あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

食中毒一覧

食中毒、病院は何科?お薬は?実際に食中毒で受診された方の経験談を伺いました

掲載日:2018年04月13日

目次
食中毒、病院は何科?お薬は?実際に食中毒で受診された方の経験談を伺いました

食中毒の症状を聞いてみました


居酒屋の砂肝を食べてノロウイルスに感染した。食べた日の深夜から急に寒気がして、身震いが止まらなくなった。体温をは買ったら43℃を超えており、激しい腹痛に襲われ、下痢の症状に3日悩まされた。ずっとトイレに入っていないとならないような状態になり、半分記憶がない。

男性 30代前半 無職


友人からもらった生ガキを食べた時になった。症状は吐き気と下痢を繰り返した。二日程寝込んでから病院で点滴をしてもらい楽になった。初めての事だったので驚いたが周りでは生ガキで当たったことがある人は結構いた。

男性 30代後半 教職員


ウイルス性の食中毒になったことがあります。まず、公衆のトイレで大便をした人の後に、入らなければならなかったことがあり、その日の夜の食事に明太子を食べ、夜中に気持ちが悪くなってトイレに行ったら、いつもでは、考えられない程のスピードで液体の便が出て、同時に嘔吐もありました。 数分刻みで、3回立て続けに嘔吐と下痢を繰り返し、お腹の中に何もなくなった状態でようやく止まりました。 次の日に病院に行って経緯を話すと、移された方だからといって、抗菌薬はもらわず、水分補給とお粥を食べて過ごすようにアドバイスされました。

女性 40代前半 フリーター


梅雨の時期に、食した生ガキに当たったらしく、激しい下痢と吐き気に襲われました。近隣のクリニックに行ったところ、食中毒という診断を受けて、クリニックの医師の先生より、処方薬を処方して戴き、服用して、自宅で療養した。

女性 20代後半 会社員


食中毒を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


内科を受診し、殺菌、解熱鎮痛剤を処方してもらった。飲み物はスポーツドリンク、食べ物はほとんど口にできず、ゼリーを口に入れた程度だった。

男性 30代前半 無職


自分でも、移されてウイルス性の食中毒になったのかなと思ったので、お腹にあるものは、出しきった方が良いと判断して、嘔吐と下痢が止まるまで、トイレにいました。 あと、脱水症になるのも防ぐのに、下痢がおさまってから、水分を摂るようにしました。 翌日は、病院へ行き、対策を聞いて、お粥を食べて一週間くらいは外出先でトイレに行かないようにして、他の人に移さないようにしました。

女性 40代前半 フリーター


わたくしが食中毒になった際、改善のために試したことは、以下のようなことでした。近隣のクリニックに行き、医師の先生より処方して戴いた処方薬を服用し、自宅で療養しました。

女性 20代後半 会社員


食中毒を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


服薬で熱が徐々に下がったが、下痢の症状はしばらく治らなかった。排泄を繰り返すごとに腹痛も徐々に改善されていった。

男性 30代前半 無職


ウイルス性の食中毒は、普通の下痢や嘔吐よりも、体外に出ようとするスピードがかなり速いので、症状がおさまるまでトイレにいたのが良かったと思います。 下手に途中で薬などで、下痢を止めてしまうと体内にウイルスが長い間残るので、なるべく体外に出せるものは出して、早めに症状が、改善できたと感じます。

女性 40代前半 フリーター


試したことで実際に効果があったのは、近隣のクリニックの医師の先生より、処方して戴いた処方薬を服用して、自宅で療養することでした。

女性 20代後半 会社員


食中毒を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


意識が飛ぶくらい痛かったので、最初の2日間くらいが症状が変わらず寝たきりだったが、水分摂取の度にトイレに行きたくなったので、発汗も多く避けられなかったが、飲み物の選定が改善の早さにかかわってたかもしれないと思う。

