あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腰痛一覧

腰が痛い!腰痛経験者に聞く、つらい腰痛の治し方や失敗談

掲載日:2017年10月10日

目次
腰が痛い!腰痛経験者に聞く、つらい腰痛の治し方や失敗談

腰痛の主な症状、どういったものでしたか?


少し重い荷物を持った時や、掃除機などをかけた時等に痛みが出るが、常に軽い鈍痛はある。寝ている時も同じ姿勢を続けていると腰に痛みを感じて目が覚めることもある。酷い時は、軽い物を持ち上げた時にぎっくり腰になることがある。

男性 60代後半 ケアマネジャー


腰が激しく痛み、ねじる動作や反る動作ができなくなり、足のしびれも出てきたので、整形外科を受診したところ、椎間板ヘルニアと診断されました。とにかく動けなくなり、腰だけでなく、お尻からくるぶしあたりまでの足の外側がしびれていたいのが特徴でした。

女性 40代前半 主婦・主夫


オフィスワークが中心ですので、それが原因らしく、まず朝起きたときに痛みがあり、その動いていると痛みは緩和されますが、日中は強弱の痛みが続きます。なぜか、通勤電車でも立っている時よりも座っていると痛みが起きることが多いです。もちろん、夏はあまり痛みは強くありませんが、冬の寒いときは痛みが強く、頻度も頻繁です。

男性 60代前半 会社員


腰痛を改善する為の対策を聞いてみました


自分でする対処はストレッチ 病院で治療されるのは電気治療と 引っ張って腰を伸ばす機械を使うこと 薬は消炎剤と 痛み止めが 出るのを飲むのを続けること 少しでも腰に負担がかからないように姿勢を矯正するように気をつけていること

男性 30代後半 会社員


鍼灸整骨院に通い 痛みが強い時は ハリをして貰ったり 痛みが弱い時は マッサージと整体を行なっている。 仕事をしている時は コルセットなどをし 鈍痛の腰を労っていた。 重炭酸湯を入れ 温かい湯船に浸かるなど 工夫はしている。

女性 40代後半 その他


自己流のヨガを、毎朝30分、8年間続けています。また、お風呂になるべくゆっくり入るようにしています。

女性 30代後半 主婦・主夫


病院(整形外科)にて、腰の牽引を行い、理学療法士によるマッサージ、および指導を受けた。 また、日常生活ではロキソニンの服用、および、コルセットの着用を勧められたので 従った。

男性 50代前半 会社員


腰痛対策で実際にやってみてよかったことを聞いてみました


整形外科で理学療法でマッサージや温熱治療を受け、そのあと鍼治療を受けたことが一番効果があったと思う。

男性 60代後半 無職


熱いお風呂に入って温めたり自分で痛くなった時に軽くマッサージをしたりしている。病院で出して貰った貼り薬を寝る前に張ったりもしている。

女性 40代後半 主婦・主夫


硬膜外ブロック注射と日常のトレーニングを行い、姿勢に気をつけて、中腰姿勢での作業を極力行わにようにして、股関節中心のストレッチを日常的におこなった

男性 50代後半 会社役員


腰痛対策で、実際にやってみて失敗したことを聞いてみました


筋力をつけようと無理に運動をしたら 症状が悪くなった 電気を強く当てすぎたら 少し次の日チリチリと痛みが走った

男性 30代後半 会社員


入院していた時の ブロック注射。 ブロック注射をした時から数日は痛みが和らぐが 根本的に治ってはいないので また痛みが増す。 ブロック注射は1週間に1度しか出来ず、 痛みと闘う毎日であった。 だんだんブロック注射も効かなくなる。

女性 40代後半 その他


鍼灸師の所で針をすれば楽になると言われ、針をしてもらった事があるが、一度はそれが、かえって酷くなってしまったことがある。

男性 60代後半 ケアマネジャー


市販のビタミン剤もいろいろ試してみましたが、残念ながらまったくといってよいほど効果はありませんでしたね。

男性 60代前半 会社員


冷シップは効果がなかったように感じられるのと牽は一時的に伸びるのかもしれないが結局持続性がないような気がするので失敗とは言わないが費用対効果は如何なものかと思う。

男性 40代後半 会社員


少し痛みがあるときに無理に揉み解したり、マッサージ器で強い刺激を与えたら、こり返しが来るような気がしました。

女性 30代後半 主婦・主夫


腰痛にならないための予防法を聞いてみました


姿勢に気をつける。特に、かがむときの姿勢やたち仕事のときの姿勢など。起きたときには軽くストレッチをする。急に起き上がらないように気をつける。

女性 30代後半 主婦・主夫


なるべく冷やさない様には気を付けている。同じ姿勢をずっとし続けない様にして寝返り等もなるべくうつようにして負担を掛けない様にしている。

女性 40代後半 主婦・主夫


ショルダーバッグはなるべく使わずリュックサックを使用するようにしている。子どもも抱っこはせずに過ごす。あとは寝る前にストレッチを忘れずに行えば、ぎっくり腰は防げると思う。

女性 30代後半 主婦・主夫


重い荷物を持ったりすることは極力しないようにしています。腰を冷やしたりしないようにも気を付けています。ダイエットして痩せるのが一番の薬だと思うのですが出来ていないのが現状です。

男性 40代後半 会社役員


腰痛でお困りの方にアドバイスを聞いてみました


腰痛になると、日常生活において当然にできる筈の行為に大きな支障が生ずることがわかった。また、無理に重いものを自力で運ぼうとすると腰痛を誘発することがわかった。そして運動不足も腰痛には良くないように感じた。

男性 50代後半 教職員


本当に立っているのも辛いと思う事が多い。一度痛めるとなかなか完治しない。とにかく「どうすれば整骨医院などに通院せず、自宅で少しでも楽になる方法」を知っておけばよかったと思う。また体重の増加も極力抑えたほうが良いと思う。

女性 50代後半 無職


腰痛はなかなか治らないものと思って、長く付き合っていくしかないと思っております。特に動けないわけではないので、適度に運動等を続けて、適度な運動等を行って腰を中心にいつも体をほぐしておくことが大切と思っております。

男性 60代前半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



腰痛でお困りの方に

腰痛に関しての経験を持つ方々に、症状や治療や運動について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「腰痛でお困りの方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「本当に立っているのも辛いと思う事が多い。一度痛めるとなかなか完治しない。とにかく「どうすれば整骨医院などに通院せず、自宅で少しでも楽になる方法」を知っておけばよかったと思う。また体重の増加も極力抑えたほうが良いと思う。 (女性 50代後半 無職)」

「腰痛はなかなか治らないものと思って、長く付き合っていくしかないと思っております。特に動けないわけではないので、適度に運動等を続けて、適度な運動等を行って腰を中心にいつも体をほぐしておくことが大切と思っております。 (男性 60代前半 会社員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

腰痛の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する