あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

貧血一覧

貧血の症状は様々。実際の経験談と、その予防法を聞いてみました

掲載日:2017年09月01日

目次
貧血の症状は様々。実際の経験談と、その予防法を聞いてみました

実際の貧血の症状を聞いてみました


立ちくらみ、息切れ、嘔吐、長く歩くことが出来ない。顔色が白く血の気がなかった。 食欲がなく、水も喉に通らなかった。寝てても頭の中がぐるぐる回ってる感じで気持ち悪かった。 乗り物に乗るとすぐによってしまう。長く立っていられなかった。

女性 50代前半 その他


山登りをしているときなど、すこし強い運動をすると視野が少しずつ白くなって気分が悪くなることがある 健康診断の結果も過去に何度も貧血と言われており、 最近の健康診断での具体的数値は赤血球数が438、血色素量が13.5 となている

男性 60代前半 無職


座っていたら、しゃがんでいた後に立ったりするとふらっとする。急に頭痛に襲われて立っていられなくなる。目の前がぼーっとなって倒れそうになる。フラフラした状態になる。立っていることが困難になる。血圧が下がり、脈拍が低下、呼吸が荒くなる。過呼吸のような状態になる。

女性 20代前半 学生


座ってから立ち上がるときに立ちくらみ、生理前は毎回顔色が悪い、突然耳鳴りがする、人混みで意識がなくなる、電車で倒れる、運ばれる、目の裏が白いとよく言われる、ヘモグロビンが足りていないと指摘を受ける、運動をするのが困難になることがある

女性 40代前半 会社員


目の下瞼をめくると白くなっていて、頭がフワフワとした感覚になりました。 夏の暑い日差しの中に立っていると、立ちくらみがしたり、くらくらすることもありました。 唇が白くなって、顔も青ざめるので、他の人から見ても、貧血の時は分かるようです。

女性 40代前半 フリーター


貧血の症状を改善する為に実行したことを聞いてみました


鉄分摂取に良いと言われるほうれんそうを食べたり、鶏レバーを積極的に摂取している また、毎朝レーズンを食べている

男性 60代前半 無職


水分を意識して摂るようにしている。体を冷やさないように、カイロを持ち歩く。野菜をたくさん食べるようにしている。

女性 40代前半 フリーター


病院に通って薬をのんでいました。またサブリも毎日欠かしませんでした。食せにも気を配っていました。鉄分だけではなくビタミンBも積極的にとっていました

女性 40代前半 主婦・主夫


貧血改善の対策で、効果を感じたことを聞いてみました


医者から処方された薬を服用しつつ、併用してジムにての体力作りが1番効果が実感できるような気がしました。

男性 30代後半 会社員


ほうれん草やプルーンを食べた事が効果があったように思う。ほうれん草は茹でたり炒めたりしてカサを減らし、食べやすくして出来るだけ多く摂った。

女性 30代後半 主婦・主夫


サプリメントを毎日服用して少し貧血が改善された。即効性はなかったが1ヶ月以上服用していたら効果が出てきたように思う。

女性 40代後半 主婦・主夫


貧血改善の対策で、あまり効果を感じなかったことを聞いてみました


鉄分を取ったり、サプリメントを飲んでも一時的に効いただけで改善されなかった。人混みに行かないことも物理的に無理なことがある。

女性 40代前半 会社員


鉄分の多い食品や鉄分のサプリメントを摂ってみたがあまり変わらなかった。 どんなに気をつけていてもめまいするときはした。

女性 30代前半 整体師/セラピスト


そこまで色々試していないので失敗はしていない。そんなに試す力もないくらい無気力だったので…薬には頼りたくなかったけれど仕方なく飲んだのは残念だった。

女性 30代前半 主婦・主夫


貧血に対する日々の予防法を聞いてみました


規則正しい生活と規則正しい食生活と適度なウォーキングをして健康に気を付けて貧血を予防している。 なるべくサプリメントには頼らないようにしている。

女性 50代前半 その他


医者から処方された薬と併用して、ジムにてのウォーキングやバイクなどの有酸素運動などをして体力作りをしました

男性 30代後半 会社員


睡眠時間の確保。鉄を含む食材をきちんと食べる。毎朝ドライフルーツ入りのグラノーラを食べる。なるべく歩く。

女性 30代前半 主婦・主夫


貧血でお困りの方へのアドバイスを聞いてみました


めまいや立ちくらみがすると家事など一切できず症状が落ち着くまで横になっていないといけないので大変である。貧血になると爪がでこぼこになるので病院を受診した方がいいと思う。食事だけではなかなか改善されないので病院で処方された薬を飲んだ方が早く治る。

女性 40代後半 主婦・主夫


貧血になると、献血も協力できません。血が薄く、取れないと言われます。長時間立っていられないので、電車での遠乗りが難しいです。特に満員電車に乗ると気分が悪くなるので、周りに迷惑をかけてしまいます。貧血の症状のほかにも症状が出てしまいます。たとえば腰の痛みや、足の痛みなど。

女性 50代前半 その他


ふらっとくる感覚や辛いという気持ちがわかった。貧血になるまでは立ちくらみ程度で、そんなに大げさにしなくてもいいでしょと思ったいたが、実際に貧血になると自分でどうにかできるわけではないし、とにかく、鉄分の多いものを摂取するようにして、規則正しい生活リズムを作ることが必要であると考えられる。

女性 20代前半 学生


この記事を見ている方がよく見ている経験談



貧血でお困りの方に

貧血に関しての経験を持つ方々に、予防や症状について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「貧血でお困りの方へのアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「貧血になると、献血も協力できません。血が薄く、取れないと言われます。長時間立っていられないので、電車での遠乗りが難しいです。特に満員電車に乗ると気分が悪くなるので、周りに迷惑をかけてしまいます。貧血の症状のほかにも症状が出てしまいます。たとえば腰の痛みや、足の痛みなど。 (女性 50代前半 その他)」

「めまいや立ちくらみがすると家事など一切できず症状が落ち着くまで横になっていないといけないので大変である。貧血になると爪がでこぼこになるので病院を受診した方がいいと思う。食事だけではなかなか改善されないので病院で処方された薬を飲んだ方が早く治る。 (女性 40代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

貧血の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する