あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

尿酸値一覧

尿酸値が高いと診断された方に、その後どのような改善をしたのか聞いてみました

掲載日:2017年05月01日

目次

尿酸値が高いとの診断を受けた時の症状を聞いてみました


痛風との診断は受けたことはないが、人間ドックでの採血検査による、血中の尿酸値が標準値に比べると、やや高く、このままの生活を続けて送って行けば、痛風の症状がいつ出てくるかの可能性が高いので、薬によって尿酸値を下げるとの診断を受け、投薬治療中である。

男性 50代後半 会社役員


血液検査の結果、尿酸値が高く、8.9mg/dlであった。症状としてはアルコール摂取の有無にかかわらず左足拇指を屈曲させると軽い鈍痛と発赤が数日出ることがあったがその後は消失した。アルコール摂取時は特に症状が出やすい傾向にあった。

男性 50代後半 自営業


高血圧で通院しており、血液検査をした際に尿酸値が8と高く、それ以降も9や10と高い数値が続いており、その後発作が出てしまったため、現在は投薬によって数値を下げている。 原因は体重の増加と食生活の乱れと思われるため、現在は節制している。

男性 30代後半 会社役員


尿酸値を下げるために、どのようなことを試してみた聞いてみました


尿酸値を上げないように、プリン体を多く含む食品の摂取を控えるようにした。具体的には、ビールを飲まなくなった。

男性 50代後半 会社役員


アルコール摂取を控えることと水分を多く摂取することを勧められた。また、体重を減少させるため適度な運動をすることを指導された。

男性 50代後半 自営業


毎日1時間は連続して歩くようにしており、同時にジムでのトレーニングを行っている。 また、食生活では水を多く摂取している。

男性 30代後半 会社役員


尿酸値を下げるために、実際に効果があったと思ったことを聞いてみました


投薬と摂取食物の選択により、最近での人間ドックでの、採血検査は基準値を常に下回った数値となっている。

男性 50代後半 会社役員


ジョギングやウォーキングは天候に左右されて持続させることが難しいので時間や天候にかかわらず屋内で手軽に実施できるフィットネスバイクを週3-4回、40分間行ったところ体重が約15kg減少した。

男性 50代後半 自営業


水を多く摂取することで、尿酸値が少しはさがってきた。 また、ウォーキングで体重も5kgほど減り、体が軽く感じられるようになった。

男性 30代後半 会社役員


尿酸値を下げるために、効果がなかったと思ったことを聞いてみました


プリン体を多く含まない食材を中心した食事療法を試してみたがあまり効果がなく、尿酸値と拇指の痛みは軽減されなかった

男性 50代後半 自営業


最初はウォーキングではなくジョギングをしようとしたが、体重も重く長続きしなかった。 その後はウォーキングをすることで、継続できている。

男性 30代後半 会社役員


尿酸値が高くならないようにする予防として、普段から気をつけていたり、改善するために行なっていることなどを聞いてみました


ビールは飲まない。魚卵とかプリン体を多く含む食品の摂取を控える。位であとはストレスとなることはしていない。

男性 50代後半 会社役員


アルコール摂取は月1回程度に制限し、水分量は2L以上摂取するようにしている。また、定期的なフィットネスバイクによる運動で体重増加を抑えている。

男性 50代後半 自営業


尿酸を血中から出すために、毎日2リットル以上の水を飲むようにしており、 その結果、食事の量も少しではあるが減っている。

男性 30代後半 会社役員


尿酸値が高くなる前に、もっと早くに知っておきたかったことや困りごとを聞いてみました


昔は、たくさのアルコールを飲んでいて、特にビールは飲んでいたなと感じるが、今や遅しの感は否めない。食品についても同様で、たくさんの物を何も考えず、常に満腹になるまで食べていたように思う。プリン体の存在すら知らなかった。

男性 50代後半 会社役員


尿酸値高値が長期間持続すると腎臓にダメージを与えるため腎機能低下が起こることを知らなかったためクレアチニン値が上昇してしまった。この点を考慮していれば早めに対処できていたので毎年の定期的な血液検査は必要だと痛感した。

男性 50代後半 自営業


尿酸を血中から出すために、毎日2リットル以上の水を飲むようにしており、 その結果、食事の量も少しではあるが減っている。

男性 30代後半 会社役員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



尿酸値でお困りの方に

尿酸値に関しての経験を持つ方々に、水分や運動やプリン体について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「尿酸値が高くなる前に、もっと早くに知っておきたかったことや困りごとを聞いてみました」のような質問に対して、「尿酸値高値が長期間持続すると腎臓にダメージを与えるため腎機能低下が起こることを知らなかったためクレアチニン値が上昇してしまった。この点を考慮していれば早めに対処できていたので毎年の定期的な血液検査は必要だと痛感した。(男性 50代後半 自営業)」

「尿酸を血中から出すために、毎日2リットル以上の水を飲むようにしており、 その結果、食事の量も少しではあるが減っている。(男性 30代後半 会社役員)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

尿酸値の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する