルギーの症状を聞いてみました


季節の変わり目(特に春と秋)、冬の寒暖差やハウスダストで、喉のかゆみ、それがひどくなると扁桃炎になり、それに加え鼻水がダラダラ、目のかゆみもあって、耳鼻科での診察とアレルギーの薬とティシューが手放せません。

男性 40代前半 公務員


ハウスダストで鼻炎になります。埃が舞うと鼻がムズムズしてくしゃみがたくさん出て、鼻水が止まらなくなります。 同時に目も痒くなり、充血します。 季節の変わり目で、朝晩の気温差が大きい時にも同じような症状が出ます。

女性 30代後半 主婦・主夫


アレルギー性鼻炎であるため、季節の変わり目、特に春先は天気の良い日に外出すると無職透明のさらさらな鼻水が止まらなくなる。また、目もかゆくなり涙がでる。耳鼻咽喉科に行きアレルギー性鼻炎の炎症を抑える薬を出してもらうと楽になる。

女性 30代後半 主婦・主夫


生まれつきアレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎です。 アレルギー性鼻炎の主な原因はホコリ、ハウスダストだと思います。今は昔ほどではないですがやはりホコリが多い場所などはくしゃみが出ます。 アトピー性皮膚炎は小さい頃は身体中に発疹が出て大変でしたが今ではすっかりきれいになり症状も軽くなりました。

女性 20代後半 会社員


アレルギーを改善するためにどのようなことをしているのか聞いてみました


耳鼻科に行き、アレルギーの薬をいろいろ試して処方してもらって、喉のかゆみが出てきたら、扁桃炎予防に漢方薬を処方してもらっています。

男性 40代前半 公務員


ハウスダスト対策で、家をこまめに掃除します。 予防として効き目があるかわかりませんが、ヨーグルトを毎朝食べています。

女性 30代後半 主婦・主夫


晴れて天気の良い日はマスクをする。コンタクトレンズではなく眼鏡をするように気を付ける。外出を控え極力家にいるようにする。

女性 30代後半 主婦・主夫


病院にいき飲み薬と塗り薬を処方してもらったり、漢方専門の薬局で漢方を処方してもらい飲んだりした。普段もマスクは着けるようにしている。

女性 20代後半 会社員


アレルギーの症状を抑えるために、やってみてよかったことを聞いてみました

初めはアレルギー薬のエバステル、その後から今はタリオンを処方飲用中。かゆみ止めもあり、タリオンを飲むとかゆみが収まるので効いていると思います。扁桃炎予防に「桔梗蕩」を飲んでいますが、これをもらってからはかゆみがひどくなる前に飲んで扁桃炎になっていません。

男性 40代前半 公務員


ハウスダストを出さないように努力したら、以前より症状が改善されたような気がします。 布団の上げ下げの時は要注意なので、ゆっくりするようにしています。

女性 30代後半 主婦・主夫


マスクを着用する。コンタクトレンズではなく眼鏡を着用する。晴れた日や天気の良い日は極力外出を控える。

女性 30代後半 主婦・主夫


病院で処方して貰ったのみ薬と塗り薬は効果があった。アトピー性皮膚炎の時に塗り薬を塗ったらすぐ効果が出始めた。アレルギー性鼻炎に関しては一時的にはよくなった程度。

女性 20代後半 会社員


アレルギーの症状を抑えるために、やってみて失敗したことを聞いてみました


エバステルは、弱い薬だったのであまり効いているのか効いていないのかよく分からなかった。医師にこれって効いてる?と質問されてもよく分かりませんでした。

男性 40代前半 公務員


市販の薬をのんで、薬品名は忘れましたが、頭がぼんやりして、気分が悪くなった事があるので、市販薬を飲むときは少し怖いです。

女性 30代後半 主婦・主夫


風邪だと思い、市販の風邪薬を飲み続けてもまったく効果がなかった。病院にいき鼻水をおさえる薬をもらってもあまり効果がなかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


市販で売っているアレルギー性鼻炎の薬はあまり効果が期待できなかった。飲むと喉が乾いて大変だった。マスクもいいが夏などは暑くて大変。

女性 20代後半 会社員


アレルギーの症状を抑えるために、やっていることなどを聞いてみました


もともと大好きで食べていましたが、免疫力をアップさせるのに、ヨーグルトなどの乳酸菌を取るのが良いということでずっと食べ続けています。

男性 40代前半 公務員


毎朝ヨーグルトを欠かさず食べています。効果のほどはよくわかりませんが、これから効き目がある事を期待します。

女性 30代後半 主婦・主夫


マスクを着用する、晴れて天気の良い日は外出を控え、極力家にいるように心掛ける。具合が悪くなったら早めに耳鼻咽喉科に行き専用のくすりを処方してもらう。

女性 30代後半 主婦・主夫


部屋の換気を定期的にするようにしている。 規則正しい生活と睡眠をよくとるようにしている。食事にも気を使うようにしている。

女性 20代後半 会社員


アレルギーになって初めて知ったことや教訓、アドバイスを聞いてみました


子供にも同じようなアレルギーが遺伝?ではないのでしょうが、同じような症状があるのでそれは嫌だなぁと実感しているところです。花粉症に舌下治療などの治癒を目指す治療法がでてきはじめているので時間はかかりますがやってみるのもいいかな、と思います。

男性 40代前半 公務員


アレルギーは一生付き合って行かなければならないものなので、自分なりの対処法を知っていると良いと思います。 アレルギー症状が出た時は、市販薬より病院にかかった方が即効性もあるし、安全だと思うので、自己判断せずに、病院に行くべきだと思います。

女性 30代後半 主婦・主夫


自分がアレルギーであることにまったく気がつかず長い間普通の内科から処方された風邪薬、鼻炎の薬を飲んでいたがまったく効果が感じられなかった。もっと早くアレルギーであることを疑い耳鼻咽喉科に行き診察を受けるべきだったと反省している。

女性 30代後半 主婦・主夫


アレルギー性鼻炎は後鼻漏になることもあるので早めに病院にいき診断してもらったほうがいいと思う。 アトピー性皮膚炎に関しても早めに病院に行くべき。悪化してから病院に行っても治りが遅かったりあとが残ったりしてあとあと後悔することがあるので早めに行くべきです。

女性 20代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アレルギーでお困りの方に

アレルギーに関しての経験を持つ方々に、ハウスダストやアレルギー性鼻炎について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「アレルギーになって初めて知ったことや教訓、アドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「アレルギー性鼻炎は後鼻漏になることもあるので早めに病院にいき診断してもらったほうがいいと思う。 アトピー性皮膚炎に関しても早めに病院に行くべき。悪化してから病院に行っても治りが遅かったりあとが残ったりしてあとあと後悔することがあるので早めに行くべきです。 (女性 20代後半 会社員)」

「アレルギーは一生付き合って行かなければならないものなので、自分なりの対処法を知っていると良いと思います。 アレルギー症状が出た時は、市販薬より病院にかかった方が即効性もあるし、安全だと思うので、自己判断せずに、病院に行くべきだと思います。 (女性 30代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

アレルギーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する