男性 30代前半 無職


自分の行動の経緯をたどって、何が原因か、ある程度突き止められたので、それにあった対策ができたのではないかと思います。 下痢がある程度3回くらいでおさまったので、下痢止めも飲まずにすんだのは、良かったと思います。

女性 40代前半 フリーター


ただの下痢と思い、市販の下痢薬を服用致しましたが、効果があまり実感できませんでした。

女性 20代後半 会社員


生ガキは何をしても当たる時は当たるときいたのであきらめた。勝手に自己判断をして薬を飲んで逆に悪化させるとこもあることを知ったので気を付けないといけないと思った。

男性 30代後半 教職員


食中毒にならないよう、日々実践している予防法を聞いてみました


加熱したものを採ることが増え、魚介類の世間でお腹の調子が悪いと言われるようなものは食べなくなった。また、肉を赤みの状態で絶対に食べなくなった。

男性 30代前半 無職


自分が食べているものが原因で、食中毒になるのは残念なので、いつも定期的に冷蔵庫をチェックし、賞味期限切れのものは、捨てたり、作り置きを3日以上は残さないように管理してます。牛乳や卵も古いものを取り入れないようにチェックしてます。

女性 40代前半 フリーター


日常生活の中で、食中毒の対策として、普段から気をつけていたり、やっている事は、食品等のニオイを嗅いで、腐っているか否かを判断することです。

女性 20代後半 会社員


手洗いは小まめにすることや賞味期限切れの物は食べないやなま物を食べる時は、よく噛んで食べることなどを気を付けている。

男性 30代後半 教職員


食中毒になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


食中毒に関しては食べ物がピンポイントだったので、自分のほかにも感染している同僚もいた。自分がノロウイルスの感染を報告したわけではないが、感染したきっかけとなった居酒屋が2週間後に閉店していた。職場の先輩に転勤直後に連れていかれた場所で多忙期だったこともあり、自分でその店の口コミなど情報収取をしていれば未然に感染を防げたかもしれない。

男性 30代前半 無職


ウイルス性の食中毒の疑いがありそうな時に、明太子や、卵、牡蠣などを、最低1週間は食べないようにして、症状を悪化させないように注意していきたいと思いました。公衆トイレなど、予防しようのない所へ行かないといけないときは、自分が食べるものを少しコントロールすれば、酷くならずにすむことを聞いたので、その後はそうするようにしています。 あと、トイレに塩素スプレーを置いて、怪しい人が入った後は、噴きかけて、移らないように対策を取るようにしています。

女性 40代前半 フリーター


食中毒に関しましては、後々分かったけれども、もっと早く知っておきたかった、かつまたは、対処しておきたかったことや、実際になった後の困りごとと致しましては、市販の下痢止め薬では、効き目があまりないので、クリニックの医師の先生より処方して戴いた処方薬の服用が好いということでした。

女性 20代後半 会社員


刺身やなま物には必ず菌がおり、それらは煮沸することで大部分を殺すことができること。賞味期限はちゃんと守ることで無駄な食中毒を避けることが出来るとこ、また手洗いうがいを心掛けることが大切だという事が分かった。

男性 30代後半 教職員


この記事を見ている方がよく見ている経験談



食中毒でお困りの方に

食中毒に関しての経験を持つ方々に、何科や受診や病院について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「食中毒になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「市販の下痢止め薬では、効き目があまりないので、クリニックの医師の先生より処方して戴いた処方薬の服用が好いということでした。(女性 20代後半 会社員)」

「ウイルス性の食中毒の疑いがありそうな時に、明太子や、卵、牡蠣などを、最低1週間は食べないようにして、症状を悪化させないように注意していきたいと思いました。公衆トイレなど、予防しようのない所へ行かないといけないときは、自分が食べるものを少しコントロールすれば、酷くならずにすむことを聞いたので、その後はそうするようにしています。 あと、トイレに塩素スプレーを置いて、怪しい人が入った後は、噴きかけて、移らないように対策を取るようにしています。(女性 40代前半 フリーター)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

食中毒の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する