あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

不眠症一覧

みんなの不眠症(睡眠障害)の症状は?実際の不眠の実情について経験者にきいてみました

掲載日:2017年08月04日

目次
みんなの不眠症(睡眠障害)の症状は?実際の不眠の実情について経験者にきいてみました

不眠症の症状を聞いてみました


眠りが浅く、全く疲れが取れない。少し眠れても、悪夢ばかりを見てしまいさらに疲れる。眠いのに眠れないイライラ、眠らなきゃいけないという焦りで睡眠時にストレスが溜まる。 睡眠時、大量の汗をかく。 診断は鬱病からの睡眠障害で今は服薬しています。

女性 20代後半 その他


昇進後、ストレスが溜まり適応障害と診断され誰にも相談出来ず悩み食事もままならなくなりうつ病になった。又、親が死んでしまったことが一度に起こった事が一番の原因と家庭内に自分の居場所がなくなった感じがした。

男性 50代前半 公務員


夜の寝付きが悪い。やっと眠れても、隣で寝ている主人がトイレなどに起きると、物音で目が覚めてしまう。逆に昼間は突然眠くなったりするが、やはり眠りは浅い。家族トラブルのストレスが原因だと医師には言われている。

女性 30代後半 主婦・主夫


寝付きは良いが4時間ほどで目が覚めてしまいその後眠れない 義母の認知症介護のときの昼夜逆転の電話が原因と思う。 昼間に眠くなってしまうので、仮眠を取ることにしている 仕方なく睡眠薬中期型を服用しているが、それを飲まないと本当に3時間程度しか眠れない

女性 50代後半 会社役員


不眠症を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


昼間なるべく体を動かし、汗をかく。太陽の光を浴びる。 しっかり食事をとって、お風呂にゆっくり浸かる。 眠れなくても焦らずに目を瞑り、待つ。

女性 20代後半 その他


眠くなるまで起きてたが改善されず、お酒の量が増える一方で何の解決にも成らなかったため、心療内科へ行った

男性 50代前半 公務員


精神科のかかりつけ医に相談して、睡眠薬を増やしてもらったものの、いまいち効果がなく、今に至る。眠れない日が数日続くと眠れるので、今はそれで対処している。

女性 30代後半 主婦・主夫


不眠症を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


なるべく体を動かす、運動をして汗をかく。(太陽の光を浴びながらだとなお良し。) 眠る一二時間前にゆっくりお風呂に入る。 ただ今は服薬もしています。

女性 20代後半 その他


心療内科で睡眠導入剤を処方されたが、何回か自分にあった量が合うまでなかなか眠れなかったが合うと少し眠れるようになった

男性 50代前半 公務員


今飲んでる睡眠薬はレンドルミンとロゼレムという2種類の睡眠導入剤だけだが、その他の精神薬で少しだけ眠れるようにはなってきたと思う。

女性 30代後半 主婦・主夫


不眠症を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


You Tubeで「2分で眠れる」という音楽での睡眠導入は音楽が気になってしょうがなく、全く効果がなかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


運動したら疲れて眠れるかと思ったが、夜間の運動は交感神経を刺激してしまい、興奮状態が続き逆効果だった。

女性 50代後半 会社役員


疲れたら寝れると思って運動したり一日動いたりしてみたが逆に神経が興奮してねつけなくなっってしまった。

女性 20代後半 主婦・主夫


不眠症の改善に、日々実践している予防法を聞いてみました


1日10000歩を目指して毎日歩いているが、元々腰痛持ちなので、だんだんツラくなってきている。鍼灸に通いながら、がんばっている。

女性 30代後半 主婦・主夫


朝はしっかり起き、昼寝はなるべく控える。 三食しっかり食べて、なるべく体を動かす。 人と話をし、よく笑うことも私は大事な気がします。

女性 20代後半 その他


睡眠導入剤を飲んで眠れるようになった。 眠りが浅いので少しでも早く眠り長く眠るように心がけているが早く起きてしまうことが難点

男性 50代前半 公務員


不眠症になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


私は10代で既に睡眠障害を発症していたが、なかなか病院に行く勇気がなく、20歳で初めて心療内科を受診した。それが遅かったらしく、今も睡眠障害は全く治っていない。もっと早く病院に行っていたら、違っていたかなと思う。

女性 30代後半 主婦・主夫


不規則な生活、ストレス、ダイエットなどいろいろの要因があって鬱っぽく、人と会いたくなくなり、眠れなくなった。 一度身体全体のバランスが崩れると、身体的にも精神的にも辛く、さらに眠れないことで悪循環に陥った。 不眠症という病気があるのは知っていたが、いざ自分が患って、眠れないことがこんなにも苦しいとは思わなかった。

女性 20代後半 その他


睡眠障害になってうつ病と診断され人生観が大きく変化した。仕事は、必死になってやっていたがそれも発症してからはほどほどになったし、回りは誰も助けてくれないことも学んだが、性格的になかなか切り替えられなかった。

男性 50代前半 公務員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



不眠症でお困りの方に

不眠症に関しての経験を持つ方々に、症状について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「不眠症になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「私は10代で既に睡眠障害を発症していたが、なかなか病院に行く勇気がなく、20歳で初めて心療内科を受診した。それが遅かったらしく、今も睡眠障害は全く治っていない。もっと早く病院に行っていたら、違っていたかなと思う。 (女性 30代後半 主婦・主夫)」

「睡眠障害になってうつ病と診断され人生観が大きく変化した。仕事は、必死になってやっていたがそれも発症してからはほどほどになったし、回りは誰も助けてくれないことも学んだが、性格的になかなか切り替えられなかった。 (男性 50代前半 公務員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

不眠症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する