あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アレルギー一覧

様々なアレルギー、詳しい原因と症状は?経験者にその症状と対処法をうかがいました

掲載日:2017年05月01日

目次

アレルギーの症状を聞いてみました


イネ科の植物や紫の花が咲くマメ科の植物が生えるころに咳や鼻がムズムズしたり、目が痒くなったりする。埃っぽいところでは咳が止まらない場合も多い。また化学物質系の匂いにも反応するため、インクなどの塗装したてのところではくしゃみが止まらない。黄砂が飛ぶころになると、顔全体が痒くなり、手の指も非常に痒くなる。

女性 30代後半 会社員


スギ花粉症がかなり重度なので、2月ごろから目が真っ赤になり、目のかゆみとくしゃみが一向に止まらなくなってしまいます。薬は飲んでいるのですが、あまり効果はなく、ずっと症状が続いている状態です。また、ヒノキ花粉や稲花粉にもやや反応してしまいます。

男性 20代前半 会社員


昔、工場のバイトにいったときにハウスダストになりました。 すごくほこりがいっぱいあって、咳が止まらずに涙も出てしまいました。 病院に風邪かとおもい受診しました。 病院にいくと風邪ではなくてハウスダストと言われました。 正直びっくりしました。

女性 20代後半 主婦・主夫


春の新緑が萌ゆる季節から、夏の稲の花の花粉、秋の雑草の花粉にアレルギー反応があります。症状として、くしゃみと水のような鼻水が永遠と出続け、また、目がかゆく、真っ赤になってしまいます。 鼻をかみすぎて鼻の内側が切れてしまい、よく鼻水に血が混ざっています。

女性 20代後半 主婦・主夫


アレルギーを改善するためにどのようなことをしているのか聞いてみました


つらい時期にはマスクを付けている。症状が酷い時は薬局で手に入るアレルギー関係の飲み薬を飲むようにしている。

女性 30代後半 会社員


まずは目に花粉が入ることをできるだけ防ぐべく、ゴーグルをかけるようにしています。それだけでなく、飲み薬や鼻スプレーも併用しています。

男性 20代前半 会社員


工場のバイトをまずやめました。 バイトをやめると咳や鼻水はでてこなくはなりましたが、 ハウスダストを完全に予防することはできません。 たまたま行った場所がほこりがいっぱいあったこともありました。

女性 20代後半 主婦・主夫


ドラッグストアに常駐している薬剤師にアレルギーに効く薬を選んでもらい、毎日続けて薬を飲むこと。 また、内臓を冷やすと症状が酷くなると聞いたので、暖かいモノを飲むようにしています。

女性 20代後半 主婦・主夫


アレルギーの症状を抑えるために、やってみてよかったことを聞いてみました


マスクは所詮簡易的な防護であり、口元部分しか隠れないため顔のかゆみは避けられない。飲み薬はアレグラFXを服用しているが、飲んでいる間は症状も少し柔らかくなり効果があったように思われる。

女性 30代後半 会社員


ゴーグルを着用すると、着用していないときに比べてかなり症状が抑えられた気がします。また、鼻スプレーをした直後は鼻水の量も少ないです

男性 20代前半 会社員


病院で処方された薬を飲むことが一番効きました。 ハウスダストの薬をあまり薬局で見たことなかったので、市販の薬には頼れませんでした。

女性 20代後半 主婦・主夫


ドラッグストアに常駐している薬剤師に紹介してもらった薬は、服用している期間は症状が和らぎとてもよかったが、薬の効果が切れるとどうじに

女性 20代後半 主婦・主夫


アレルギーの症状を抑えるために、やってみて失敗したことを聞いてみました


先にも記述したが、マスクは所詮口元だけを防ぐものなので、顔のかゆみを防ぐことは出来ないのでやや辛い。

女性 30代後半 会社員


病院に行く前は「アレジオン」という市販の薬を飲んではいましたが、ほとんど効果がなく、副作用としてひたすら眠気に襲われてしまいました。

男性 20代前半 会社員


忙しくて病院に行けないときはきつかったです。 そういう時は我慢するしかなかったです。 我慢すると夜が寝れずしんどかったです。

女性 20代後半 主婦・主夫


花粉を予防しようとしてマスクを着用していたが、逆に息苦しくて具合が悪くなってしまったので、どんなに花粉が酷くてもマスクはしないようにしている。

女性 20代後半 主婦・主夫


アレルギーの症状を抑えるために、やっていることなどを聞いてみました


出来る限り薬に頼らないようにするため、規則正しくしっかり食事を取ることと睡眠をとることを心掛けている。

女性 30代後半 会社員


免疫力を高めるために、できるだけバランスの良い食生活を心がけるようにしています。そうすれば、少しは症状が楽になっています。

男性 20代前半 会社員


特にやっていることはなかったです。 ただ、ほこりが出そうな場所にはあまり行かないことが一番大事だと思います。 自分からわざわざしんどいところに行く必要はないので。

女性 20代後半 主婦・主夫


冷たい飲み物よりも暖かい飲み物を選ぶようにしている。内臓の機能が弱ると身体が弱ると言われたので、それからは暖かいモノを飲むようにしています。

女性 20代後半 主婦・主夫


アレルギーになって初めて知ったことや教訓、アドバイスを聞いてみました


病院に行ってアレルギー反応の検査を行ってもらったが、もっと詳しく調べてもらえる所でないと本当に細かいアレルギー反応についてはわからないことや、アレルギー持ちの人はその都度反応するアレルギーも変化する場合があるということが分かり、実際自分の身に起こってみないと判断できないのが現状のようで、それも対応に困ると思った

女性 30代後半 会社員


花粉症はそう簡単に治るアレルギーではないので、こまめに対策を講じることが一番重要です。花粉が飛び始めたらまずは病院に行きましょう。そして、処方された薬は毎日飲むからこそ効果が現れるものなので、サボることなく飲むようにしましょう。

男性 20代前半 会社員


ハウスダストの症状は急に来ます。 今までなかった人が急にハウスダストになることもあります。 私も花粉症に似た症状はなったことはあるが、ハウスダストにまさか自分がなるとは思わなかった。 少しびっくりもしました。 花粉症の薬みたいにあらゆる場所でたくさん売っていることもない。

女性 20代後半 主婦・主夫


例え症状がかるくても、くしゃみと鼻水が出ることに変わりはないので、どちらにせよ辛い。 病院へ行き、きちんと症状にあった薬を処方して貰った方が、普通よりも症状が軽くなり良いと思った。 症状が出てからでも構わず、これからは病院へ行こうと思った。

女性 20代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アレルギーでお困りの方に

アレルギーに関しての経験を持つ方々に、症状について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「アレルギーになって初めて知ったことや教訓、アドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「ハウスダストの症状は急に来ます。 今までなかった人が急にハウスダストになることもあります。 私も花粉症に似た症状はなったことはあるが、ハウスダストにまさか自分がなるとは思わなかった。 少しびっくりもしました。 花粉症の薬みたいにあらゆる場所でたくさん売っていることもない。 (女性 20代後半 主婦・主夫)」

「病院に行ってアレルギー反応の検査を行ってもらったが、もっと詳しく調べてもらえる所でないと本当に細かいアレルギー反応についてはわからないことや、アレルギー持ちの人はその都度反応するアレルギーも変化する場合があるということが分かり、実際自分の身に起こってみないと判断できないのが現状のようで、それも対応に困ると思った (女性 30代後半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

アレルギーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する