あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

糖尿病一覧

インスリン注射や運動…糖尿病、1型の方に症状や日々の対策を伺いました

掲載日:2017年08月04日

目次
インスリン注射や運動…糖尿病、1型の方に症状や日々の対策を伺いました

糖尿病の症状を聞いてみました


14歳の時にしっかり食べていたのに体重が低下していき水を1日に4リットルくらい飲むようになって 具合が悪くなり小児科にかかって糖尿病と診断され大きい病院を紹介されて即入院して1型糖尿病と診断された。

男性 30代前半 会社員


健康診断で数値500超でa1cは10超だったはずです。とにかく6月ぐらいから多飲多尿(喉が渇き水分を摂ると1時間後にはトイレへ行く。昼夜問わず)、体重減少(当時43ぐらい→38kg)、眠気、朝ご飯を食べて会社へ行くも着いた頃にはお腹ぎ空いてる状況が2ヶ月程続き会社の健康診断で1型糖尿病と診断を受ける

女性 30代前半 会社員


会社の健診でひっかかりました。とにかく喉が渇いて、ちょっと歩くのもきつかったです。体格は太ってなかったが、甘いものをよく食べていました。その2年後に、双子の妹も同じ、1型糖尿病になりました。私は、不摂生がたたり、数年後に眼底出血して硝子体の手術をしました。

女性 40代後半 フリーター


糖尿病を改善する為にどのようなことをしたのか聞いてみました


退院してからは特に今までと同じように部活もやってたし食事は親が指導を受けて作ってくれていた。 運動部だったのでヘモグロビンA1cも健常者と変わらなかったので医者からは特に何も言われなかったので何もしていない。

男性 30代前半 会社員


医師からは特に運動制限はされる事はありませんでしたが運動をする事が好きだったので補食で補えば運動は可能と診断を受け気分転換に運動やストレッチなど普段とは変わらずの生活をしています。ただ食事については今まで通りにはいかずインスリンの単位数に合わせて食事内容を変える必要があったのでバランスの良い食事(一汁三菜)を摂る事を心がけをして自炊を以前よりするようになりました

女性 30代前半 会社員


入院しました。そこで食事療法と、運動療法をしました。入院中はとにかく歩きました。甘いものは一切たべませんでした。

女性 40代後半 フリーター


糖尿病を改善する為に、やってみてよかったことを聞いてみました


1型糖尿病なので2型糖尿病みたいに何を食べたから改善したとか運動をしないといけないとかはなく、 完治することがない病気なのでインスリン注射以外で改善する事が出来ないので効果を実感するような事はなかった。 もちろん適度な運動するくらいはしている。

男性 30代前半 会社員


運動前後では50~100ぐらい血糖値の変化がある。(人によって異なりますが。) 野菜を中心とした事で満腹感が以前より違った。野菜を取らなかった時は質より量で満腹度があった。

女性 30代前半 会社員


歩いたことにより、血糖値が下がっていきました。食事も病院の量と味に、慣れました。体重も落ちていきました。

女性 40代後半 フリーター


糖尿病を改善する為に、やってみて失敗したことを聞いてみました


効果のなかったことはなかったし特に医者に言われたとうりにしていただけなので 失敗と感じた事はなかった。

男性 30代前半 会社員


最初の頃はインスリンを打つ事を生活の一部として慣れる事に一生懸命でいざ運動しようと思っていつも通りにインスリンを打ってしまって低血糖になってしまった事は何度かあります。激しい運動後は2~3日ぐらいは低血糖になるリスクがあるのでインスリン調整が必要になるがそれをしなかったりした事はありました

女性 30代前半 会社員


特になかったです。失敗したと思うこともなかったです。ただ、たまに甘いものを食べると、罪悪感がありました。

女性 40代後半 フリーター


糖尿病の改善の為に日々実践している予防法を聞いてみました


血糖が高くなるのは注射を打てば元に戻るが低血糖になると気を失ったりするので、 甘い物や甘い飲み物はつねに持ち歩いている。

男性 30代前半 会社員


1型糖尿病と診断されてから普段からお酒は弱くてあまり飲む事はありませんでしたが(お付き合い程度)それをやめることにしました。というかお酒を飲んだら自分の体がどうなってしまうのか怖くて飲まなくなりました。

女性 30代前半 会社員


デザートやアイスクリーム、お弁当や外食のときは、カロリーを見て、なるべく低いメニューを選ぶようにしています。

女性 40代後半 フリーター


糖尿病になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください


2型糖尿病ならそう思う事もあるんでしょうが、 1型糖尿病だったので予防のしようがなかったので特にない。 発病した時は学生だったので毎日規則正しく生活していたし部活などで運動もよくしていたし 全然太ったりしていなくむしろ細かったし食事も栄養バランスの取れた物を食べていた。 なってしまったものはしかたがないと諦めている。

男性 30代前半 会社員


食事の時に打つインスリンがとても厄介だと思います。みんなと同じように準備ができたから、はい食べましょう。とは出来なくなった事が1番の困り事です。準備して血糖値測ってインスリン打ってそれからご飯。みんなとスピードが違う事。外食に行った時も同様。

女性 30代前半 会社員


1型糖尿病は、若くても、太っていなくても、なるものだと知っていれば、もう少し食生活を気をつけたかもしれません。眼底出血も、過去の血管の記憶、というのがあると知っていれば、もっと気をつけていたかもしれません。

女性 40代後半 フリーター


この記事を見ている方がよく見ている経験談



糖尿病でお困りの方に

糖尿病に関しての経験を持つ方々に、1型糖尿病について、やってみてよかったことや失敗したこと、普段から気をつけているようなことを聞いてみました。
具体的に、「糖尿病になって初めてわかった困りごとやアドバイスなどを教えてください」のような質問に対して、「食事の時に打つインスリンがとても厄介だと思います。みんなと同じように準備ができたから、はい食べましょう。とは出来なくなった事が1番の困り事です。準備して血糖値測ってインスリン打ってそれからご飯。みんなとスピードが違う事。外食に行った時も同様。 (女性 30代前半 会社員)」

「1型糖尿病は、若くても、太っていなくても、なるものだと知っていれば、もう少し食生活を気をつけたかもしれません。眼底出血も、過去の血管の記憶、というのがあると知っていれば、もっと気をつけていたかもしれません。 (女性 40代後半 フリーター)」のような、実際の経験に基づく声が集まっています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果や改善には個人差がありますので、あくまで参考情報として利用してください。

もっと見てみる!

糖尿病の経験についてわからないことを質問してみませんか?

質問する