あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

不眠症一覧

薬に頼らない不眠症対策。お薬以外の不眠症対策をしている方に、その対処法を伺いました

掲載日:2017年11月20日

目次
薬に頼らない不眠症対策。お薬以外の不眠症対策をしている方に、その対処法を伺いました

不眠症の症状を聞いてみました


数年前、上司のパワハラが原因でまったく眠れなくなり、睡眠薬を飲まないと横になったまま朝を迎えるまで一睡もできなくなってしまいました。うつ病とパニック障害を発症し、常にイライラしたり落ち着かない日々が続き、体重も落ちました。

女性 30代前半 無職


ストレスが溜まって、イライラしたりしたときに、眠りが浅くなったり、めまいがしたり、頭痛がしたり、突然眠れなくなったりする。また寝つきが悪くなって、なかなか眠れなくなる。感情が不安定になり、怒りやすくなる。

女性 20代後半 主婦・主夫


なかなか寝付けない。夜中に何度も目が覚める。夜が明ける前に目が覚めるなど熟睡できず疲れが取れない。日中の集中力が削がれ、仕事が捗らなくなっている。原因は、深夜まで起きてパソコンを操作していることで、心が休まらないのが原因ではないかと思う。

男性 40代後半 会社員


不眠症を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


最初のうちは薬に頼りたくなかったので、なるべくカフェインを控えホットミルクを飲んでから床に就くようにするなどしていました。

女性 30代前半 無職


枕を自分にあった高さにする、昼間に運動をして身体を疲れさせる、リラックスする、湯船にゆっくり浸かる。

女性 20代後半 主婦・主夫


安眠をうたっている枕に交換し、掛け布団を軽いタイプに交換、室内温度に気を配り、イージーリスニングなど穏やかな音楽を聴いてみた。

男性 40代後半 会社員


不眠症を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


職場を退職してからもしばらくは不眠が続き、ストレスを感じ続けていましたが、最近では落ち着いてきたように思います。

女性 30代前半 無職

湯船にゆっくり浸かる、日中に運動して身体を疲れさせることで寝つきも少し良くなり、長く眠れるようになった。

女性 20代後半 主婦・主夫


安眠タイプの枕に替えることで、肩のこりが軽減し熟睡感がなくとも翌朝の疲労感が少なくなった。掛け布団を軽いタイプに替えることで、翌朝の体のだるさが軽減した。

男性 40代後半 会社員


不眠症を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


ホットミルクやお風呂でしっかり体を温めるのは全然効果がありませんでした。心療内科から処方された睡眠薬はよく効きましたが、飲まないと不安になるようになってしまいました。

女性 30代前半 無職


音楽を聴くことやサプリメントを飲むことは、眠れることに期待してしまき、全く効果がなかった。市販薬も何の改善にもならなかった。

女性 20代後半 主婦・主夫


日中もカフェインレスのコーヒーを飲むように心がけ、通常の缶コーヒーやインスタントコーヒーの飲用を止めたが、睡眠に関してはまったく効果が出なかった。

男性 40代後半 会社員


不眠症にならないよう、日々実践している予防法を聞いてみました


それまでは何の問題もなかったのですが、不眠に陥ってからは午後九時を過ぎてからのカフェインの摂取を控えるようにしています。

女性 30代前半 無職


眠る時間の1時間くらい前から電気を消して、布団に入るようにする。なるべく昼間にウォーキングなどをして身体を疲れさせる。

女性 20代後半 主婦・主夫


朝一番に必ず日光を浴びて、体内時計をリセットしている。目覚ましをセットして必ず決まった時間に起きている。遅い時間の飲酒を控えている。

男性 40代後半 会社員


不眠症になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


睡眠障害になったことで感情にも影響することを知った。すぐにイライラして、怒ったりすることが増えた。寝ても身体の疲れもぜんぜん取れていないことを知った。自分自身にも余裕がなくなってまうことも知った。

女性 20代後半 主婦・主夫


眠れないことがどれだけ心身に負担をかけるかということがわかりました。常に情緒不安定になり、イライラしたり集中できなくなったりしました。眠れないことで体が疲れやすくなり、付随して食欲も性欲もなくなり、日常に楽しさや安心を感じることが一切なくなってしまいました。

女性 30代前半 無職


体内時計のしくみを知るまでは、出社ぎりぎりまで布団に入ったほうが疲れが取れる感じがしていたが、一日一回リセットする必要性を知り実践してからは、不眠でも翌朝の疲れの残っている程度が軽減していることに気が付いた。

男性 40代後半 会社員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



不眠症でお困りの方に

不眠症に関しての経験を持つ方々に、薬以外の治療や民間療法について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「不眠症になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「眠れないことがどれだけ心身に負担をかけるかということがわかりました。常に情緒不安定になり、イライラしたり集中できなくなったりしました。眠れないことで体が疲れやすくなり、付随して食欲も性欲もなくなり、日常に楽しさや安心を感じることが一切なくなってしまいました。 (女性 30代前半 無職)」

「睡眠障害になったことで感情にも影響することを知った。すぐにイライラして、怒ったりすることが増えた。寝ても身体の疲れもぜんぜん取れていないことを知った。自分自身にも余裕がなくなってまうことも知った。 (女性 20代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

不眠症の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する