あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

下痢症一覧

下痢の原因=ストレス?アレルギー?様々な下痢の原因を経験者に聞きました

掲載日:2017年11月28日

目次

この記事も関連しているかも・・?

下痢で悩んでいる方に聞いた普段気をつけていること
下痢の原因=ストレス?アレルギー?様々な下痢の原因を経験者に聞きました

下痢症の症状を聞いてみました


半年に一度程度食べ過ぎてお腹を壊す事がある。ここ数年は腹痛が激しい時は血の気が引いて冷や汗が大量に出てしまい非常に気持ちが悪くなって貧血を起こす様になった。調べたら迷走神経反射を起こしてしまっている様で非常にやっかい。

女性 40代前半 主婦・主夫


小さい頃からテストの前や発表の前など、極度の緊張やストレスがかかるとお腹を下しやすくなります。風邪をひいたときなど、抗生物質を飲むと腸内のバランスが崩れてげりになります。胃腸が弱いので、少し食べすぎたかなと思うと下痢になります。

女性 30代後半 主婦・主夫


冷えたもの、辛い、熱いなどの刺激が強いものを食べるとすぐにおなかを下してしまう。腹痛もさることながら、すぐに便意を感じトイレに駆け込まなければならないほどである。また、それも一度ではなく何度も繰り返し排便してようやく治まるといった具合である

男性 20代後半 無職


ストレス及びアレルギーによる物が多く暴飲暴食等の直接的な刺激による物は少ない。その為、ストレスが解消されたりアレルギーの原因とされる物質が体外に排出されると直後には腹痛も収まりなんの不快感も残らない。それどころか食事をしたりアイスクリームを食べても何ら不具合が無い。

男性 50代前半 自営業


下痢症を改善するために試したことを聞いてみました


日常的に起こる訳ではないので、特に薬を飲む事もしていないし食生活も変えていない。明らかに食べ過ぎでは無い突然の下痢もたまに起こるので、解消しようが無い。

女性 40代前半 主婦・主夫


冷たいものを極力取らないようにして、腸を冷やさないように気を付けています。ストレス性の下痢はどうしようもないので、整腸剤を飲んで対応します。

女性 30代後半 主婦・主夫


極力冷たいもの、辛い、熱いなどの食べ物を摂取しないようにする。これらを避けていればある程度防げていると思う。

男性 20代後半 無職


出来る限りストレスをためないように努力する。アレルゲンとなる物質を摂取しないように食生活に気を付ける

男性 50代前半 自営業


下痢症を改善するために試したことの中で効果があったことを聞いてみました


特に何もしていないが、以前牡蠣を食べた後にお腹を壊した事があってそれ以降牡蠣は避けるようになった。でもそれでもやっぱり年に一度か二度と酷い下痢を起こすのでどうしようもない。

女性 40代前半 主婦・主夫


ストレスが原因である場合は、自分ではコントロールできないので、専用の薬を処方してもらうようになりました。

女性 30代後半 主婦・主夫


極力冷たい食べ物、辛い、熱い食べ物を摂取しないように心がける。これらを避けていると有る程度は防げていると思う

男性 20代後半 無職


原因となる物を取り除く事こそが大切。ストレスであるなら、その状態を楽しみ腹痛が起きると言う事は体の危険信号だと認識しリラックスに努める。アレルギーによる物なら摂取した物さえ排出すれば軽快するので、その時を楽しみに待つ。

男性 50代前半 自営業


下痢症を改善するために試したことの中で効果がなかったことを聞いてみました


以前はお腹の健康を意識して積極的にヨーグルトを食べていたが、特に便通が良くなる事も無く、下痢もたまに起こるいつもの平常運転ぶりに変わりが無かったのでヨーグルトは大して効果は無かった。

女性 40代前半 主婦・主夫


市販の下痢止めは具合が悪くなるだけで効果はない。ストレスを避けようとしても実際の生活が成り立たなくなる。

女性 30代後半 主婦・主夫


下痢症を抑える効果が見込まれている飲み薬は、即効性もなく私には効き目がなかった。飲んでも飲まなくても変わらないような気がする

男性 20代後半 無職


下痢をすると言う事は心身が危険信号を発していると言う事なので、薬剤を使用して無理に止めてしまうと原因物質を排出しにくくなるばかりか毒素を発生・増加させてしまう場合もある。アレルギー性にもかかわらず止痢剤を飲んで遷延化したことがある。

男性 50代前半 自営業


下痢症を改善するために普段から気をつけていることを聞いてみました


なるべくお腹を冷やさない。子供の頃に寝冷えで酷い下痢になって散々な思いをしたので真夏の熱帯夜でもお腹だけはしっかりタオルケットを巻いて寝る様にしている。

女性 40代前半 主婦・主夫


刺激の強いものは極力食べないようにする。冷たいものは取らない。腹巻をして腸を温かくする。調子が悪くなりそうなら早めに整腸剤を飲む。

女性 30代後半 主婦・主夫


極力、冷たい食べ物、辛い、熱い食べ物を摂取しないようにすることを心がける。また空腹時に食事をする際にあまり多くの量を食べないこと

男性 20代後半 無職


ストレスは適度にコントロールするようにする。アレルゲンとなる物質を摂取しないように食生活に気を付ける。

男性 50代前半 自営業


下痢症を経験して知ったこと、教訓などを聞いてみました


寝冷えからの下痢に限ってなら、とにかく寝る時はお腹だけは冷やさない事。食中りならどうしようもないので、移動が多い日や旅先では怪しげな物はなるべく食べない事。酷い下痢になって初めて自分が迷走神経反射を起こす体質だと知った。

女性 40代前半 主婦・主夫


ストレスは体に良くないということと、精神と胃腸は関係が直結していて、連動してすぐ症状が出るので大変である。ストレスがかかりそうな事態の前日には処方薬を飲むなどの対処法が大切である。精神安定剤ではなく胃腸の処方薬でも十分に効果があるものがある。

女性 30代後半 主婦・主夫


何度もトイレに行かなければならないこと、また、それによって生じるストレス、時間と行動が制限されること。 教訓やアドバイスはこれと言ってないが、この身体で有る以上うまく付き合っていかなければいけないなと思う。

男性 20代後半 無職


下痢は過度なストレスによる体内からの危険信号なので、思い切って作業などを停止しリラックスして解消に努める。アレルギー性の場合や食中毒による場合等、原因と思われるものは多岐にわたるので、やみくもに止痢剤などを引用しないでまずは原因解明を第一とする。

男性 50代前半 自営業


この記事を見ている方がよく見ている経験談



下痢症でお困りの方に

下痢症に関しての経験を持つ方々に、原因について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「下痢症を経験して知ったこと、教訓などを聞いてみました」のような質問に対して、「下痢は過度なストレスによる体内からの危険信号なので、思い切って作業などを停止しリラックスして解消に努める。アレルギー性の場合や食中毒による場合等、原因と思われるものは多岐にわたるので、やみくもに止痢剤などを引用しないでまずは原因解明を第一とする。 (男性 50代前半 自営業)」

「ストレスは体に良くないということと、精神と胃腸は関係が直結していて、連動してすぐ症状が出るので大変である。ストレスがかかりそうな事態の前日には処方薬を飲むなどの対処法が大切である。精神安定剤ではなく胃腸の処方薬でも十分に効果があるものがある。 (女性 30代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

下痢症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する