あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アトピー一覧

保湿で肌のバリア機能をあげるなどアトピーで悩む30代女性が気をつけていること

掲載日:2017年05月01日

目次

アトピーの症状を聞いてみました

小さい頃からアトピーで夏になるとひざ、ひじの裏が痒くなり赤く像の皮膚のようになっていた 大人になってからはそれに加え春の花粉症がひどくなると首が赤く像の皮膚のようになりかゆくなる 他にも手の甲などが同じ症状に。 アレルギーに反応したり身体が疲れすぎたりと免疫力がないときに皮膚に現れる もっとも酷いと頭皮がかさつきフケのようになるときもある

女性 30代後半 主婦・主夫


初めは足からポツポツ出始めて、だんだん体や腕に広がった。 赤くボツボツ手足に出来て、強い痒みでかきむしり、かさぶたができてはまた剥がれての繰り返し。 治るまでに3年ほどかかったが、クレーターのように足に跡がたくさん残りました。

女性 30代後半 看護師/准看護師


季節を問わず、子供の頃から肘、膝裏がカサついていて、年齢があがるごとに頭皮や背中、腿、臀部などが痒くなった。体調により症状はまちまち。最近では指も痒くなり、掻いて傷ができ、その傷が開くので曲げるのも辛いことが多い。

女性 30代後半 主婦・主夫



アトピーを改善するために試したことを聞いてみました


乾燥に気をつけてなるたけ保湿をしたり病院に通って薬を処方してもらったり刺激のある食べ物は食べないようにしたりした

女性 30代後半 主婦・主夫


とにかく保湿。ボディソープなどは使わない。石けんを使用し手で洗う。とにかく皮膚を刺激しない。 せいけを保つ。薬はきちんと塗る。

女性 30代後半 看護師/准看護師


ハウスダストが原因なので、掃除はこまめに行っている。 お風呂上がりに全身を保湿することを心がけている。

女性 30代後半 主婦・主夫



アトピーを改善するために試したことの中で効果があったことを聞いてみました

かゆくなる前に保湿するのが1番効果があった気がする。ワセリンや保湿剤を寝る前にぬったりかゆくなったら冷やしたりした

女性 30代後半 主婦・主夫


保湿。清潔を保つ。添加物が入ったものはなるべく使わない。刺激をさける。薬を塗る。

女性 30代後半 看護師/准看護師


お風呂上がりにしっかり保湿をすることで、痒くて掻いても傷にならず、今までより悪化しなくなったように感じる。

女性 30代後半 主婦・主夫



アトピーを改善するために試したことの中で効果がなかったことを聞いてみました

病院で処方してもらった薬ではなくて市販の乾燥肌用の保湿剤を塗ったときはまったく症状がかわらず逆に乾燥がひどくなってかきむしってしまった

女性 30代後半 主婦・主夫


汗が刺激となって痒くなるので、スカーフを首に巻くといいと医師に勧められたが、スカーフ自体が刺激となって余計に痒くなった。

女性 30代後半 主婦・主夫


アトピーを改善するために普段から気をつけていることを聞いてみました


薬をこまめにぬるようにしている。肌は清潔に保つようにしたりアレルギーの原因である花粉があまり触れないようマスクしたり部屋の湿度をあげたりしている

女性 30代後半 主婦・主夫


とにかく保湿をする。皮膚の刺激になるものは使わないようにする。ボディソープは使わない。 石けんを使うようにする。汗をかいたらすぐに濡れタオルで拭き、保湿する。布団にはレイコップをかける。

女性 30代後半 看護師/准看護師


家事の合間や終わった後には、必ず手に保湿クリームを塗るようにしている。 爪が長いと掻いた時に傷になるので、爪を短めにしている。

女性 30代後半 主婦・主夫


これからアトピーの治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました


肌が痒いときはなるたけ冷やすこと。身体を温めすぎると皮膚が痒くなりやすいので保冷剤で冷やしたり水にさらしたりして保湿をしっかりする。やはり病院でちゃんと診てもらって薬を処方してもらうことが1番。ステロイド剤は抵抗があったが皮膚を通常に戻すまでの短期間ちゃんと量を守って使えばすぐよくなるしその後ずっと使うわけでなかったのでよかった。

女性 30代後半 主婦・主夫


一番は保湿で肌のバリア機能をあげること。ボディソープや入浴剤、洗剤なども肌には良くない、刺激となること。乾燥していると肌のバリア機能が低下して、アトピーやかぶれをおこしやすくなる。子供の時からの保湿が大切。

女性 30代後半 看護師/准看護師


お風呂に入ると身体が温まって、余計に痒くなることが困った。冬は特に体が冷えており、湯船に浸かると急激に体が温まるため痒くなる。同じように布団に入って温まってきた時にも痒くなることが困る。あとは、お酒を飲んで体が火照り始めると、手首のあたりに蕁麻疹が出てくるのも困る。

女性 30代後半 主婦・主夫


この記事を見ている方がよく見ている経験談



アトピーでお困りの方に

アトピーに関しての経験を持つ方々に、入浴やシャンプーや原因や保湿について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「これからアトピーの治療を受ける方にアドバイスを聞いてみました」のような質問に対して、「一番は保湿で肌のバリア機能をあげること。ボディソープや入浴剤、洗剤なども肌には良くない、刺激となること。乾燥していると肌のバリア機能が低下して、アトピーやかぶれをおこしやすくなる。子供の時からの保湿が大切。(女性 30代後半 看護師/准看護師)」

「お風呂に入ると身体が温まって、余計に痒くなることが困った。冬は特に体が冷えており、湯船に浸かると急激に体が温まるため痒くなる。同じように布団に入って温まってきた時にも痒くなることが困る。あとは、お酒を飲んで体が火照り始めると、手首のあたりに蕁麻疹が出てくるのも困る。(女性 30代後半 主婦・主夫)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

アトピーの経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する